« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月の記事

2014.03.31

消費税が上がるからではないけれど

消費税の8%への変更を前に、仕事面では様々な対応で忙しい。
一方、プライベートでは増税前に何かをしたかと言えば、瓶の中身が少なくなったインスタントコーヒーを購入したのと、ガゾリンを3000円分入れたくらい。むしろ、長男が家を出たために食料や日用品の消費量も減り、何も特別な買い置きをしていないので、冷蔵庫の中はスッカラカンになってしまっている。健全経営のために、我が家も無駄な在庫を減らしているのだ。

そもそも、消費税が上がるからと慌てて購入するような大きな買い物が見当たらない(流星号の買い換えのタイミングは、消費税のためではない)。これまでの経験では、ワインやお菓子などの嗜好品は安いからとまとめ買いをすると、気が緩んでその分消費スピードも上がる。結局、単位時間(日数)あたりの消費量は増えて、短期間に多くの金額を使ったことになる。トイレットペーパーやティッシュペーパーなどは、そもそも単価が安いのに場所を取るばかり。これまで安売りで298円だった商品が、明日からいくらになるのかは分からないけれど、保管するスペース代の方が高いだろう。我が家でもトランクルームを借りているので、その気になれば1年分のトイレットペーパーくらいはストックできるのだが。

変わるのは消費税だけではない。3月31日は、年度末で様々な事に区切りを付けなければならないタイミングでもある。多くの人が、入学や進級、就職、あるいは異動や転勤、定年リタイアなどで、この4月から生活が大きく変わる。

我が家でも、今月長男が独立して、家を出た。
まだベッドや机などが残ってはいるものの、彼が使っていた部屋は主がいなくなり、空き部屋同然。一方で2年前に大学入学のために家を出て寮暮らしの娘は、ことある毎に戻ってきているので、部屋はそのままの状態。卒業して東京で就職すれば、きっと戻ってくることになる(とはいえ、もう少し綺麗に片付けろよ!)。しかし長男は、我々の身に何か起こらない限り、もう戻ることはないだろう。そういう現実は、母親である妻にはなかなか直ぐには受け入れ難いものかもしれない。それを理解するためにも、長男の部屋を別な使い方に変えていかなければならない。
空き部屋は、僕の希望としては客間にして、友人や(長男も含め)親戚を泊める部屋にしたいのだが、客間ができたところでそれ以外の部屋がお客様を受け入れられる状態ではない。当面は物置にしかならないのであれば、と借りているトランクルームを解約し、荷物を一旦部屋に入れることにした。トランクルームの年度更新もこのタイミングなのだ。
ギリギリ更新最終日の本日、解約の連絡をした。これで、月8000円(+消費税)が節約できる。年間で10万800円(これまでの5%計算)。ほぼ毎月30万円支出時の消費増税分に相当する。

20140331_103506sそんな今日、空港のQBハウスでいつものように髪を切って飛行機に乗ろうと思ったら、今まで見たことのない行列。明日から1080円になるから、みんな増税前にと思って並んでいるのだろう。空港で髪を切るのにそんなに待てるほど余裕を持って来てるのかと驚く一方で、QBハウスのメリットが価格面であることに改めて気づかされた。僕にとっての最大のバリューは10分でさっぱりできること(もちろん価格もだが)なので、20分も待つのなら価値が無い。明日の80円を節約するために20分無駄にするくらいなら、自販機の飲み物を1本我慢する。

消費税5%の今月だと、いくら駆け込みで消費が伸びても、社会福祉に回されることはない。消費行動は、一つ一つの単価よりも総額の積み上げで規定される。無い袖は振れないけれど、財布にお金があれば使ってしまうのが人間というもの。4月以降、増税分が社会福祉に回されるのだから、ちょっとだけ無駄を無くした今までどおりの生活をし、社会福祉に貢献しようではありませんか。
それにしても、トランクルームはちょうど19年間利用していたが、支払った金額を計算すると、ちょっと落ち込んでしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.22

今シーズン最初の赤いヤマエ

201403228s暖かくなってきたので、古湯ではなく背振山の上流域に。
昨年は度々の豪雨で、そのたびに渓相は変わり、ヤマメの着けるポイントも減り、魚影も少なくなった感じ。
それでも、顔を出すヤマメはどれも綺麗だから、好きなのだ。

さて、シーズンオフの間に渓相は変わってしまっているのだろうか?今年も綺麗なヤマメはいるのだろうか?と不安半分期待半分で出かけたあの川でしたが、綺麗なヤマメが出てくれました。
201403227s確かに渓相も変わり、魚影も以前に比べると随分と薄い感じではありましたが、18cmの赤いべっぴんさんです!
他にも、大きなヤマメは出ませんでしたが、小さいながらも綺麗なヤマメばかり。
こういう、ヒレピンのヤマエが釣れる川は大事にしなければなりません。

201403229s嬉しい出会いを果たした後、流星号は古湯へ。

古湯への到着は午後ではあったが、解禁直後のあの混雑は何処に行ったのか、釣り人の数はまばら。風は冷たいものの天気は良いというのに。到着して川に降りたのは14時前。2週間前だとちょうどライズの最盛期の時間。しかし、川面は静かでライズは見当たらない。いつもライズがある土管前で釣っていたflyfisherに尋ねると、ライズは無いままだったということ。多くの釣り人が毎日訪れたせいで、反応はすでにシビア。上流に嘉瀬川ダムができてからはいつも水量が多く、渡渉にも苦労するようになり、flyで攻められるポイントも限られるようになってしまった。
減水期の釣りも好きだったのに、それも楽しめなくなったのは残念。

明日は、山おやじさん達と、フロータントに適しているか、白い粉の効果を試しに、再度古湯だ!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.15

長男が独立した日、ろくなことがなかったが…

20140315_134946s長男が社会人となってちょうど一年を迎えるこの4月。自分で区切りを付ける気になったのか、一人暮らしをすることになり、今日家を出た。とはいっても直線距離でわずか5km、車での道のりは約6km、20分弱のところ。僕が福岡から就職で東京に出て来た時とは随分違う。
「ライオンはわが子を千尋の谷に落とす」と昔から教えられた父としては、甘やかしてはいけないと思いつつも色々と気になる。一人暮らしで足りない物があっては困ろうと色々気をまわして、細かな物を運び込んだ。結局引っ越しの荷物を持って3往復。
ひととおりの運搬も終わり、息子の友達も集まってきたところで、我々家族は撤収。近くの九州ラーメン店で昼食をとって帰宅することにした。ところが、ここからが今日の不幸の始まり。昼時とあってお店はほぼ満員。食券を購入して席について、ラーメンが出てくるまで40分!博多のラーメン屋で10分待たせる店なんてないぞ!しかも、出てきたラーメンは不味い。有名人のサインがたくさん飾ってあったが、どうしてこんなにお客さんが来ているのかが疑問。
とっても不快な気持ちのまま駐車場に行き、精算して車を出そうとしたら停止板が下がっていない。コールセンターに電話すると、直ぐに係員を行かせますとのこと。電話のやりとりなどでなんとか解決し、駐車場を出られたが、ここでも無駄に時間を費やした。美味くはないラーメンと駐車場で約1時間、無駄な時間を費やしたことになる。
20140315_144239sイライラして帰宅の途に着くと、交差点で白バイと並んだ。こんな時は気持ちを落ち着けて安全運転に限るとトリップメーターに目をやると、なんと7が3並び、小数点以下ももうすぐ7に。暫く走ると7が4つ並んで、めったに見ることができない光景。これで自分的には少し気分が晴れたか?
一緒に帰ってきた高校生の次男が、買い物に出かけてこれを目の前差し出した。「イライラしたときは甘い物食べるのがいいんだよ」って。

子ども達は、それぞれに成長しているんだなと思った本日。

家族全員でも3人になってしまい、なんとなく夕食は焼き鳥屋で済ませて1日が終わってしまった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.11

3回目の3月11日を迎えて

お客様との打ち合わせを終え、ビルの外へ出て時計を見ると、ちょうど2時46分だった。
被災地を始め、日本中多くの場所で黙祷が捧げられている時刻だ。午後に乗った地下鉄では、2時46分に全電車を停めて大地震発生時に備える、「全列車一旦停止訓練」を実施するとアナウンスされていた。地下鉄も停止しているはずだ。

僕は、この時刻を確認したとき、あたりまえだけれど3年前の事(翌日のブログに詳述)を思い出さずにはいられなかった。それは被災地のことではなく、その時刻から家族の全員無事を確認できる迄の、自分の行動と自分で見た世界のことだった。
激しい揺れに見舞われ、「とうとう首都園直下型地震が来たか!」と覚悟し、自分の身を守るためにすべきこと、これから起こるであろう事を想定して家族の安否確認と指示を出すことを考えていた。それは、2005年の福岡西方沖地震(一度目の発生時刻には、上津江の川で釣りをしていて揺れには気づかなかったが)やグアム島での巨大台風を経験していたことは大きかった。

