« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月の記事

2014.07.31

息子のiPhoneが電話で繋がらなくなって…こんなに大変なことになるとは

20140731_204947s次男のiPhone5が、1か月ほど前から電話として突然つながらなくなった。WIFIは普通に接続できるので、WIFI環境であればLINE電話で話すこともできるが、通常のsoftbankの電話回線には繋がらない。ずっと『検索中」の表示が出て、本体も熱くなってしまう。SoftBankショップに持って行くと、本体の故障だと言われた。
今や家族全員の連絡は携帯あってのこと。電話(ならびに電話回線でのデータ通信)が繋がらないと、LINEでさえ繋がらないのでいろいろと困ったことになる。家族の携帯の契約は全て(独立した長男除く)僕名義。何をするにも契約者本人でないとできない。ちょうど暫く東京に戻れないタイミングだったため、一応バックアップを取った上で福岡にiPhoneを送らせ、天神のapple storeに持ちこんで診てもらった。その場で全てのデータを一旦クリアして再起動すると、電話が使えるようになった。
その際、「暫く様子を見て、また繋がらなくなったらSIMが悪い可能性が高いですね」と。
再び東京へ送り返し、息子がバックアップからデータを元に戻したら、再び繋がらなくなったという。
やはりSIMか。

SIMの交換は契約者でないと受け付けないと言うことで、今週東京へ戻るなり息子とSoftBankショップへ。
しかし、SIMを交換しても症状は変わらず。やはり本体の不具合という結論を出さざるを得ない。幸いにも安心補償パックに入っていたので、負担は小さい。
またapple storeに行くのかー、と思いつつも、ここのところ父親らしいことをしていなかったこともあり、翌日打ち合わせの合間にapple store銀座へ。
銀座店でも電話の通信障害は続いていた。天神店での履歴も有り、SoftBankショップでSIMの交換をした事も伝えると、後はスムーズ。ところが交換修理はその場ではできず、当日再度足を運ばなければならなかった。しかも交換修理費用は税込で28,944円。僕の4の交換修理の時は2万円しなかったのに……
いずれにしても無事にiPhoneを交換し、安心補償パックの申請に必用な書類も受け取って帰宅。

あとは安心補償の申請をすれば全て完了、と思っていたら、iPhoneをitunesのバックアップから復元した息子が怒り出した。また電話が検索中になって繋がらない、と。そこで再度iPhoneを初期化したら電話が元に戻った。なにー!?、本体の故障で交換したんじゃないのか?アプリのせい?何かのアプリ、あるいはアプリ同士の干渉なのかソフト的な問題(息子は高校生で無料のアプリしか入れていないし、すべてapp store からのダウンロード)。負担しなくて良い3万円近くの交換修理費がかかったことになる。
とにかく、itunesのバックアップデータを全て消去(新しいiPhoneのデータで上書き)し、一つずつ様子を見ながらアプリを増やして行こうということになった。
この夜、僕は懐かしい友人達としこたま飲んで帰っていたから、この現象に冷静さを保てなくなった。ちょうどPCを開いてメールをチェックしたら、apple storeからアンケートが届いていたので、思い切り感情のままにアンケートに答えて、24時間いつでも良いから電話くれと書いて送り返した。

それでも、これで電話が来ることも無いだろうし、とにかく安心補償で支払った分のいくらかでも取り返さなければもったいない。翌日、すぐにSoftBankショップに出向き、安心補償パックでの返金手続きを終えた。支払った額の85%しか戻らないので、4300円ほどは全く無駄な出費。高いか安いかわからない授業料。

ところが今朝、apple store銀座から電話があった。アンケートの回答に対して詳しく教えて欲しいと。ひととおりの経過を伝え、そちらにまだ交換したiPhoneがあるのなら再度検証して欲しいと伝えて電話を切った。もちろん、冷静に。
30分もせずに再び電話があり、「SIMを指して検証した結果、iPhoneは正常に作動(電話もできる)していてハード的には問題はなかった。通信障害の原因はソフト的な要因であった可能性が高い。それが特定できずに交換修理の判断をしたために、お客様に本来負担いただくべきではないお支払いが発生した。端末はそのままお使いいただき、返金手続きを取りたいけれどよろしいでしょうか」とのこと。
しかし、安心補償パックの払い戻し手続きを取ったことを告げると、「それでは、その手続きを先に取り消していただかないと払い戻し手続きができない」と。
SoftBankショップへ電話すると、本人が来店して手続きしなければならないというので、仕方なく、再びショップへ。
SoftBankショップでもこれまでの顛末を伝え、安心補償パックの取り消し消し手続き完了。

ここまで、アップルストアに4回(天神2回、銀座2回)、ソフトバンクショップに5回(息子2回、僕3回)足を運んで、壊れていなかったiPhone5が新しくなっただけというとんでもなく時間を浪費した数日。

しかし、無駄な時間も使ったけれど、apple store のスタッフもSoftBankショップのスタッフも、それぞれ一生懸命に対応してくれて嫌な思いをすることは無かった。
唯一嫌な思いをしたのは、酔った勢いでアンケートを返した翌朝の僕の目覚めだった。
明日には、apple storeから、手続き完了の連絡がくるはず。そこですべてがスッキリする。

それにしても息子よ。そんな問題が起きるようなアプリ、何を入れていたんだ?

※写真左がapple storeからの書類で、右が安心補償パックの申請書類


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.07.30

家族へ緊急連絡:吉野家で鰻丼を

20140730_003428sすいません、家族への連絡です。
本日、土用の丑の日でしたが、甲斐性無しの親父は鰻を用意することもできず、しまいには飲んだくれて日付が変わっておりました。
罪滅ぼしという訳ではありませんが、お近くの吉野家様で2枚盛りにてご寛恕いただきたく。
誰でも近くにお店がありますよね。けっしてわざわざ高級料亭や老舗のうなぎ屋で食することがないようお願いいたします。
家族の和を乱さない範囲での、冷静な……

ああ、鰻食べたい。

※一連の中国の食材問題。
当然吉野家の鰻も中国産なんだろう。というよりも、その使用量と価格からみても国産の鰻であるはずがない。
ホームページで確認すると
「吉野家の鰻丼には、白子(シラス)のころから中国大陸の南部にある池で一貫して育てたうなぎを使っています」とあった。
さて、これを読んで、家族に「吉野家で」と指定するのは悩ましいなあ。

僕は福岡でせいろ蒸し食べよっかな。それもずるいか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.07.20

Pioneerの25連奏CDプレーヤーを修理に

20140718_092937s事務所では、終日FMラジオを流している。基本、BGMとしての音楽を期待してのことだが、時に大きなニュースが飛び込んできたり地域の交通情報取得などにも役に立つ。
しかし、最近の福岡のFM放送は、ラジオショッピングの時間があまりにも多くなりすぎた。BGMにも情報源ともならない。これでは好きなCDを流していた方が良いけれど、曲が終わったらCDを替えなければならない。だからといって仕事に没頭している時に、CDを交換するために中断したくはない。
そこで数年前に、amazonで見つけて購入したのがこのパイオニアの25連奏CDプレーヤーPD-F25A。シーズンの変わり目にCDのラインナップを見直して入れ替える程度で、結構重宝していた。
20140718_001810sしかし、昨年の春くらいだったろうか、CDチェンジの調子が悪くなりそれ以来使わなくなっていた。そもそもこのような可動部分が多い機器は、故障もしやすい。
どうせ修理したところで、またすぐに壊れてしまいそうだったのでほったらかしていたが、FMはどの局にチューニングしてもラジオショッピングばかりで、流石にもう限界。で、久しぶりに天気も良く気分が盛り上がって、ひょっとしたら戻っているかな?と淡い期待を抱いて山下達郎のOPAのCDを4枚セットして流し始めた。
1枚目を終了し、無事に2枚目へチェンジ。
お、このまま順調に行くか?と思ったが、やはりそうは問屋が卸さない。2枚目から3枚目へのチェンジができなかったばかりか、演奏を終えたCDが出てこない。CDさえ取り出せれば、修理せずにそのままとも思ったが、お気に入りのCDが出てこないとなるとそれも気持ち悪い。
そこで、Pioneerのサービスに電話をすると、古い機種にも関わらず電話対応の女性は違和感なく対応してくれた。それだけこの機種の修理問い合わせが多いのだろうか。驚いたのは、パイオニアは全国にサービス網をまだ持っていたこと。最近は近くの電気店に持ち込んで、そこからメーカーにというケースが多いのに。
修理の対応は、持ち込みと訪問とが選べるが、訪問修理だと2800円の出張費がかかるという。今回は、どう考えても出張修理だけで元に戻るとは思えない。福岡のサービスセンターは博多駅そばで、土曜日も受け付けているという。ちょうど午前中時間が空いていたので、早速昨日持って行った。
修理代は定額制で、最高でも14000円(+税)。14000円かかったとしても、それで元の状態に戻るのなら高くはない。CDの連奏ができるプレーヤーは、この機種以外では6連奏のB&Oしか思い当たらないし40万円くらいする。
というわけで、見積を確認するまでもなく修理に取りかかってもらうことになるだろう。

