« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月の記事

2014.02.27

流星号の納車の日に見た夢

20140226_231041s
昨夜飲んだくれて帰宅し、今朝も嫁からの冷たい視線。
帰宅後の行状報告をされ……
それは置いといて、変な夢を見た。それを思い出した。

夢の中にも酔っ払った僕がいた。
その僕は、何故だか近くに自分の車を置いていたようで、あろうことか車を運転して帰ろうかタクシーで帰ろうかと思案していた。自分では酔っている気がしないので、「きっと運転しても大丈夫」と心の中でつぶやいている。
しかし、冷静なもう一人の僕が「何を馬鹿なことを考えてるんだ。酔って無くても酒を飲んだことに変わりはないんだから運転なんかしちゃダメだ」と。
「でも、タクシーで帰ると高いし明日車を取りに来なきゃいけないし、めんどくさいな」、と自問自答していた。

その後は思い出せないので、多分夢もそのあたりで途切れたのだろう。
酒を飲む可能性があるところに車でいくことは絶対にしないので、実際にこのようなことは無いと思っているが、飲酒運転をする人の気持ちはきっとこんなもんだろう。
仕事柄、ユーザーや消費者、働人の気持ちや行動を一人でシミュレーションすることがあるが、夢の中でまでこんなシミュレーションするとは思わなかった。酒席で福岡の飲酒運転事故の話をしていたからこんな夢を見てしまったのだろう。

今日、3代目の流星号が納車になる。
もちろん、飲酒運転なんか絶対しないぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.22

いよいよあと1週間でヤマメ解禁だ!

1303023s
待ちに待った2014年シーズンが、あと1週間後に迫った。
泣く泣く手放した2代目流星号に替わる3代目は、ぎりぎり27日か28日に納車予定。そして福岡に帰れるのは28日の夜だから、解禁初日に3代目流星号のハンドルも初めて握ることになりそう。
3月1日の午前中は、ガソリン入れたりメンテナンスツールを積んだりと、いろんなチェックをしながら終わってしまうのだろう。今シーズンの古湯での解禁の竿出しは、午後になりそう。
まあ、解禁当初は水温の低い午前中はほとんど反応が無いので、ライズ待ちとなることは必至。ただ、遅くなると良いポイントには入れないけれど。
今年は大きなヤマメが入っていると良いな。

1303026s
写真は何れも昨年の初釣りの時の写真。
先代の流星号も写っております。

今年の冬は雪も多かったので、3月に入って雪が降らないこと祈るばかり。
そして、怪我無くシーズンを通して楽しい釣りができますように。

少し気が早いですが、解禁を一週間後に控えて、気分が盛り上がっております。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.20

白状します。フィギュアスケートが嫌いです。

僕はフィギュアスケートが嫌いです。
競技が嫌いなのではなく、テレビのニュースでの取り上げ方が嫌いなのです。
今朝は、どのチャンネルを回して(今は回すって言わないのかな?)も冒頭から、ソチ五輪女子SP「まさかの結果」として解説を交えながら延々と報道番組(の扱いだと思う)で流していた。勝手に好調発進を予測して、フィギュアスケートの解説者をブッキングしていたから、いまさら軽く流すわけにも行かないと言うことなのだろうが。
昨夜ニュースを見られなかった僕は、フィギュアよりも山梨や群馬の雪害のニュースやバリ島の行方不明のダイバーのその後、経済や政府の動向が知りたいのに、ちっともやらない。そんなに期待を押しつけて、選手には良い迷惑だろうに。

戦後の復興期、オリンピックでの日本人選手の活躍に国や自らの希望を重ねて見ていた時代とは違うはず。オリンピックの結果を単に伝えるのではなく、全ての報道番組でメダルを求め、ナショナリズムを煽るかのような姿勢。安倍政権の姿勢の影響なのだろうか?
今日、2020東京オリンピックの森喜朗組織委員会会長は、何と福岡での講演で「団体で負けるのはわかっていた」みたいなことを言ったらしい。加えて(真央ちゃんが)「見事にひっくり返った。あの子、大事なときには必ず転ぶ」とも言ったらしい。なんと失礼千万な。
競技には勝者もいれば敗者もいる。勝っても負けても正々堂々と戦ったことを褒め称えれば良い。負けることが許されない戦争ではないのだから。

フィギュアスケートのニュースが嫌いな理由は、もう一つある。ニュースで流れてくる演技の音楽も一緒に聴かなければならないことだ。部分部分の音楽を、何度も何度も聞かされる。成績が良くても聞かされ、悪くても聞かされ、それは別に好きな曲でもなく、しかも細切れの楽曲。
競技者にとっても、楽曲の演奏者にとっても最悪。

多分夕方も夜のニュースも、各局冒頭に昨夜の女子SPの結果を流すのでしょう。
嫌だなあ。

2月21日追記

フリーでは浅田真央ちゃんは見事な演技を披露した。
そして、前日の森喜朗組織委員会会長の発言については、マスコミに使いやすいクォータブルコメント( QUOTABLE COMMENT-引用)を与えてしまったというか取られてしまったというか、ちょっとニュアンスが違う物でした。

