« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月の記事

2009.12.31

新年を迎える準備完了

Dsc04783お掃除も完璧とは言えないまでも、ある程度やって、買い物も一通り完了。おせちの用意も屠蘇器の準備もできた。

あとは、お風呂に入って紅白とガキつかを交互で見ながら鍋とお酒で年を越すだけ。
飲み過ぎで、いつ年が明けたかわからないような事にだけはならないよう、注意。
さあ、来年も良い年にしよう!

blog←読んだらクリック!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.12.29

富士はやっぱり日本一

Dsc04778空気が澄んで、窓からの見晴らしがすばらしい東京へのフライト。
眼下の景色はGoogle Earthで見ているような、クリアで詳細な地形。海岸線もくっきり、鳴門の渦まで見える。
駿河湾上空から見る富士は、これぞ日本一の山。後ろには雪をいただく南アルプスが見える。

今夜は、クライアントさんとの忘年会で仕事納め。
この景色のように、クリアな良い年で終わりたい。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.24

メリークリスマス

Dsc04767今年はクリスマスイブを東京で。
メインディッシュはケンタのフライドチキンではなく、瀬戸牧場のスモークチキン。
それに、下仁田ネギのグラタンで、僕はスパークリングワイン。
食後にはクリスマスケーキで締め。

サンタクロースの到来を待ちわびながら、子供たちは布団に入りました。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.22

冬至は柚湯で

Dsc04764同窓会役員会を終えて帰宅すると、風呂には柚が。
今日は冬至だった。
こういう時には、両親と一緒に住んでいることがありがたい。自分一人では、こんなことまではやらないだろうから。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.19

人身事故で遮断機が下りたまま

Dsc04761東武線牛田駅で人身事故が発生。浅草~北千住間の運行が取りやめになった。
駅構内で事故は起こったようで、当該列車はホームに留まったまま。対抗する列車も駅に進入する直前で留まっていた。この時点で、事故発生からすでに1時間が過ぎているので、駅に進入しようとした列車の乗客はどうなったのかが気になる。ひょっとして、まだ車中かも。
Dsc04760駅の前には消防車や救急車、パトカーが何台も並んでまるで火事のよう。

駅の直ぐ横には踏切があり、駅に進入してきた列車の立ち往生のため、遮断機が下りたまま。警察官が遮断機を持ち上げ、歩行者だけを通してくれていた。
高架になっていない踏切は、踏切事故だけでなく、こういうことも起こってしまうのだと妙に納得した。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.14

濃霧で幻想的な朝

Dsc04758朝起きて、カーテンを開けるとなんだか不思議な光景。
明るいけれど日が射していないし、かといって雲が見えている訳でもない。
何かが見えるというよりも、霞の中にぼんやりと浮かんでいる感じ。
風もなく、空気だけが冷たくて、高原にいるようないい感じの朝でした。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.10

日田羊羹が届いた!

Dsc04757_2田舎の叔父から、お歳暮が届いた。
好物の日田羊羹。
この箱全部が羊羹。
一般的な羊羹は、細長い棒状だが、この日田羊羹は厚手の単行本のように平べったくて大きい。
寝る前に熱いお茶と一緒に食べるのが寒い夜には良い。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.08

ホテル イルパラッツォ

Dsc04751デザイナーズホテルの元祖、ホテル イルパラッツォ。
開業して20年後の今年全面リニュウアルしたが、オリジナルのコンセプトは残っている。
その一つがこの時計。
建物の配置は左右対称で、時計も左右対称に2つ設置してある。
開業当時からのこの時計は、今も変わらず時を刻んでいる。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.06

再度、九重フィッシングリゾートへ

Dscf0270先週、初めて訪れた九重フィッシングリゾート。そんなに寒くもなく、同行した母親は落ち葉の中に足を入れていれば暖かかったと言っていたくらいで、水棲昆虫のハッチもあり、良い釣りができた。
それに味を占めて、再び友人のS氏を誘って行くことにした。
今度は2時間と言わず、朝から行って一日釣ろうと。
10:30くらいに現地に到着。車を停めるスペースがないくらいに釣り人がいっぱい。見覚えのあるVWのバスも停まっている。なんでも、flyfisherが集まってのイベントらしい。

僕たちはそれを横目で見ながら釣りスタート。
先週はあんなに暖かかったのに、今日は風は強いし気温は随分低くなって震えながらの釣りとなった。木々の葉はすっかり落ちて、落ち葉もなくなっていた。
それでも、魚の活性は悪くなく、ドライでも反応する。ただ、ここはほとんど止水のポンドで、ドライだけの釣りでは面白くないので、マーカーを付けずにニンフやウェットを引いて、小渓流ではできない釣りも楽しんだ。
これで、釣りのバリエーションも増えるというもの。管理釣り場の釣りは、シーズンオフに色々と試してみるのに良いということが、このシーズンオフによくわかった。

早くパーマークが有る魚を釣りたいなあ。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.03

どらえもんのお使い

Dsc04707羽田に降りたら、東京は雨だった。

高速バスで渋谷へ移動し、クライアントさんの入るビルの1階で待ち合わせ。
ふと見ると、窓際にどらえもん。

なんとも心憎い伝言。
どんな人がどらえもんにこの指輪を託したのか、そっちの方が興味が湧きました。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.02

シャトーマルゴー1992

Dsc04699「私が持っていても宝の持ち腐れだから」、と独立10周年でいただいたシャトーマルゴー1992。
こんな高価な物をいただく訳にはいきません、とお断りしたけれど、置いていかれた。
それでは、そのうちに一緒に開けましょうと時期を待っていた。そしてこの夏には事務所も移転し、お酒を飲む環境も整ったので開けることに。
本当はあと10年は置いておきたかったのだが、実はコルクが少し浮いていたので開けてみたかったのだ。

もちろん、美味しゅうございました。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »