« ベビーカーならぬドッグカー? | トップページ | どんどん大きくなるクルマ »

2009.09.21

往復8時間!大渋滞の中、奈良子へ日帰りの釣り

20090921162sシルバーウィークのど真ん中、長男を伴い、再びGWに出かけた奈良子釣りセンターへ。一人で出かけるのなら、管理釣り場でなく桂川や栃木方面の川を目指すところだが、長男にflyfishingを体験させるには、確実に魚が居るところ、釣りやすい所でないといけない。

朝6時に出発し、首都高速の高井戸付近に付いたときには既に渋滞が始まっていた。
それから延々4時間半。目指す奈良子に到着したのは10時半。それでも、午前中に到着できたので良しとしよう。
午前中は、長男にタックルのセットの仕方やフライの結び方などを教えながら、バーベキューコーナー前の開けたプールでレインボーを狙う。まずはアントで長男が直ぐに1ぴき。続いて私。幸先良いスタート。
200909213反応が無くなればフライをチェンジ、再び反応が良くなり、良い釣りができる。しかしだんだんと反応が鈍くなり#20までサイズを落としても何の反応も無くなってきて、とうとうそれをくわえたのはまだパーマークが残る10cmほどの幼魚。こんな幼魚がここにいるということは、ここで自然繁殖をしているということだろうか。
釣れないと面白くないので、壁際に定位している大物を何とか釣りたいと僕だけこっそりニンフを結んで大物ねらい。何度か反応するも、フライをくわえるには至らず。
壁際の大物は釣れなかったが、プールの流れ込みにニンフを流すと一発で、良い型のニジマスが直ぐに掛かる。これだけの魚が見えているのだから、まあ、釣れるのは当たり前か。

2009092113200909214おにぎりとサンドイッチで軽い昼食を済ますと、午後はキャッチ&リリ-ス区間へと釣り上がることに。

200909215まず、僕の1匹目はちょっとやせたアマゴ。次に長男にイワナが掛かった。僕は、イワナを釣ったことがないので、ちょっと悔しい。ニジマスを数匹釣り上げた後、僕にもイワナが!
おーーーーー、感動。しかし、やはりヤマメ(アマゴ)のほうが引きも良いし、魚としての形も好きだなあ。
イワナも釣れて、ニジマスも調子よく掛かってくれる。40cmほどのニジマスが掛かったときには、さすがに引き寄せるのに苦労したが、5番のRODにラインは4番、ティペットも6Xなので無事ランディング。それでも、一度だけ、白泡の中から大物が飛び出したときに痛恨の合わせ切れ。
2009092110他にも、大型のニジマスが掛かって、走り回られた末にフックが外れるケースが何度か有った。
とにかく魚が見えている釣り場だけに、その姿に惑わされてしまうが、全体としてはやる気のある魚は流れの中にいて、姿は見えていない。そこに大きめのフライを流すと下から浮いてきて喰う、というパターンが多かった。

午後3時頃になると、さすがに長男は疲れた様子。彼を最初のバーベキューハウス前のプールに戻し、僕だけもう少し一人で釣り上がることに。2009092115一人になれば自分のペースで釣り上がれる。テンポ良くポイントにフライを落として行くと、アマゴやヤマメが次々と飛び出してくる。大物は出なかったが、25cmほどの綺麗なアマゴが釣れたところで、納竿とした。

帰りも渋滞。退屈を紛らわすために、1000円高速でどのくらい遠くから車が来ているか、遠くの他県ナンバー探しをしながらのノロノロ運転。高井戸までは2時間半で到着したのに、それから首都高が大渋滞でさらに1時間。計3時間半で無事に帰宅。
一番遠い他県ナンバーは「福岡」。あまりに身近すぎて、遠くから来たのかなんなのか不思議。
いずれにしても、普段あまり会話することのない長男と一緒の、楽しい一日だった。

※せっかく防水のデジカメ買ったので、水中の魚の写真を撮ってみれば良かった、と帰り着いてから後悔した。

blog←読んだらクリック!

|

« ベビーカーならぬドッグカー? | トップページ | どんどん大きくなるクルマ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18605/46281404

この記事へのトラックバック一覧です: 往復8時間!大渋滞の中、奈良子へ日帰りの釣り:

« ベビーカーならぬドッグカー? | トップページ | どんどん大きくなるクルマ »