« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月の記事

2012.05.12

シビアになった梅野川ではイダさん3尾

20120512182週間ぶりの九州での釣行。この間、GWもあったし、ヤマメはそうとうにシビアになっているはず。
それを覚悟の上で良型を求めてやはり梅野川へ。
午前7:30にいつもの場所に流星号を着けると、前回一緒になったflyfisherが。既に準備を整えてこれから入渓しようというところ。「どこから入渓しますか?」と尋ねると、「下流から」。
ということは僕は距離を置いたずっと上から入らざるを得ない。幸いなことに、他に釣り人の姿はない。どこからでも好きに釣り始められる。下流部以外は。
201205122前日からの寒波で気温が下がり、村の入り口の温度表示は14℃、水温も低く虫のハッチも見あたらない。すれてシビアな上に活性は低い。魚影もライズも見あたらない。フライを流してもそう簡単には出てくれない。
最初の一尾は流れの中の岩陰から飛び出した20cmほどのヤマメ。その後も姿は現すものの、直前で引き返すばかり。出ても小さなサイズ。

201205126結局、梅野川らしいサイズをあげることなく、前半の釣り止めの堰堤下まできてしまった。一度脱渓して上流へ移動。

上流域は、堰堤上から入渓すると、脱渓ポイントは中間育成場の下まで無い。しかもそこから入渓ポイントまで道を戻るとなると、ぐるりと一度山を登るような形で遠巻きに20分以上歩くことになる。釣り終えてこの道を戻る(登る)のは結構きついので、脱渓ポイントの中間育成場そばに流星号を停めて、そこから歩いて入渓点まで行くことにした。201205127途中昼食代わりのパンをかじりながら栄養補給しつつ。

僕の前には2人入渓しているということだったので、距離と時間を詰めないよう、ゆっくり目に釣り上がることに。

2012051212午後も相変わらずシビアなヤマメの反応は変わらないものの、ハッチは盛んになり流れにライズも見えるようになった。
小さな流れにライズ発見。カディスを流すも全く反応無し。しかしライズは続く。フライを#20のクイルボディパラシュートに替えて流すと一発で出た。小さな流れの割に大きなヤマメ。納得の26cm。

しかし、その後はライズでも出るヤマメは20cmあるかないかばかり。良いサイズのヤマメも出てはバラシ、岩の下に潜られラインブレークと良いとこなし。最後のポイントとも言える中間育成場下のプールでは、ドライでは反応無いのでニンフで攻める。27cmのヤマメも出たものの、大きなイダさんが2尾も釣れてがっかり。
消化不良なので、下流に戻って30分だけ竿を出したら、またもイダさん。イダさんが釣れると言うことはヤマメにやる気がないことの証拠。

次回は、ヤマメをもっとやる気にさせるフライを用意しないと、プールではイダさんしか相手にしてもらえない。
さて、何を用意しようか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.05.11

有名人は辛いよ。国内線で一緒になった著名人

たまには釣り以外のネタも書いてみよう。

というのも、今日、東京から福岡への飛行機で阪神タイガースの城島選手と一緒になったことで、色々と思い出したことがあるから。

城島選手は、ある意味僕とは同期。福岡ドームに赴任した年、王貞治氏が監督に就任。進学を希望していた城島選手を口説き落としてこの年に入団した。宣伝部長として、ファンクラブの責任者として、球団フロントとは密なコミュニケーションを取っていたが、選手はいわば個人事業主であり、フィールドのプロフェッショナルとして距離を置いていた。それでもポスターや印刷物の制作の際に写真撮影をしたり、ファンクラブのイベントに協力依頼をしたりと、接点はいろいろとあった。もう、10年以上も前の話。
そんな昔の事を持ち出して話しかけても覚えてもいないだろうし、何よりも一人の時間を邪魔しちゃ悪いと思ったから(隣の席ならもちろん話しかけていたが)静かに様子をうかがっていた。