森喜朗 元総理・東京五輪組織委員会会長の発言 書き起し」をリンク添付いたします。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.16

公務員の共済年金の負担って、なんか変

ふと思ったんだけれど、公務員の共済年金って変な感じ。
厚生年金と同様に、掛け金の負担は1/2を本人が負担し、1/2を組合が負担。
でも、給与も組合の負担も全額税金から出てるということだよね(僕の認識間違ってますか?)。
加えて基礎年金の1/2も公的負担(税金)。

老後にもらう年金の掛け金の半分以上を税金で払ってもらってるのって、なんか変でない?
厚生年金は、本人が半分負担して雇用している企業が半分負担するけど、企業はその負担を受け入れてなおかつ税金も払っているのに。共済組合って、税金は払っているのだろうか?運用利益で税金を払えるような組合ってあるの?
共済年金の掛け金は、国民年金同様に全額本人負担にしたらどうなんだろう?周りにぶら下がってるいろんなものが綺麗に無くなるんじゃなかろうか。
公務員の給与を下げるよりも、本来あるべき負担の仕方を見直すことで、全体の支出が抑えられるのではないかと。

大雪の東京での週末、ぼーっと考えていたらこんな事に思いが至ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.11

銀のさらでプッチン!

イベントの出展で、妻と二人ほぼ終日立ちっぱなし。

イベントそのものは大勢の来場者と、確かな手応えに満足できるものだった。
しかし、体はそれなりに疲れていて、妻もこれから食事の用意をするのはしんどいなと訴えるので、デリバリーを御願いしようとなった。夕食にピザはあり得ないし、リーズナブルなところで銀の皿でお寿司を注文することにした。
ここで重要なのは、高級であってはならない。特別な日ではないので、リーズナブルなこと。妻からすれば、自分がしんどいから家計に負担がかかったという負い目も感じる。外食すれば、家の前のファミレスにしたって夕食なら4人で5000円は優に超える。しかも僕はお酒を飲む!
「銀のさら」ならちょうど20%offのDMも届いていたし、たまには良いか、と。

続きを読む "銀のさらでプッチン!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.09

流星号が行ってしまった

20140209_192324s退職金を何か形のある物にしておこうと購入した!5年間の僕の相棒、GOLFⅣ GTIが旅だった。といっても、廃車になったわけではない。
15年も乗っていると、さすがにいろんな所に不具合が出る。ここのところ、毎年何かしらの部品交換・修理にそれ相応のコストがかかるようになっていた。今年間近に迫る車検をどうするか、というところで流星号の代替わりという結論にたどり着いただけだ。
幸いにも、思ったよりも早く次の流星号を見つけることができた。当然、マニュアルミッションの車。
20140209_151438s納車はまだ先だけれど、今月中は流星号が必要になることは無さそう。そこで、車検の残りがある流星号に、早く次の婿入り先を見つけるために早めに手放すことにした。

東京と福岡を半分ずつの生活では、15年共に過ごしても、通常の年式の車の半分も走っていない。その割には雪の日の高速道路でパワーウィンドウが上がらなくなったり、ABSが故障しているときに大雨に遭いスリップで対向車線へ飛び出したりと色々あった。納車の翌日は、博多駅そばで死者を出した1999年福岡豪雨に見舞われ高いところに非難したこともあった。でも、不思議と事故には至っていない。パーツの交換が多かった(しかも高額)が、楽しい時間を過ごしたパートナーだった。

3月の解禁には新しい流星号のお披露目となる予定。
子供達にとっても、物心ついたときから我が家の流星号はずっと変わっていない。そうはいっても何年も流星号に乗ってもいない。さて、新しい流星号に乗る機会はいつ来るのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.03

濃霧から春霞の節分

20140203_151537s昨日から妙に暖かく、しかも風が無い。
というわけで、今年初めての釣りに出かけたのが昨日。
そして、今朝目覚めると窓の外は霧で白く霞み、いつもは窓から見えるスカイツリーも全く見えない。隅田川はぺったりとほとんど波紋のたたない穏やかな流れ。
TwitterやFacebookをみてみると、東京だけではなく九州も同じように濃霧だった様子。
20140203_101238s天気図を確認すると、関東から九州までまったく等圧線が無い。これでは風も吹かないから霧も発生するだろう。
午後になり、霧が消えても今度は春霞のような空気感。
福岡に向かうために羽田空港に着くと、普段は東京湾の対岸まで見渡せるのに、霞んで見えない。
風は無く、霞んでいるだけのなんとももやっとした空気。
そんななかで飛び立った飛行機が福岡に着陸するときには、妙に揺れている。
20140203_233009sあんなに安定していた気圧配置だったのに。で、さっき天気図をチェックすると、随分と変わっていた。
このまま天気は崩れ、明日の福岡は、最高適温が1℃、最高気温は4℃にしかならないという。
20140202_204257s東京は雪が降るという予報もある。
さて、福岡は北風が強うだけの寒い一日になるのだろうか?
節分の豆まきは、昨日東京で済ませてきたので、今日は福を迎えられるように暖かくして寝よう!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »