« スーパーで「ウォーリーを探せ」体験 | トップページ | 2014元日の新聞広告は今年も集英社、そして Daiwa House »

2013.12.30

こんな年の瀬に病院に足を運ぶとは

20131230_160859s
朝起きたら右の耳の奥に鈍い痛みを感じた。
数日前から時々痛みを感じていたけれど、年末年始は病院も閉まるし、念のため診てもらった。父は子どもの頃中耳炎か何かがもとで、左の耳がほとんど聞こえない。そんな事になったら、両親から何を言われるかわかったもんじゃない、と。
診断の結果は特に炎症を起こしている様でも無いと、一応抗生物質を出してもらって終了。飛行機での移動が多く、離着陸の際(特に降下時)に耳が痛くなると耳抜きをする事が多いが、あんまりやらない方が良いと注意をされた。

これから何となく1日の予定がドミノ倒しのように狂った。
なんと、頼りになる我が家のルンバも、5分ほどでバッテリー切れで停まってしまったのだ。
どうなってるんだ?

間が悪いことが連続するも、鏡餅や正月飾りも飾ってなんとか一息ついた。
こんな日だからと最後に自社とクライアントさんのWEBサイトを一通りチェックしてみると、1つのサイトで思わぬ表記上の不整合を発見。放置しておくと、休日の間に問題になる可能性もある。クライアントさんとは連絡が取れない。事後報告となるが、今は早急に対応しなければならない。しかし自分では対処ができず、お休み中のO氏に対応していただいた。
最後の最後まで本当にお世話になりました。

Oさんからの対応完了連絡を確認して、今度こそ本年の業務は終了。
明日は、正月用のブリを購入して、がめ煮や卵焼きなどを作ったらお節を重箱に詰め、屠蘇器を出して屠蘇の用意を済ませれば準備万端。夕方からゆるゆると一年を振り返りながら酒が飲めますように。

|

« スーパーで「ウォーリーを探せ」体験 | トップページ | 2014元日の新聞広告は今年も集英社、そして Daiwa House »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18605/58849755

この記事へのトラックバック一覧です: こんな年の瀬に病院に足を運ぶとは:

« スーパーで「ウォーリーを探せ」体験 | トップページ | 2014元日の新聞広告は今年も集英社、そして Daiwa House »