« 復興庁参事官の暴言ツイートは誰が「イタイ」のか? | トップページ | ビジネスとしてのメディアとジャーナリズムの葛藤 »

2013.06.17

NTTにできる、振り込め詐欺を抑止する簡単な方法

振り込め詐欺の被害が拡大している。
どうしてあんなこと信用しちゃうの?と誰もが思いながらも騙されて被害に遭っている。
我が実家にも振り込め詐欺から電話がかかってきたが、不審に思った母親が僕の携帯に確認の電話を入れて詐欺であるとわかり被害に遭わずに済んだ。しかし、年々巧妙になるその手口に、いつ騙されるかもわからない。

そもそも、電話がかかってくるからいけないのだけれど、電話を止めることはできないし、動き回る若者ではないのだから携帯電話だけという訳にもいかない。親戚同士の連絡方法はまず間違いなく固定電話だ。
ならば、一つの提案。

それは、ナンバーディスプレイを標準のサービスにすること。電話に家族の携帯番号を登録していれば着信時に誰からのものかもわかる。携帯電話では、発信者の番号表示は非通知にしない限り標準。着信履歴も残るし、非通知は着信拒否にもできる。
しかし、固定電話ではオプションでナンバーディスプレイに加入しないとそのサービスは受けられない。工事費がかかる上に月額400円ほどの追加料金もかかる。
お年寄りにこんなサービスがあるので加入してくださいといっても、まず誰も申し込まないだろう。メリットも設定方法もわからなければ、有料のサービスに申し込むことはない。

一方、詐欺師からすれば発信者番号は残るし、非通知を着信拒否にしていれば繋がらないので、格段に犯行の逮捕リスクが高まる。警察や銀行からの連絡で携帯番号はあり得ない。知らない(登録していない)携帯電話からの着信は全て詐欺師と思っても良いくらいに伝えれば良い。うちの84歳の親父は、携帯に登録されていない番号からの着信は無視している。登録している人以外には番号を知らせていないので、かかってくるはずが無いから。

NTTにしてみれば、ナンバーディスプレイのオプションで得られている収入を失う事は大変な損失ではあるだろうが、犯罪を減らし、被害者を拡大しないためにも是非検討して欲しいと思うが。電話料金で薄く広く負担するという手もある。
今時販売されている電話機はナンバーディスプレイに対応しているのが当たり前なので、器機的な問題は無いはずだ。

※朝早く妻の携帯に、非通知の電話がかかってきたことがあるという。
出ると「オレ、オレ」としきりに咳をしながら言うので、「誰?」とかえしても「オレ、オレ」と言うだけ。
寝ぼけてるし面倒くさいので切ったらしい。
これは恐らく振り込め詐欺。無差別に電話して「オレ、オレ」と咳をしながら相手の反応を伺っていたのだろう。声の年齢や応え方でカモの番号を探しているのに違いない。
固定電話だけでなく携帯電話にもかけてくるようになったということか。

7月9日追記
この記事をリンク・案内してくれた友人のブログで、こんな商品があるのを紹介していたので追記します。
「振り込め詐欺撃退電話アダプターが出た。お年寄りのいる家庭に教えてあげてね」-More Access! More Fun!

|

« 復興庁参事官の暴言ツイートは誰が「イタイ」のか? | トップページ | ビジネスとしてのメディアとジャーナリズムの葛藤 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18605/57603521

この記事へのトラックバック一覧です: NTTにできる、振り込め詐欺を抑止する簡単な方法:

« 復興庁参事官の暴言ツイートは誰が「イタイ」のか? | トップページ | ビジネスとしてのメディアとジャーナリズムの葛藤 »