« 一泊二日で梅野川釣行-初日は宿探し | トップページ | 養沢毛鉤専用釣場の災難と釣り人の支援 »

2012.04.29

釣り人の執念恐るべし-梅野川釣行2日目

2012042915釣行2日目、朝5時に起床。
そとはまだ薄暗い。梅野川まではクルマで5分ほどの距離なので、ゆっくりと準備しても1番乗りできると高をくくっていた。
愛子ちゃんちを出て山を下り、中津江振興局前の気温表示は9℃。梅野川に到着すると目指したポイントには既にクルマが!その次の入渓ポイントにも既に釣り人が支度をしていた。まだ6時前だというのに。
結局、最上流部の中間育成施設前に流星号を停めて、入渓。早朝は気温も水温も低いので、ドライで厳しいことは想像に難くない。育成施設前の大物が付いているプールで暫く様子を見ることにした。
川に降りると、案の定虫のハッチはまだ見られない。それでも先ずはドライフライを結んで、いつも反応があるポイントを攻めるも何の反応も無し。やっぱりまだドライは厳しいと判断し、メインのプールをニンフでせめる。
201204295朝一番、ニンフでは反応が良い。8寸、9寸のヤマメが次々と出るが、尺は出ない。しかし、どの魚も銀毛した綺麗な魚体。
1時間ほど過ぎた所で、下流へ移動。先に入った先行者の影響もそろそろ薄らいでいるだろう。

虫のハッチも始まり川が活気づいてきた。しかし、ライズもなくドライへの反応はまだまだ。暫くはプールをニンフで攻め上がる。明らかに尺を超える大物をかけたが、岩の間に潜り込まれてラインブレークもあったりしながらも順調に数を延ばす。9時を過ぎる頃にはライズも見られるようになり、ドライにチェンジ。
ここからは、これぞという流れのポイントからは良いぐあいにヤマメが出るようになった。
そして今年3尾目の尺ヤマメを流れの中からゲット!

2012042918昼食を取るために脱渓して途中川をのぞき込むと、山おやじさんの姿が。流星号の後ろには見慣れた山おやじさんの車。

流星号で休んでいると、漁協のお兄さんが。話こんでいると今度は、やはり古湯の常連さんのレオーネが停まった。聞くと、午前中は3人で上野田川の方で釣っていたが、全く釣れなかったらしい。それで梅野川へ場所を変えて、イブニングまで釣って帰るつもりという。
2012042920コーヒーをご馳走になり、暫く談笑。3人は下流から、僕は再び上流の中間育成施設の下から入渓することにしてそこで別れた。

後半もそこそこに反応はあるものの、尺を超える大物は出ずじまい。連休中だし、帰りの渋滞を想定して16時過ぎに竿を納め、週末のお約束「あ、安倍礼司」を聴きながら家路についた。

|

« 一泊二日で梅野川釣行-初日は宿探し | トップページ | 養沢毛鉤専用釣場の災難と釣り人の支援 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18605/54600260

この記事へのトラックバック一覧です: 釣り人の執念恐るべし-梅野川釣行2日目:

« 一泊二日で梅野川釣行-初日は宿探し | トップページ | 養沢毛鉤専用釣場の災難と釣り人の支援 »