« 景気回復が被災地の支援にも繋がる | トップページ | マスメディアの過去・現在・未来 »

2011.03.17

「広告」の力とはこの程度のモノなのか?

CMが流れるようになったが、相変わらずほとんどがAC(公共広告機構)ばかり。
この様な状況では、流すことをはばかられるようなCMしか流していなかったということか。
ユニクロやAOKIがCMを流しているところを見ると、企業・宣伝担当者の保身から怖くてCMを流せないのだろう。

911の直後、アメリカでは多くの企業や個人が、広告という形で様々なメッセージを発信していた。

広告代理店やクリエイター、企業の宣伝担当の皆さんへ。
今こそ、「広告」の力で日本を元気にするときではないのか?
その力を見せるときではないのか?

TVを見ながらもどかしさを覚える。

|

« 景気回復が被災地の支援にも繋がる | トップページ | マスメディアの過去・現在・未来 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18605/51141386

この記事へのトラックバック一覧です: 「広告」の力とはこの程度のモノなのか?:

« 景気回復が被災地の支援にも繋がる | トップページ | マスメディアの過去・現在・未来 »