城島選手を見て思いだしたのが、かつて飛行機で一緒になったことがある工藤選手、ダルビッシュ選手、栗山監督(当時は解説者)などの野球選手を始めとして、おすぎさん(KBCの朝の番組に出演するために、毎週前日入りし、よく一緒になった)、IKKOさん、海老ちゃん、ジュディ・オングさんほか芸能人の誰もが、プレミアムクラスに乗っていながらコーヒーなどのソフトドリンクしか口にしなかったこと。芸能人ではないが、ローソンの新浪社長や三宅久一さんも同様だった。
城島選手も、席に座るや着陸するまでずっと寝ていた。

一方、政治家ともよく一緒になった。
多いのは、福岡から東京に行く最終便。
山崎拓氏や猪瀬直樹氏(当時はまだ副知事ではなかったが)、小池百合子大臣とはその最終便で一緒に乗り合わせた。
麻生太郎議員(当時)や原口一博議員(当時)などとは東京から福岡への昼の便。
議員さんに共通するのは、プレミアムクラスではなく一般席の一番前の席に座っていること。

スポーツ選手も芸能人も代議士も、飛行機に乗っていても常に見られていることを意識せずにはいられない職業。ソーシャルメディアがこれだけ浸透し、誰でも情報発信できるようになると、どこで何を書かれるかわからない。飛行機の中で酒飲んで くだなんてまこうものなら、降りた途端にtwitterやfacebookで一気に広まってしまう。
だから、公共交通機関では黙って本でも読んでいるに限る、ということでしょう。

僕はアップグレードポイントでたまにプレミアムクラスに乗るだけなので、そんな時にはここぞとばかりに食事やお菓子は残さず口にするし、酒も酔うほどに飲んでしまう。だから、到着地で仕事がないときにしかアップグレードはしない。

数千円もの料金をプラスして、静かに席を温めるだけのお客様。
航空会社にとっては、とても有り難いお客様でしょうね。

※名前は出しませんが、とっても態度が悪い代議士さんとも一緒になり、がっかりしたこともあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.05.05

養沢毛鉤専用釣場の災難と釣り人の支援

201205058子どもの日だというのに、自分が子どもに戻る日と勝手に決めて、早起きして今年最初の養沢毛鉤専用釣り場へ。
GWに一度足を運びたいと思ってホームページを覗いたら、なんと4月28日未明に火災が発生して事務所が焼失したとある。しかし、その日のうちに仮設テントで営業再開していた。

営業しているなら、顔を出す、入場料を払って竿を出すのが一番の支援。と、朝から出かけた。高速は渋滞するだろうし遠回りしない分走行距離も短いので下道で行くことにした。走行距離は約70km弱、2時間ちょっとで到着。
2012050511到着はしたものの、いつも釣り人を優しく迎えてくれたログハウスは真っ黒な炭と化し、ブルーシートで覆われた痛々しい姿となっていた。敷地内のログハウスの正面、駐車場の片隅にテントが張られ、そこが仮設の受付となっていた。テントの文字を見ると、「日本赤十字社 東京都支部」。こんな時にも赤十字社は頼りになる。
7時半過ぎの受付で、45番。既に僕の前に44人も。
201205053さて、どのポイントから入ろうか、と車を走らせると駐車場がどこもいっぱい。44人、平均1.5人で車に乗ってきたとしたらもう30台がこの周辺に来ている勘定。
なんとか神谷橋横の駐車場に空きスペースを見つけ、準備完了。いざ出発。しかし、どこを見ても釣り人。まあ、自然渓流ではあるが、管理釣り場だからしかたないか。5月2日・3日の大雨に加え、前日のにわか雨の影響で水量はかなり多い。しかし濁りはほとんど無し。

2012050512釣り人の多さと水量の多さに苦労しながらも、綺麗なヤマメが顔を出してくれた。
小さいながらも、九州では見ることのできないブラウンも。このサイズだと当歳魚か?養沢ではブランの放流は数年前からやっていないというから、ここで再生産・自然繁殖しているのだろう。川の状態が良い証拠でもある。
201205056お昼の時点で入場者数は105人だと聞いた。最終的には何人入場したのか聞きそびれたが、養沢を愛する多くの釣り人が同じような思いでやってきたのだろう。
事務所はもう一度建設するということだが、今シーズン中は無理だろう。
再建資金を支援するためにも、みんなで足を運ぶのが一番。

それにしても、100人も入場すると、釣る場所探すのに苦労するから考えものだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »