« 何でこんなブロックを置くの?心の小さな縄張り意識か | トップページ | 2014 梅野川初日は雨ながら、大物が! »

2014.04.06

寒い日の朝は、イモリとイノシシと

Dscf1734s
そういえば、今年は霜で真っ白という景色は目にしないまま4月を迎えた。しかし今日は霜こそ降りてなかったものの、冷たく強い風もあいまってめちゃくちゃに寒かった。久しぶりにダウンジャケットを着込み、手にはフリースのフィッシンググローブの上に、更にウェットスーツ地のグローブ。首にはネックウォーマーと、解禁当初の様な完全防寒の出で立ち。川に向かう途中、どういうわけか道路脇をイモリが這っていた。

Dscf1730s朝一番のM川は、昨日の雨で少し水量が増えてはいたが、濁りはない。しかし、福岡市内から近い人気河川、既に多くの釣り人が竿を出したのは想像に難くなく、反応は今ひとつ。川を遡る途中、前方で焦げ茶色した子犬のような影。なんだ?と目をこらすとイノシシの子ども。もう、うり坊は卒業しているが小さな体。ほとんど護岸してある川なので、どこから紛れ込んできたのか?不思議だったが、こちらの気配に気づいてどんどんと川の上流に逃げていった。どこかで上がれれば良いが。

それでも、たまに顔を出してくるヤマメは大きくはないけれど、どれもヒレピンで美しい。
イノシシの子の去った後、小さなプールで底から上がってきたヤマメがゆっくりとフライをくわえた。18cmほどの均整の取れた綺麗な魚体。顔を見ると、ほっぺがオレンジ色に赤い。アマゴかニジマスのような紅斑かな、とよく見ると、血だった。フックが内側から貫通してほっぺに血が出ていた。

ごめん。
ちょっと申し訳ない気持ちになった。




|

« 何でこんなブロックを置くの?心の小さな縄張り意識か | トップページ | 2014 梅野川初日は雨ながら、大物が! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18605/59431207

この記事へのトラックバック一覧です: 寒い日の朝は、イモリとイノシシと:

« 何でこんなブロックを置くの?心の小さな縄張り意識か | トップページ | 2014 梅野川初日は雨ながら、大物が! »