« 濃霧から春霞の節分 | トップページ | 銀のさらでプッチン! »

2014.02.09

流星号が行ってしまった

20140209_192324s退職金を何か形のある物にしておこうと購入した!5年間の僕の相棒、GOLFⅣ GTIが旅だった。といっても、廃車になったわけではない。
15年も乗っていると、さすがにいろんな所に不具合が出る。ここのところ、毎年何かしらの部品交換・修理にそれ相応のコストがかかるようになっていた。今年間近に迫る車検をどうするか、というところで流星号の代替わりという結論にたどり着いただけだ。
幸いにも、思ったよりも早く次の流星号を見つけることができた。当然、マニュアルミッションの車。
20140209_151438s納車はまだ先だけれど、今月中は流星号が必要になることは無さそう。そこで、車検の残りがある流星号に、早く次の婿入り先を見つけるために早めに手放すことにした。

東京と福岡を半分ずつの生活では、15年共に過ごしても、通常の年式の車の半分も走っていない。その割には雪の日の高速道路でパワーウィンドウが上がらなくなったり、ABSが故障しているときに大雨に遭いスリップで対向車線へ飛び出したりと色々あった。納車の翌日は、博多駅そばで死者を出した1999年福岡豪雨に見舞われ高いところに非難したこともあった。でも、不思議と事故には至っていない。パーツの交換が多かった(しかも高額)が、楽しい時間を過ごしたパートナーだった。

3月の解禁には新しい流星号のお披露目となる予定。
子供達にとっても、物心ついたときから我が家の流星号はずっと変わっていない。そうはいっても何年も流星号に乗ってもいない。さて、新しい流星号に乗る機会はいつ来るのだろうか?

|

« 濃霧から春霞の節分 | トップページ | 銀のさらでプッチン! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18605/59102534

この記事へのトラックバック一覧です: 流星号が行ってしまった:

« 濃霧から春霞の節分 | トップページ | 銀のさらでプッチン! »