それにしても、FM放送のラジオショッピング、もう少し何とかならないのかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.07.19

愚痴と文句と相談と

空港の手荷物検査場で、時々不遜な態度で見るからに怒っているオジサンに出くわすことがあります。なんで怒っているのか、だいたいの想像はつくのです。きっと、「手荷物に何か不審な物がある(かも知れない)ので鞄の中を調べさせて欲しい」と言われて怒っているのです。僕はこの10年以上、ANAでは常に優先ゲートなので、プレミアムクラス利用者やスーパーフライヤーなどしか通過しない手荷物検査場。飛行機に乗り慣れている人が多いので、あまり手荷物を開いて見られるような人はいないけれど、たまにいるとこんな具合で怒っています。
きっと、「俺はいつも利用していて、そんな不審な物は持ち込む訳ないんだ。バカにするな!」みたいなもんでしょう。疑いをかけやがって!と。
でも、多くの場合は何かしらの不審物が出てくる訳です。
私も何度かそうやって停められ、思いもよらない物が出てきています。
刃渡り24cmの柳刃包丁や折りたたみ式のフォールディングナイフ………
本当に、鞄に入れているのを忘れていただけなのですが。
フォールディングナイフの時には、ちょうどANAのハイジャック事件で機長が刺殺された直後で、多くのセキュリティに取り囲まれたりしました。さすがにこのときに怒ったり自分の持ち物に言い訳をすることはありませんでしたが、鞄に入れていたことを忘れていたことは本当です。はい、悪いのは自分です。
20140719_093650sこれは流石に、囲まれても仕方がなかったですね。

一度困ったのは、釣りのフォーセップ。医療用の鉗子のようなものですが、形がハサミに似ているので……
刃は無いと言っても、見た目がハサミなのでそのまま持ち込みを認めるかどうか、暫く係員が検討してやっと返して貰えました。まあ、モデルガンがおもちゃだからといって持ち込めないのと同じ。だめだと没収されてしまっていたところでした。

話しが横にそれましたが、こんな感じでオジサンが文句を言ったり不満をぶつける時には、自分の事は棚に上げて怒りの相手は明確です。場合によってはその怒りの対象は自分だったりするのですが。基本的に、(自分の中では)ロジカルに不満を並べ立て、不満をならべ、解決を迫るのです。そして、その多くはプライドが高い(というよりも自尊心が強い)人。プレミアムクラス利用者やスーパーフライヤーは、他の人とは違う扱いを受けて当然だという意識が強い分だけ、手荷物検査場で停められると、不意打ちをくらったように、想定外の事に冷静さを欠いて反応しているのだと思います。

航空会社の友人からも、一番手に負えないのは上級ステータスのお客様だと異口同音に聞きました。ホテルの関係者からも、スポーツクラブなどの会員でホテルの利用頻度が高いお客様ほど態度が大きいし悪いと言っていました。自分は特別だ、という意識の人も多いのでしょうが、何よりも自尊心を傷つけられるのが怖いのでしょう。

ところが、愚痴はちょっと違います。不満や問題の解消を望むのではなく、一番は自分が不快だったとか不満に思ったとかの感情を受け止めて欲しいだけなのです。
このような愚痴をまじめに受け止めて、解決策や改善策を一生懸命アドバイスしていたら、思いもよらず怒られてしまったこともあります。解決策を提示されてもどうしようもないし、最初からそれを実行に移す気も無いのです。最初から気晴らしで愚痴を言っているだけなのです。ロジカルに解決策を提示すると、「私にそれをやれとでも言うの!?」と怒ってしまうのです。これ以上、私にストレスをかけるようなことは言わないでと。
そう、解決策を求めるのではなく、ただ愚痴を聞いて欲しいだけ。
僕は、不満の対象が無くならなければいつまでも悶々としてストレスが解消されないのですが、(多くの場合女性は)不満の対象を無くすよりも、愚痴としてはき出すことでストレスの解消をしたいようなのです。
だから、愚痴だと思ったら、「そうだね、大変だったね」と聞くだけにとどめておいた方が無難です。

そして、時々「相談に乗って欲しい」という人がいます。
ほとんどは「~したいと思っているけれど、どう思う?」というもの。
この場合は簡単です。「相談がある」という人は、そこまでに結構熟慮していて、自分の中ではほぼ結論を出しています。その上で自分の考えに賛同して欲しい、間違いが無いかを確認したいという事がほとんどです。
客観的によほどの問題が無い限りは、相談者の「こうしたいと思っている」に対しては肯定した上で、修正点をアドバイスします。
誰かに背中を押して欲しいだけなのです。
そういう人には、応援の意味を込めて、背中を押してあげるようにしています。

昨日、FBで愚痴っぽいことを書いてしまったら、みんなにいろいろとコメントをもらった勢いで書いてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.07.16

想定外!760万分の1の手紙が、ベネッセから届いた。そして驚きの事実が!

20140716_192616sベネッセコーポレーションの個人情報漏洩。我が家の子ども達はもう大きくなって関係ない話しだと思っていた。

ところが今日、「ベネッセコーポレーションより重要なお知らせです」と朱で書かれた封筒が届いた。
全くの想定外。
確かに子ども達は子どもチャレンジをやっていたけれど、もう随分昔の話しだ。一番下の息子でさえも今年18歳の大学受験生。子どもチャレンジも小学校3年生くらいまでだったし、進研ゼミにはお世話になっていないから、ベネッセが我が家の子ども達の個人情報を持っているなんて考えもしなかった。
次男が子どもチャレンジを辞めてから何年経つのだろうか?小学校を卒業してからでも5年半。小学校3年で辞めていたとしたら、すでに8年。

今回の個人情報漏洩事件は、てっきり現在受講中か、せいぜい中学生くらいまでの名簿だと思っていた。退会した(とこちらでは思っていた)子ども達の個人情報も、引っ越しやらいろいろあるから1年とか2年、あるいは中学校卒業後のタイミングくらいで破棄していると思っていた。しかし今回わかったのは、そのまま持ち続けていたと言うことだ。我が家はたまたま引っ越ししていないけれど、クリーニング費用も馬鹿にならない。ひょっとして、クリーニングはせずに持ち続けていただけなのかもしれないが。

そこで、「ベネッセコーポレーション 個人情報保護への取り組みについて」に初めて目を通してみた。ここには、個人情報がいつまで保持されるのかは示していないし、10年以上前に子どもチャレンジを始めた時に、個人情報の取り扱いについてそんな説明なんか有ったとは思えない。辞めた後にもずっと持ち続けられ、利用されるとは思ってもいなかった(そういえば、子どもチャレンジを辞めてからも何度か再開の営業電話はあった)。今でこそインターネットでこんなページもすぐに検索して探し出せるが、10年前の普通の家庭では無理だ。
で、さらに下の方をよくよく読むと、削除(他、情報の訂正・追加など)の場合は、とてつもなく面倒な手続きが必要となっている。
………………………………………………………………………
Ⅲ,開示対象個人情報の開示および訂正・追加または削除についての手続き
  当社では、当社の開示対象個人情報(Ⅰ-(1)-A・B)につき、個人情報保護法にもとづき、本人または代理人からの開示の求め、および訂正・追加または削除の求め(以下「開示等の求め」といいます。)に対応させていただいております。

1, 「開示等の求め」の対象となる項目の特定
開示等の求めを行う本人またはその代理人は、当社所定の申込書に記載する開示対象個人情報の項目より、開示、訂正・追加または削除を求める情報を特定していただきます。
2, 「開示等の求め」の申出先
開示等の求めは、Ⅳ.(1)に記載する窓口にお電話をいただければ、当社より必要書類を郵送します。
3, 「開示等の求め」に際して提出すべき書面(様式)等
「開示等の求め」を行う場合は、当社より郵送する所定の申込書に所定の事項を全てご記入の上、本人確認のための書類を同封しご返送ください。ご返送いただく書類は、以下(A)および(B)です。
A 当社所定の申込書 1通
B 本人確認書類
・運転免許証、健康保険被保険証など現住所が記載されているものの場合は、いずれか1部のコピーを、申込書に添付してください。
・パスポートなど現住所が記載されていないものの場合は、そのコピー1部に加え、住民票の写し1通を、申込書に添付してください。
………………………………………………………………………

自分の個人情報を削除するのに、こんなに面倒な事をしなければならない!
これなら、最初から子どもチャレンジなんか始めるんじゃなかった。この手続きをしない限りは、ベネッセが個人情報をずっと持っていますよと言うことなんだから。
これで、最大2070万人という膨大な数の理由がわかった。これまでの受講者の情報を全部持っているということなのだ。

これって、世間的にどうなの?
ウィメンスパークに登録した個人情報も、やはり同じように取り扱われてるんだろうか?

※情報流出された当の本人の心配は、「成績も漏洩したの?」だった。

7月23日追記

同社が21日夜、これまでの判明分よりさらに増え、漏洩データが全体で約2260万件に上ると発表。
「ベネッセライフスマイルショップ」と「ベネッセウィメンズパーク」に登録されていた顧客情報。住所や氏名、電話番号、生年月日などで、一部には出産予定日やメールアドレスなども含まれていた。クレジットカードの情報は確認されていないという。
やはり、ネットの会員情報も持ち出されていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.07.12

愛想が尽きたぞリクルート

20140712_215452
今日、大学の授業で顧客獲得コストの話しをする際に、クーポンサイトを例に出した。しかし、学生は誰もクーポンサイトを知らないし利用したことがないという。そこで、プロジェクターに繋いだ僕のPCで、ポンパレを検索して画面を表示した。学生全員がプロジェクターに投影されたスクリーンを見ている。
と、その時に表示されたのがこの画面。

メールアドレスを登録しないと、サイトの画面すら見せないぞ!というかのごとき画面。メールアドレスを差し出さなければ、どんなサービスなのかも教えない、と。

授業中、学生が注視する中でのこの画面。仕方なくメールアドレスを打ち込んだ。

ポンパレをクーポンサイトのビジネスモデルのひとつとして取り上げながら(クーポンサイトは授業の中のほんのごく一部に過ぎなかったが)授業を無事に終えた。そして自宅に戻ってメールをチェックすると、早速ポンパレからのメール。とりあえずで登録したので、すぐに解除しようとしたがメールの解除方法が無い。
メールのフッタは以下の通り。

■ お問い合わせ
ポンパレ サポートデスク
http://ponpare.jp/faq

このメールマガジンは「注目!人気ランキングメール」を受信している方にお送りしております。
メールマガジンの配信設定変更はこちらから。

■□■ --------------------------------------------

ポンパレ http://ponpare.jp/
編集・著作:株式会社リクルートライフスタイル
発行:株式会社リクルートホールディングス

---------------------------------------------------

だけ。
最初見落としていた、配信設定変更はこちらからを見つけて、やっとそれらしきページにたどり着いた。これでメールアドレスの解除ができると手続きすると、再び以下のメール(一部)が届いた。

[ポンパレ]
いつもご利用いただきありがとうございます。

下記のURLをクリックしてメールマガジンの変更・解除をしてください。
http://ponpare.jp/uw/uwp2200/uwt2215init.do?k1=%2B2J5bPyhGL5XSBcPSfMigYQfAn3D1DWLTBfm8U%2FHcnZ0GXGrTTz6FCa6flMGGT1g&vos=web

そこで、URLを開いたらこの画面。
20140712_233926

※配信を希望するメールマガジンとエリアをチェックして、「配信設定を変更する」ボタンを押してください。

とあるが、これって、不慣れな人やスマホから登録した人は、まず解除しないし解除できない。すべてにデフォルトでチェックが入っているので、それがなんだかわからない人は、そのまま「配信設定を変更する」ボタンを押してしまうのではないだろうか。チェックを外すという指示が無いのだ。
そう、ここまで一言も「解除」という言葉が表示されないのだ。
まあ、巧みではああるけれど、これはいかにも小ずるいし卑怯な行為だ。

もう、ほとほとがっかり。
目の前の上場に目がくらんで、利用者目線が濁ってきたのか?
今後は、そういう目で見ざるを得ないのだろうか。同じ日に、リクルート事件から立ち直ったブログを書いていながら、一OBとしてはめちゃくちゃ悲しい思いで1日を追えることになった。

追記

ローソンチケットでチケット購入しようとしたらめちゃめちゃ不愉快な思いをして、またリクルートに行き着いた。 どうなってるんだ?リクルート。

いろいろ許せなくて、Pontaカード届いて3日で解約


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.07.03

ゴミ箱を置かないコンビニでは絶対に買い物しない

20140703_092239s
都会で暮らしていると、コンビニのお世話にならずに過ごす事は難しい。特に一人暮らしの人だと、コンビニが近くにあることを前提に生活をしているとも言える。

これが週末の釣りの時には尚更で、早朝目的地までの道中どこでコーヒーを飲むか、食料を調達するかは大事な問題。帰りでも同様。行きも帰りもコンビニにしか寄らないこともあたりまえ。
そんな時に、コンビニで購入した食料から出るゴミは、当然ながら次に立ち寄ったコンビニのゴミ箱に捨てることになるのだが、最近ゴミ箱を置いていないコンビニに出会うことが多くなった。
車でコンビニの駐車場に入ると、まず入り口脇に設置してあるはずのゴミ箱を確認する。ゴミ箱があれば車を停めてそこで買い物を済ませるけれど、なければそのまま再び道路へと引き返す。

ゴミ箱が無い=ゴミが捨てられないからではない。
別にいつもゴミを持ち歩いている訳ではないのだから。
ゴミ箱を出していない=自分のことしか考えていない店 だと勝手に判断してのこと。よく「家庭ゴミの持ち込みはお断りいたします」と書いてあるのも見るが、それはそれで理解できる。しかも、これ、東京ではあまり見ることはなくて、福岡や田舎に行くほど見る。そして郊外の住宅地に近い、駐車場を備えたコンビニほどゴミ箱の設置率は低いようだ。都心でもなく田舎でもない住宅地のコンビニほどゴミ箱が無い現実。言い換えれば、住宅地の生活者はゴミ出しの日にゴミを出さずに、コンビニに捨てているということなのか。ゴミ袋を買うのが面倒?もったいない?

まあ、ゴミを持ち込む方も持ち込む方だけど、ゴミ箱を出さないオーナーもオーナーだ。きっと、コンビニの本部はそんな指導はしていないだろうから。お客様よりも自分のお店の事(面倒なこと・手間を避ける)を優先するオーナーだろうから、そんなお店で買う気にはならない。

と言う訳で、車で出かけてコンビニに寄る時には、外にゴミ箱が無い店には絶対に入らないようにしている。
ゴミ箱設置有り無しで、売り上げの差が出ているとオモシロイのだが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »