« 行政も我々も、若年女性の貧困から目を反らしてはならない。投票に行こう | トップページ | 流星号が行ってしまった »

2014.02.03

濃霧から春霞の節分

20140203_151537s昨日から妙に暖かく、しかも風が無い。
というわけで、今年初めての釣りに出かけたのが昨日。
そして、今朝目覚めると窓の外は霧で白く霞み、いつもは窓から見えるスカイツリーも全く見えない。隅田川はぺったりとほとんど波紋のたたない穏やかな流れ。
TwitterやFacebookをみてみると、東京だけではなく九州も同じように濃霧だった様子。
20140203_101238s天気図を確認すると、関東から九州までまったく等圧線が無い。これでは風も吹かないから霧も発生するだろう。
午後になり、霧が消えても今度は春霞のような空気感。
福岡に向かうために羽田空港に着くと、普段は東京湾の対岸まで見渡せるのに、霞んで見えない。
風は無く、霞んでいるだけのなんとももやっとした空気。
そんななかで飛び立った飛行機が福岡に着陸するときには、妙に揺れている。
20140203_233009sあんなに安定していた気圧配置だったのに。で、さっき天気図をチェックすると、随分と変わっていた。
このまま天気は崩れ、明日の福岡は、最高適温が1℃、最高気温は4℃にしかならないという。
20140202_204257s東京は雪が降るという予報もある。
さて、福岡は北風が強うだけの寒い一日になるのだろうか?
節分の豆まきは、昨日東京で済ませてきたので、今日は福を迎えられるように暖かくして寝よう!


|

« 行政も我々も、若年女性の貧困から目を反らしてはならない。投票に行こう | トップページ | 流星号が行ってしまった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18605/59067357

この記事へのトラックバック一覧です: 濃霧から春霞の節分:

« 行政も我々も、若年女性の貧困から目を反らしてはならない。投票に行こう | トップページ | 流星号が行ってしまった »