« 派遣会社の社長だったら、とこんなメニューを考えた | トップページ | 麦秋、田植え、ハンミョウ、そして爆釣 »

2014.05.21

DRY-SHAKE SPRAY のノズルを替えた

20140521_075327sこれからはドライでの釣りがメインになるというのに、ドライシェイクスプレーがいきなり切れてしまった。
慌ててキャスティングに買いに行くも、移転してからflyfishingコーナーは縮小されて、ドライシェイクスプレーの在庫は1本だけ。fluxのkty GEKIKONA スプレーがあれば選択肢の一つだったけど、今回はそれもできず。それでも、最後の1本をゲットできただけでも良しとして買って帰った。

20140521_081952sこれをそのまま使うと、ものすごく無駄にドライシェークを空気中に噴霧するだけなので、噴射ノズルを交換。交換するのは、fluxのkty GEKIKONA スプレーに付属の極細ノズル。白い噴射口をピンセットか極細ドライバーやニードルで引き抜いて交換するだけ。ktyのノズルはこちら↓の動画を見ればよくわかるが、極細で噴射口が前に出る分だけピンポイントで狙えるようになる。

ノズルを交換しただけで、とってもエコな気分になる。
使い終わっても使える物は活用するのがflyfisherというものでしょう。
5月4日の釣行時、転んでしこたま強打した右肋骨後ろの痛みも、そろそろ治まってきた。小走り程度では何ともない。咳をしたときと、寝返りの時にまだ少し痛むが、ほぼ日常生活には影響なし。

待ってろよ!梅野の大ヤマメ!


|

« 派遣会社の社長だったら、とこんなメニューを考えた | トップページ | 麦秋、田植え、ハンミョウ、そして爆釣 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18605/59682943

この記事へのトラックバック一覧です: DRY-SHAKE SPRAY のノズルを替えた:

« 派遣会社の社長だったら、とこんなメニューを考えた | トップページ | 麦秋、田植え、ハンミョウ、そして爆釣 »