« このまま夏が来るとCOOL BIZでも追いつかない | トップページ | 春はやってくる »

2011.03.26

津波に襲われた町

Dsc062553月11日、午後2時46分。東日本を巨大な地震が襲い、その直後には大津波が三陸の町を、さらには福島の原子力発電所までをも飲み込んだ。
そして、地震発生から遅れること2時間半。2mを超える津波が千葉県の小さな漁業の町を襲った。津波は、海岸の防波堤を乗り越え、集落を襲った。
しかし、それをテレビで報じる事はほとんど無かった。

あまりに衝撃的な三陸の大津波の映像は、いかにもテレビ的にインパクトがあり、しかも被災者の数も桁違いに大きい。首都の足下、千葉県や茨城県の被災状況は他に何も無い時であれば大災害と言えるものでも、三陸のそれに比べれば小さく見えてしまう。加えて、千葉や茨城は東京キー局が放送をカバーするエリアであり、従って系列のローカルな放送局が無い。岩手や宮城、福島県には、民放のローカル局があり、そこから東京のキー局へ映像が送られるが、それがないことも災いした。連日テレビでは三陸を襲う大津波の映像と、その被災地の様子ばかりが繰り返し流された。

Dsc06232Dsc06234地震から2週間が過ぎ、地震・津波は過去の災害となりつつある。現在進行形の福島第1原子力発電所の事故が、マスコミの最大関心事となった。さらに、東北の被害状況に加え、企業の生産設備や物流機構の被災状況がわかるにつれ、新たな問題が明らかになってきた。供給能力の低下による品不足、買い占めとヒステリックな購買行動。その一方で自粛からくる経済活動の落ち込み。
次から次に起こる新たな問題をマスコミは追いかける。そして、千葉や茨城の被災は過去のものとなりつつある。

                   ●

1995年1月、阪神淡路大震災が起こり、東京から関西の協力スタッフの安否確認の電話を連日かけ続けた。その時一人のライターさんにこう言われた。
「私たちは大丈夫です。ただ、情報誌もジャーナリズムの端くれを担っていると私たちは思っています。是非、今の神戸の状況を見ておいて欲しい。きっと将来役に立つはずだから」と。
しかし、直後に決まった転勤などで、神戸を訪れたのは1年後となってしまった。既に、神戸の町は震災から奇跡の復活を遂げようとしていた。以来、このライターさんの言葉は、僕の記憶の中にキズのように残った。

6年後、2001年に起こった911テロ。阪神淡路大震災が日本の一つの転換点になったように、この事件は世界を大きく変える転換点になる、と思った。そして、自分の記憶のキズがうずくのを覚え、自分の目で現場を見、音や臭いも感じ、記憶しようと、出かけた。

                   ●

Dsc06245東日本大震災で大津波に飲まれた三陸の被災地は、とても我々が足を踏み入れられる所ではないし、行くべきでもない。一方、茨城や千葉の状況はマスコミもほとんど取り上げないのでわからない。ネットで千葉日報などの記事を調べて、旭市飯岡を目指すことにした。
既にボランティアも現地に入っている事もわかったが、今の僕たちに手伝えることはない。災害復旧作業の邪魔になるようだったら引き返そう。もし、保育園や幼稚園があれば、こども達の様子を見て、困っていることを聞いてこようと、mikuも100部携えて長男と共に出発。

首都高湾岸線は、東京ディズニーリゾートの休園もあり、車の数は少ない。有料道路は極めてスムーズに、一度の渋滞もなく抜けて東金道路から国道126号へと車を進める。賑わう国道から右に折れ、九十九里浜沿いの道路に出て海岸沿いを北上。地震で倒壊したであろう古い家屋はあったものの、途中目立った被害は無かった。
しかし、旭市飯岡地区に入った途端、津波による被害がわかるようになる。
海側の歩道のガードレールは全て無くなり、支柱だけが海と反対に傾き、ムーミンのにょろにょろが行進しているような姿になっていた。国道に面した建物は基礎だけを残して何も残っていない家、あるいは残っていても1階部分は損壊している家ばかり。
やがて、「被災箇所片付け中につき、関係車輌以外の通行をご遠慮願います」の立て札。しかし、片側1車線の狭い道、Uターンする場所もないのでそのまま進み、とにかく邪魔をしないように町を通り抜けることにした。
町中にはいると、津波で流されたのだろう、天井が潰れた自動車や自動販売機、一階が素通しになった商店や民家などが道沿いにならび、ボランティアの人達が家の片づけを手伝っていた。途方に暮れる段階は既に過ぎ、復活に向けた息遣いが感じられた。
Dsc06243町はずれのセブンイレブンに車を停め、飲み物を購入して海を眺めると、遠くに消波ブロックがあり、その先に浪が砕けていた。
再び車に乗り込み、何もできないまま町を出ることにした。
町中をゆっくりと抜けて、旭市役所方面に車がさしかかる頃には、町並みも人々の様子もまるで様子が違っていた。地震も津波も別世界のように、ファミレスやファーストフード店は普通に営業している。
被災地とそれ以外の場所。その距離は数百kmかもしれないし、わずか1mの違いかもしれない。

距離の問題ではなく、今、生きるために助けを求め、耐え、努力している被災者がたくさん居るということを忘れてはいけない。そして、彼らは決して弱くはない。むしろ、失うことを恐れて何もできず、その場を取り繕うことに汲々としている誰かさんよりは前向きに事態に向き合う勇気を持っている。少なくともそう信じたい。

|

« このまま夏が来るとCOOL BIZでも追いつかない | トップページ | 春はやってくる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18605/51222928

この記事へのトラックバック一覧です: 津波に襲われた町:

« このまま夏が来るとCOOL BIZでも追いつかない | トップページ | 春はやってくる »