« シャトーパルメ福岡騎士団 2013総会と、思い出の1981 | トップページ | docomoでカイさんに »

2013.04.14

梅野川 2013 初釣りは撃沈。

1304143s古湯の桜が終わると、梅野川に足を運ぶのが楽しみとなっていた。古湯の標高はおよそ200m。対して、梅野川あたりはおよそ400m。だいたい4月中旬くらいに桜が満開となり、ヤマメも元気になってくる。里川ではないので、このくらいからでないとなかなかドライの釣りが楽しめないからだ。しかし、今年は桜の開花が早かったので、昨年よりも少し早いはず。
1304141s満を持しての梅野川釣行、夜明け前に家を出て流星号を走らせた。中津江の駐在所近くの電光気温表示は6℃。昨年はこの時期ちょうど桜が満開だったが、今年は既に葉桜となっていた。まずはいつものお店で今年の遊漁券を購入し、川の状況を聞く。昨年の豪雨で川の様相は変わり、その後の復旧工事などで護岸工事も進んだと聞いていた。
1304142s遊漁券を購入して、いつもの場所にクルマを止めて入渓ポイントに立つと看板が立っている。なんと、まだ昨年の水害の復旧工事が終わっていなかった。上から覗き込むと、川の様子は明らかに違っていた。工事によって流れてくる土砂で、プールは埋まり、岩は隠れていた。これではどこにヤマメが付くのか?そう考えながらC&R区間の最下流、鯛生川との合流ポイントから入渓。

1304144s_2渓相も変わり、ヤマメどころか魚の気配が感じられない。気温も水温も低く、とてもドライに反応するような状況ではない。昨年までならヤマメが溜まっていたプールでも、魚影は見えない。それでも、水深がありそうなプールではニンフを流してみるが、なんの反応も無し。そこへ漁協のU氏がやってきた。

 「今年もよろしく御願いします。ずいぶん渓相変わりましたね」
 「重機を入れて、これでも大分修復したんですけどね。まとまった雨が降れば、土砂を流してまた岩の周りやプールが良い感じになるはずなんですが」
 「魚の気配が全くしませんよ」
 「私が歩きながら魚は入れているので、全域にヤマメは確実にいるはずです。昨日もドライで35cmが出てますよ」
 「水温が低いからですかね」
 「先週は雪が降って-2℃だったから、今日はまだ暖かいですよ。昨日は、餌釣り師が入って3匹持ってたので捕まえました。」
と言うやりとりをして別れた。
ここは本当に漁協がしっかりしているから、安心して来れるのだ。

しかし、その後も魚の気配は感じられない。暫くはニンフで深場を探っていくしかなさそう。
ニンフで釣り上がり、気温も上がってきた11時過ぎ、昨年と変わらず流れが岩の壁に当たり深場ができている場所に、岩陰深くニンフを沈めてみると、喰った!
しっかりとフライをくわえ水面に姿を現したヤマメは、尺を優に超える素晴らしい魚体。しかしそこからなかなか寄らない。岩陰に逃げようとするヤマメをいなしながら、なんとかもう一度水面にあげようとするがさすがに力が強い。数分の格闘の後、ふっとロッドが軽くなった。ラインブレーク。
どうやらフライが顎にかからず口の中に入っていたようで、歯でティペットが切れたようだ。逃がした魚は大きかった。
水温は少し上がったのか、その後も2度ほどヤマメが姿を現しフライをくわえたが、フッキングには至らず堰堤下まで釣り上がって午前を終了。

1304145s昼食をとり、午後は堰堤の上から釣り上がる。
今日の目的の一つは、下から上まで一通り釣り上がって川の様子を確認すること。
釣り上がり始めてすぐに、困った事が起こった。先行者に追いついてしまったのだ。ドライで釣り上がる先行者を追い越すわけにもいかず、ペースを落として、プールでゆっくりと釣ることにした。水温が上がり活性が上がったのか、プールでは魚影が見えるようになってきた。
そして、やっとランディングできた梅野川初ヤマメは、15cmほどの綺麗な魚体。
しかし、その後釣れてくるのはイダさんばかり。1304147sプールの魚影を凝視すると、大きな影はみなスリムな黒い魚体にとんがった尾びれ。イダさんだ。
やはり、ヤマメは見えるところには姿を現さない。
ゆっくりと釣り上がり、いつも大きなヤマメが溜まっている中間管理施設の前のプールに。ここは相変わらず魚影が濃いが、やはり見えているのはイダさんが大半。しかし、深いところには大きなヤマメらしい魚影も見える。
1304149sここでやっと20cmオーバーのヤマメが釣れたが、背中にはクチバシの痕。危うく鳥の胃袋に収まる難を逃れたのだろう。直後に雨が落ちてきたのでこれで本日は打ち止め。一通り流しての感じでは、土砂の流入や工事で、昨年から残ったヤマメは川を下ったかどこかに行ったのだろう。明らかに絶対数は昨年よりも少ない感じだ。納竿してクルマに戻ると、直後から激しい雨となった。
ベストタイミングで脱渓できたと思いながら、流星号を川沿いに走らせると、たくさんのクルマがまだ止まっていた。そこには山おやじさんのクルマも。梅野川は脱渓ポイントが少ないから、突然雨に降られると大変。雨具は持って入渓しているだろうが、この雨はしんどいだろうなあ。
みなさん、お疲れ様でした。

とにもかくにも、久しぶりにシビアな梅野川初日となった。

|

« シャトーパルメ福岡騎士団 2013総会と、思い出の1981 | トップページ | docomoでカイさんに »

コメント

おひさしぶりです。
前の日(土曜日)に梅野川行ってきました。
状況は似たようなものですが、解禁当初からニンフで釣りまくっているので今後ドライに出るか不安ですね。
それとお持ち帰りの餌師が後を絶ちませんね。
今年は蜂の巣湖の方が有望かも・・(^-^)

投稿: haari(dragondash) | 2013.04.17 09:32

梅野川厳しい釣りに、私も午前中上流に入ったらいきなり先行者がプールで動かないのでもうひとつ上から入りちびちゃんばかりでした、午後も下流でまた先行者で何とかドライで20cmがやっとでした、上と下で入れ違いでしたね。

投稿: 山おやじ | 2013.04.17 12:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18605/57187187

この記事へのトラックバック一覧です: 梅野川 2013 初釣りは撃沈。:

« シャトーパルメ福岡騎士団 2013総会と、思い出の1981 | トップページ | docomoでカイさんに »