« 濃霧で幻想的な朝 | トップページ | 冬至は柚湯で »

2009.12.19

人身事故で遮断機が下りたまま

Dsc04761東武線牛田駅で人身事故が発生。浅草~北千住間の運行が取りやめになった。
駅構内で事故は起こったようで、当該列車はホームに留まったまま。対抗する列車も駅に進入する直前で留まっていた。この時点で、事故発生からすでに1時間が過ぎているので、駅に進入しようとした列車の乗客はどうなったのかが気になる。ひょっとして、まだ車中かも。
Dsc04760駅の前には消防車や救急車、パトカーが何台も並んでまるで火事のよう。

駅の直ぐ横には踏切があり、駅に進入してきた列車の立ち往生のため、遮断機が下りたまま。警察官が遮断機を持ち上げ、歩行者だけを通してくれていた。
高架になっていない踏切は、踏切事故だけでなく、こういうことも起こってしまうのだと妙に納得した。

blog←読んだらクリック!

|

« 濃霧で幻想的な朝 | トップページ | 冬至は柚湯で »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人身事故で遮断機が下りたまま:

« 濃霧で幻想的な朝 | トップページ | 冬至は柚湯で »