« 雨が降らない梅雨なのに、釣りに行くと雨の6月 | トップページ | 今年は雨にたたられてばかりの梅野川 »

2013.06.25

都議選、石原氏が動いていたら変わっていたかも?

20130616_151844s

参院選の前哨戦ともいわれた東京都議会選挙の投開票結果に、驚いた。
投票率が低く、結果として組織票を持つ自民・公明党から出馬した候補者は全員当選。共産党も議席を伸ばし第3党に。対して、最大議席数を持っていた民主党は、共産党にも抜かれて第4党に転落。

注目の日本維新の会は、3議席から1議席減らして2議席に。みんなの党は1議席から7議席に躍進した。

7月の参議院選挙から解禁されるネット選挙。それに先立ち、LINEが各政党に公式アカウントを解放。主要政党のアカウントを登録していると、各政党毎日ほぼ同じ時刻に幹部のスケジュールなどが配信されてきたので、誰がいつ何処で街頭演説に立つのかわかった。
今回の都議会選挙では、日本維新の会は、もう少し議席を伸ばすと思っていた。東京都は共同代表の石原慎太郎氏がついこの間まで都知事を務めた、いわばお膝元。しかし、各候補の応援演説にもほとんど姿を現さず、週末の街頭での応援演説は橋下徹共同代表ばかり。

これまで、街頭演説にわざわざ足を止めて聞くことは無かった。しかし、今回偶然というか同じ場所で公明党、日本維新の会と代表が2人続けて応援演説をする場に出くわした。そこらじゅうにSPがうじゃうじゃいる。
その場所に着いたとき、公明党の太田前代表が応援演説をしていた。支持者も多い(当然動員をかけているはず)ので、途中の拍手や間の手も入り聴衆と一体になって盛り上がる。太田前代表の演説が終わってその場を去った直後、今度は日本維新の会の橋下共同代表のクルマが到着し、宣伝カーの上に立った。

冒頭、世間をお騒がせしていることに謝罪をし、演説スタート。
「改革を進める時には、非難や批判はつきものなんですよ。大阪府でも大阪市でも、さんざん非難されました。しかし、ちゃんと結果を残して改革は進んでいる。今度は大阪どころか世界から非難されているけれど、僕は負けませんよ。必ず改革を進めてみせます」みたいな始まりで、まあ、自虐ネタ半分で掴みは良かった。ここでこの話は打ち切って、本来の応援演説に移っていれば良かった。
しかし、ここからが長かった。いまさらここで言い訳を延々する必要がどこにあったのか。都議会選挙の応援演説に、わざわざ蒸し返すような橋下さんの発言の良い訳は必要無い。東京都政に対して維新の会の政策、立候補者の功績や人柄を訴えるべきではなかったのか。

石原慎太郎氏がそれぞれの候補者の横に立ち、
「こんな良い奴だから、みんな御願いするよ」
と一言締めたら雰囲気は変わって、自公の独走を止められたかもしれない。残念だ。

|

« 雨が降らない梅雨なのに、釣りに行くと雨の6月 | トップページ | 今年は雨にたたられてばかりの梅野川 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18605/57664070

この記事へのトラックバック一覧です: 都議選、石原氏が動いていたら変わっていたかも?:

« 雨が降らない梅雨なのに、釣りに行くと雨の6月 | トップページ | 今年は雨にたたられてばかりの梅野川 »