« ごみの収集は深夜がよいか、朝がよいか? | トップページ | シャトーパルメ福岡騎士団 2012特別例会 »

2012.11.18

大同小異か小同大異か、維新の会と太陽の党の合流で考えた

ここのところ、忙しくてブログを書く暇が無かった。
その間に田中文科大臣の大学設置認可に関わる騒動もあったし、ここで取り上げたいこともいくつかあったのだが、そうこうしているうちに野田総理の解散宣言。

解散総選挙となった途端にいろいろな事が動き始めた。その中でも石原慎太郎氏と橋下徹氏の動きに注目が集まった。そしてついに11月17日、石原代表の太陽の党と橋下代表の日本維新の会が合併。
テレビや新聞では、政策の違いがうんぬんと言っているが、当面の目的は選挙に勝つこと。自民でもなく民主でもないという選挙民の票を取りに行くという事では今回の合併は必然ともいえる。

橋下徹は嫌いだけど維新の会には期待したいという層がいる。
太陽の党はどうでも良いが、石原慎太郎は好きだという人がいる。

今回の合併で、石原慎太郎氏が代表になったことは、選挙では大きな意味を持ったといえる。比例代表制で政党名での投票では、過去の選挙で「代表名新党」が有効票となっている。例えば、鈴木宗男代表の新党大地は、「宗男新党」も有効だったし、田中康夫代表の「田中新党」も有効となった。
当然、今回の選挙でも「石原新党」は有効であるだろうし、投票所にも記入例として表示されるだろう。
投票用紙に「日本維新の会」と書くよりも「石原新党」と書く方が楽だし、政党はどうでも全国にいる石原ファンは、選挙区に関係なく「石原」と気兼ねなく投票用紙に記入できる。橋下氏は市長を続け、衆院選に出馬しないのだから「橋下新党」だったら、得票数はぐんと減るだろう。これはあくまでも勝手な予想ではあるが。政党を決めずに投票に来た無党派層に、選挙活動ができなくなった投票当日に、最後の一押し。レジに並んで最後にレジ横の1品に手を出させるような効果も期待できる。

とにかく比例で当選してしまえば、離党しようと分党しようと議員の資格を剥奪されることは無い。立候補者にとっては国会議員となり、議員バッチをつけること。これが当面の目標なのだから、勝つ確率が高くなるのであれば、何でも歓迎だろう。だから、「減税日本」もなんとしても「石原新党」に合流したいに違いない。

※追記
期日前投票を済ませたが、投票所の記入台に貼ってある記入例には、上記例はなし。果たして石原新党が有効票になるのかどうかは、結果を見ないとわからない。

|

« ごみの収集は深夜がよいか、朝がよいか? | トップページ | シャトーパルメ福岡騎士団 2012特別例会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18605/56134381

この記事へのトラックバック一覧です: 大同小異か小同大異か、維新の会と太陽の党の合流で考えた:

« ごみの収集は深夜がよいか、朝がよいか? | トップページ | シャトーパルメ福岡騎士団 2012特別例会 »