« 有名人は辛いよ。国内線で一緒になった著名人 | トップページ | この状況は男性天国?女性天国? »

2012.05.12

シビアになった梅野川ではイダさん3尾

20120512182週間ぶりの九州での釣行。この間、GWもあったし、ヤマメはそうとうにシビアになっているはず。
それを覚悟の上で良型を求めてやはり梅野川へ。
午前7:30にいつもの場所に流星号を着けると、前回一緒になったflyfisherが。既に準備を整えてこれから入渓しようというところ。「どこから入渓しますか?」と尋ねると、「下流から」。
ということは僕は距離を置いたずっと上から入らざるを得ない。幸いなことに、他に釣り人の姿はない。どこからでも好きに釣り始められる。下流部以外は。
201205122前日からの寒波で気温が下がり、村の入り口の温度表示は14℃、水温も低く虫のハッチも見あたらない。すれてシビアな上に活性は低い。魚影もライズも見あたらない。フライを流してもそう簡単には出てくれない。
最初の一尾は流れの中の岩陰から飛び出した20cmほどのヤマメ。その後も姿は現すものの、直前で引き返すばかり。出ても小さなサイズ。

201205126結局、梅野川らしいサイズをあげることなく、前半の釣り止めの堰堤下まできてしまった。一度脱渓して上流へ移動。

上流域は、堰堤上から入渓すると、脱渓ポイントは中間育成場の下まで無い。しかもそこから入渓ポイントまで道を戻るとなると、ぐるりと一度山を登るような形で遠巻きに20分以上歩くことになる。釣り終えてこの道を戻る(登る)のは結構きついので、脱渓ポイントの中間育成場そばに流星号を停めて、そこから歩いて入渓点まで行くことにした。201205127途中昼食代わりのパンをかじりながら栄養補給しつつ。

僕の前には2人入渓しているということだったので、距離と時間を詰めないよう、ゆっくり目に釣り上がることに。

2012051212午後も相変わらずシビアなヤマメの反応は変わらないものの、ハッチは盛んになり流れにライズも見えるようになった。
小さな流れにライズ発見。カディスを流すも全く反応無し。しかしライズは続く。フライを#20のクイルボディパラシュートに替えて流すと一発で出た。小さな流れの割に大きなヤマメ。納得の26cm。

しかし、その後はライズでも出るヤマメは20cmあるかないかばかり。良いサイズのヤマメも出てはバラシ、岩の下に潜られラインブレークと良いとこなし。最後のポイントとも言える中間育成場下のプールでは、ドライでは反応無いのでニンフで攻める。27cmのヤマメも出たものの、大きなイダさんが2尾も釣れてがっかり。
消化不良なので、下流に戻って30分だけ竿を出したら、またもイダさん。イダさんが釣れると言うことはヤマメにやる気がないことの証拠。

次回は、ヤマメをもっとやる気にさせるフライを用意しないと、プールではイダさんしか相手にしてもらえない。
さて、何を用意しようか?

|

« 有名人は辛いよ。国内線で一緒になった著名人 | トップページ | この状況は男性天国?女性天国? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18605/54705064

この記事へのトラックバック一覧です: シビアになった梅野川ではイダさん3尾:

« 有名人は辛いよ。国内線で一緒になった著名人 | トップページ | この状況は男性天国?女性天国? »