とにかく自宅へ、家族の元へと歩き始め、途中公衆電話ボックスから自宅への電話が通じて、子ども達の無事は確認できた。歩きながらも、途中途中でWIFIが繋がるところではTwitterやネットで情報収集を続けた。
実際、震源地が東北沖であったことや大津波が襲ったことなどは、4時間半歩いて無事に自宅に帰り着き、テレビを見て初めて具体的に知った。東北の地震被害や大津波が港や街、空港を襲う様は、テレビのどのチャンネルでも流されていたが、どこか違う世界の様子を流しているかのようだった。
22時を過ぎた頃に妻がやっと帰宅し、家族全員が揃って初めて客観的にニュースを見ることができるようになり、その被害の大きさに改めて愕然とした。

そう、被災地や被災者のことへ思いが至るのは、自分の身の安全、身近な人の安全が確認できて初めてできることだった。身内の安否が不明であったりすれば、その人にとっては何よりもそれが一番重要な問題だ。ビートたけしさんが3年前のインタビューで語ったように、何万人の死者がいようと、その人にとってはたった一人の死が何よりも重たいし、無事が何よりも有り難い。他の何万人のことなんか考える余裕は無いのだから。
何時いかなる時に、自分が被災者になるとも限らない。被災者を助けるためには、それを助けることができる者が残っていなければならないのだ。

あの日から3年を迎えて改めて思う。
もしもその時が来たら、被災者・被害者にはならず、助けの手をさしのべられるだけの準備をしておきたいと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.08

電話加入権は、NTTだけでなく企業にとっても時限爆弾か

どういうわけか、福岡の我が事務所ではamazonだけが開けない。以前はANAのサイトも開けないとか画面遷移に異常に時間がかかるとかのトラブルが多く、飛行機の予約の途中に重くなり画面を見ながら電話で予約確認したこともあった。インターネット回線の問題なのか、プロバイダーの問題なのか、はたまたルーターの問題なのか原因が分からないまま時間だけが過ぎた。VAIO NOTEを携えて出かけるのが常の僕は、事務所でもWIMAXで繋いでいるのでその問題を忘れていた。
ところが、先日事務所スタッフに「amazonでこれを探してくれ」といったら「amazonは開けません」と言われて思い出した。無線からケーブルに繋ぎ替えたら、確かに僕のVAIOでも開けない。どういうわけか、楽天や他のサイトはみんな開けるのに、amazonだけがだめ。
amazonも、amazon.comは開くのに、amazon.co.jpが開けないのだ。

続きを読む "電話加入権は、NTTだけでなく企業にとっても時限爆弾か"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.02

入れたは良いけど、出し方が分からない

20140302_093006s新しくやって来た流星号。
先代(1999年式)よりも、馬力があり足回りの安定感も良い。ちょっと車体が大きく重くなった分、まだ取り回しに気を遣うが、やはり1世代進化するとずいぶんと違う(それでも2005年式、9年前の車)ものだと感心する。
しかし一方で困ったことが起こっている。ます、いろんな事の操作方法が分からないこと。いままで無かった装置や機能がたくさんある。例えば、ライトのスイッチが1段階増えていたり。何よりも、キーレスのドアロックは初めての経験。
新しい流星号(VW GOLFⅤ)では全てのドアを集中的にコントロールするため、GOLFⅣまであったドアロックの土筆状のピンがない。外見上、ドアがロックしているのかしていないのかは分からない。こういう形のあるマシンについてはアナログな僕には何とも心許ないのではあるが、選択の余地は無い。東京の車は、キーレスで操作できるが、なんだか不安なのでキーレスの操作ができるキーはしまったままにしているくらいだ。

そして、今一番困っているのはフォルクスワーゲンマルチメディアステーション(MMS)に関すること。MMSは、カーナビ、CD/DVD、MDプレーヤー、TVモニターが一体化した高級オプションなのだが、9年前の代物(だからTVチューナーはアナログなので今は見られない)。こいつがなかなかにやっかいな代物なのだ。
まず、取り扱い説明者が無い。そのため、今2つの事で困っている。
1つは、MD、CD/DVDの取り出し方法がわからないこと。ejectボタンが無いのだ。このままでは、とりあえずと入れたIMAGEⅡを、ラジオの電波が届かない山道ではずっと聞き続けなければならなくなる。
2つめは、カーナビの音声案内の調節ができないこと。消すことも音量を下げることもできない。カーナビで一旦目的地を設定すると、道路案内だけでなく、カーブが近づくたびに注意喚起のアナウンスが入る。釣りに行くときには山道はカーブだらけで、ずっとカーブの注意がつづく。ラジオもMDの音楽も音声案内が被さって、肝心のところが聞き取れなくなってしまう。
これから色々と使い始めると、他にも困ったことが起きそう。まあ先代ほど根本的な問題ではないだろうが。

それはそうとして、誰かMMS(マルチメディアステーション)の取扱説明書持ってないでしょうか?
少なくとも、上記2点の解決方法を知っていらっしゃったら教えてください。

3月7日追記

皆さんから、Facebookなどでたくさんの情報をいただきました。
アドバイスを元にさんざん試行錯誤をしてやっと分かったことは、運転席からは死角になっているところに、ejectボタンの指示があったこと。
20140306_083907s開いたモニターを上から覗くと、画面の下、ボタンの上に数字が表示されて、その下のボタンを押すと出てくるのでした。
運転席に座った状態で操作すると、ボタンすら見えづらいのに、この数字はモニターの枠の死角になって見えてませんでした。
これは操作する前に確認しておかないと、まず気がつかない。

とはいえ、一つは解決。
残るはカーナビの音声案内の消し方だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.01

2014もシーズンスタート

201403014s解禁にギリギリ間に合わせて新しい流星号が到着した。しかし、保険やJAFの登録を変更していない。マーフィの法則(懐かしい!)じゃないけれど、1日くらい大丈夫だろうなんていう思いで運転すると,必ず何か事故や故障に見舞われるものだ。
そこで、朝から登録変更の手続きの電話をかける。JAFは車種とナンバーを伝えれば済むが、保険はそうはいかない。車検証を傍らに置いて、一つ一つ電話口で確認しながらの変更手続き。思った以上に時間を要した。
そして最後に流星号に乗って、ディーラーのフォルクスワーゲン博多へ。購入はなんと徳山のTOYOTA系ディーラーから。納車前に、DUO(トヨタ系列のフォルクスワーゲンディーラー)で整備してくれているので、まずは心配ないと思うけれど、先代に引き続きVW博多でメンテナンスしてもらうことにしている。で、ここでも流星号の登録変更。
これで、手続き的なことはひととおり完了。で、ガソリンを入れてひとまずは出かける準備が整った。

まだまだスイッチ類やカーナビの操作方法などがおぼつかないが、解禁なので出かけなければならない。
そう、行かなければならないのだ。ヤマメが僕を呼んでいる。

そんなこんなで出撃は午後からとなってしまったので、遊漁券を購入して嘉瀬川の川原に着いたのは、14時前。しかも、来る途中に大変なことにきがついた。朝からいろいろと追われていたので、すっかり忘れていた。
腕時計!シーズンオフ用の革ベルトの時計のまま。これはまずい。もしもの事があってはいけないので、腕時計を外して流星号のグローブボックスに入れて釣り支度を始めた。
これまでになく暖かい解禁初日。いつもの川原は釣り人の車で既に埋め尽くされ、いつもライズがあるプールの周りには7~8人が取り付いていた。冒頭の写真の車列の中には、新しい白い流星号もいる。
201403012s201403013s
どうせ出遅れたし、どのポイントも既に誰かが一度は竿を出しているだろうから、今更焦っても仕方が無い。
まずは人の少ない、入りやすいところから竿を出すか、と誰もいない流れに入っていったら良い反応。流れの中から、次々にヤマメが顔を出してくれます。しかし、いずれも20cmちょっとの痩せたヤマメ。パーマークがはっきりしたヤマメもいれば、銀化してシラメのようなヤマメも。

結局日が射さないままに日が傾いて、なんだかどんよりした解禁日。2時間半ほどで、ヤマメ5尾、バラシも5尾という釣果。まあ、こんなものかな。春はやっぱりライズをミッジで狙いたいと、プールで待とうと思っていたら……
山おやじさんが一足先に納竿したあと、急に雨が降りだした。他の釣り人も次々に帰り支度をして、あっという間に川原から車が走り去っていった。
明日もある。こんなに短時間しか竿を出さなかった解禁初日は初めてだったが、まあ、良いでしょう。いろんな事が新しく始まる年は、少しずつ馴染んでいけば良いのだ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »