« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月の記事

2009.07.27

引越祝いにドンペリ!

Dsc04270心配した雨も上がり、予定通りに引っ越しは進んだ。午前中で荷物の移動は完了し、夕方には段ボール箱もほぼ片づいた。契約当初からもめていた洗面台も、無事に設置完了。
ネットの環境や机周りは通常業務に支障はない。
あとは、新しい什器と照明が届けば、当初予定した事務所としての機能はほぼそろう。来週からは100%の状態で仕事ができるはずだ。

整理がほぼ完了した6時過ぎ、スタッフFの旦那さんから電話。引越祝いにお酒とつまみを持って来るという。彼の勤め先は、新しい事務所から見えるところ。直線距離なら20mほどの、お互いに手を振れば見えるくらい。
僕たちも実は、同じく夕方やってきたoraと既に飲み始めていた。

Dsc04271Dsc04272彼が持ってきたのは、なんとドンペリ!
それまでは、ワインをコップで飲んでいたが、さすがにドンペリをコップでは申し訳ない。
まだ整理が着いていない台所で、シャンパングラスを探し回り、めでたく乾杯!

Dsc04274ドンペリを空けたところで、kasaへ移動して、再びお疲れさま会。
参加できなかったNさん、今度改めて食事でもしましょうね。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.26

流星号の危機

金曜の大雨は昨日はいったんおさまり、東京から福岡に戻った夕方は雨が上がっていた。

引っ越しは明日が本番。
今日は、コンピュータなどの重要な物を引っ越し屋さんに任せず、自分で移動する。
日曜日は天神周辺は人と車でごった返す。人も車も少ない朝のうちに移動しなければならない。
しかし、今日は朝から再び大雨。

コンピュータは段ボールに入れ、上からプラスチックの蓋をかぶせて流星号に乗せ、新しい事務所へ。直線距離にしてわずか200m、歩いても3分の場所。しかし、大雨で視界が悪く、その道のりが遠く感じる。

新しい事務所にコンピュータなどをいったん降ろし、流星号は隣のコインパーキングに駐車。
事務所で1時間ほど引っ越しの整理をしている間にも、外の雨は強くなるばかり。ニュースでは大雨洪水警報や各地に避難勧告が出されたと告げている。これは早く帰った方が良さそうだ、と事務所を出て建物から出るとびっくり!道路は冠水。というより水没。膝下までの深さ。流星号も、道路よりも少し高いところにある駐車場ではあるが、タイヤまで水に浸かっている。

このまま流星号を置いて帰るか、それとも危険を承知で流星号を駐車場から出すか。この雨の勢いだと、そうばん流星号も水に浸かりそうな勢い。危険を承知で駐車場から出すことに。

水深50cmほどの川となった道路を進むが、水の抵抗は予想以上に大きく、マニュアルの流星号ではクラッチをまともに繋ぐとエンストしてしまいそう。水しぶきを上げるなんてとんでもない。絶対にエンジンを停めないよう、エンジンの回転数を高めにして半クラッチで前に進むが、なかなか進まない。銀色のタライ船が、波をかき分けやっと進んでいるような感じ。目の前の国体道路はこちらの路地より高くなっていて、冠水していない。あそこまでたどり着けば、流星号の救出成功。

そこまでの僅か50mほどを進むのにどのくらいの時間を要したのだろうか?実際には1分~2分位なのだろうが、とても長く感じたが、無事に脱出し、帰宅することができた。

福岡でも土砂崩れなどで大きな被害と、死者・行方不明者まで出したこの大雨。明日の引っ越しも心配だけれど、これ以上の被害を出さないうちに上がって欲しいものだ。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.24

福岡は大雨

090724090724_2                                         

福岡事務所で引っ越しの準備をしているスタッフから、携帯にメールが入ってきた。
もの凄い雨で、天神が大変なことになっているという。
月曜日にもこんな雨の中だったら、引っ越しが大変。
でも、大丈夫。僕は晴れ男。
これまで、僕が主催するイベントで、雨が降った記憶がない。

でも、どうしてプライベートなイベント(家族旅行など)では天候に恵まれないのだろう?

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.23

たーーーーまやーーー

Dsc04252今日は足立の花火大会。
小雨が降る中、大勢の人が荒川土手にくりだしている。

花火には、やっぱりビールが欲しい。
で、プリン体85%カットというアサヒのoffを買って出かけた。

久し振りのビール(風飲料)を飲みながら楽しんだが、周辺の若いグループの会話に驚いた。
「なんか、もうあきたーーー。おもしろくなーーーーい」

風情も何もわかっちゃいない。しかも、河川敷では20人ほどのグループが、大声を出して歌っている。
花火の風情ある音が台無しではないか。
彼らには、「夏の日の花火」の記憶は、遊びの借景にしかならないのだろうか。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.22

博多ぽてちを持って東京へ

Dsc04223次男は「博多ぽてち」が大好き。
いつも「博多ぽてち」買ってきて!とせがまれるが、福岡空港駅のふくやさんの売店には暫く置いていなかった。
しかし、お中元の時期になったからなのか、久し振りに売店で発見。
早速一つ購入して飛行機に乗り込んだ。

家族が喜ぶ、たった525円の博多土産。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日食

Dsc04220日本中が皆既日食の話題で持ちきりの今日、福岡では90%の部分日食が観測できた。午前10:50分頃、食は最大となったが、少し暗くなった程度で十分に明るい。
日食眼鏡で見ると、確かに薄い三日月にまでなっているのに、この明るさ。裸眼ではとても見られない。
太陽の光の強さは半端でないことがよくわかる。

Dsc04219デジカメで写真を撮ろうとしても、光が強すぎて、日食の形はわからない。日食眼鏡を通して、やっと撮れたけど、鮮明には撮れなかった。
上から街路樹の木漏れ日を見ると、三日月形も見えた。
宇宙の神秘、自然の神秘を写すのは、やはり自然なのだと実感し、体感した日となった。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.07.21

福岡地方裁判所へ

Dsc04209ゲリラ雷雨のような雨の中、福岡地方裁判所へ。10:30開廷の第109法廷。
着いたのは10:20分過ぎ。法廷の扉の上には「開廷中」の緑のランプ。入って良いのだろう、と傍聴席の扉を開けて法廷に入ろうとすると、誰もいない。まだ早いのか?
中央に座って、何かマイクに話しかけながらキーボードを叩いている男性が僕に気づき、「次の法廷は10:30からです」。どうやら、前の法廷が終了し、後処理中の書記官だったようだ。
外の椅子に座って、10:30を待っていると、先ほどの書記官とおぼしき男性が出てきて、開廷表をのぞき込み「あれ、変更になっているのに」と開廷表に×を付けて、「変更」と書き入れた。
「変更ですか」と尋ねると、「延期になりました」と。

そもそも、どうして地裁へ出かけたのか。友人のK氏が、名誉毀損と損害賠償で訴えられ、その裁判の初日。名誉毀損・損害賠償の裁判は、職業柄気になる。どんなものかと傍聴しに行ったのだ。延期というので、当の本人に電話すると、「訴えた当人が体調不良とかで、急に9月に延期の連絡が入ったんですよ。時間が空いたし、訴状や回答書も手元にあるので、来ませんか?」ということで、彼の事務所へ。

訴状を見せてもらったが、なんとも言いようのないもの。弁護士も立てずに、自分で書いたらしい。
法廷の予定表では、開廷時間はたった10分だった。たぶん、最初の法廷では、訴状の読み上げと確認程度だったのだろう。これなら次回は出なくても良さそう。
2回目の法廷から傍聴することにして、彼の事務所を出た。

Dsc04212夜は、東京とソウルからクライアントさんが来福して会食。美味しい魚が食べたいと言うことで、福浜の「い志い」へ。ソウルから来たKim氏は、玄海の魚に大満足。
満足したら、「カラオケ」に行きたい、と。

ホテルの側のカラオケ店へ移動し、数年ぶりのカラオケ。男三人でちょっと古い歌ばかりで2時間。久し振りに大きな声を出したので良いストレス解消にもなった。

波乱に富んだ、充実した一日でした。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.20

釣り、後引っ越し

Dsc01192小雨が降る中出動。
多少の増水はあるものの、水の濁りはあまりない。午後からは事務所の引っ越し先のエアコン設置工事などに立ち会うため、釣りは午前中だけ。
効率よく釣りたいと竿を出すも、出てくるのは小さなヤマメばかり。良い反応は無い。
そのうちに川に濁りが入り始めた。こうなると、上流で大雨が降っていていきなり増水する可能性もあるので、場所を移動することに。
15kmほど東へ移動して、次なる川へ。しかし、こちらは既に泥濁り状態で、今日はとても釣りになる状況ではないと判断。
Dsc01194東脊振トンネルの料金所へ向かうといきなりの濃霧。
これはもう帰るしかない。

午後はエアコン2台設置、大型冷蔵庫、37インチのテレビなどの搬入が終了した。
残るは、26日のパソコンの移動で、機能的には移動完了。27日午前中に什器と書類の移動で引っ越しの本番だが、これは単なる物の移動でレイアウト変更みたいなもの。

それにしても、洗面台のトラブルはいつ解決するのだろう?

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.19

あこがれの車 AUDI R8

Dsc04163羽田空港に到着し少し時間があったので、またQBハウスに飛び込み散髪。
さっぱりして搭乗フロアに上がると、そこにAUDIのR8が展示してあった。僕が今、一番興味ある車。
値段がとんでもないが、とにかくかっこいい。この車が似合うオヤジにならないと、ハンドルは握れないなあ。
日々精進!

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.18

「アマルフィ」を一人1000円で

Dsc04162次男が「モンスターvsエイリアン」を3Dで見たいというので、3D上映がある西新井のTOHO CINEMASへ。僕は妻を誘って、全編イタリアでロケをしたという「アマルフィ」で海外旅行気分に期待。

休日の映画鑑賞は、その日の最初の上映を見ることにしているので、上映初日の初映ということは、まさに「アマルフィ」の最初の回。夫婦で同じ映画を見るのはずいぶん久し振り。チケット売り場で、シネマイレージカードを提示すると、割引の案内が。「夫婦50」という割引チケットがあり、夫婦のうちどちらかが50歳を超えていたら、二人で2,000円というお得な料金に。幸いなのか不運なのか、僕は今年大台に乗ってしまい該当者。妻は誕生日の度に26歳の誕生日だとふざけたことを言い続けているが、二人のどちらかが50以上ということであれば、彼女の年齢は関係ない。

ところで、夫婦で2000円なのに、3D上映は通常よりも高く、大人は2000円、子どもでも1500円。という訳で、本当なら一番安いはずの次男の映画が一番高かった!
何はともあれ、映画を楽しんだ夏休み初日でした。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.15

あのホテル、20年ぶりのリニュウアル

Dsc0414720年前、このホテルの誕生は驚きだった。東京にいた僕にも福岡からそのオープニングは衝撃と共に伝わった。そして、当時僕が編集長だった情報誌に、短編小説の舞台として早速取り上げた。
そのホテルが20年の時を経て、生まれ変わり、そのオープニングレセプションに招待されて、顔を出した。

Dsc04149パーティでは、久し振りのあの人やこの人、その場で紹介される新しい人など、このようなパーティだからこその出会いもあったが、東京に飛ぶ飛行機の時間が迫っていたので、乾杯だけして施設内の見学に。美味しそうな食事にもお酒にも手を付けないまま。
Dsc04151ワインも豊富に取りそろえてあるようだったが、残念ながらまだワインリストは整理されていないということ。どんなワインのラインナップがあるのだろうか?

ホテルを出る頃、大雨となっていたが、傘をさして那珂川をわたる橋の上から海を見ると、北の空は雲が晴れてオレンジ色の幻想的な風景が広がっていた。Dsc04157

悪天候のため飛行機は遅れたが、そのおかげで浜松町では10年ぶりでN君と再会。
災い転じて福となす、めんどくさいことを選択することで新しい出会いが有るということを実感した一日だった。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.13

大阪で整列して電車を待つ光景にびっくり

大阪出張、JRの駅で見た光景にびっくりした。
ホームで列車を待つ人が、きちんと2列に整列していた。
大阪の人は並ばないのが、マナーとかではなく一つの文化だと信じて疑わなかったのに。

これにくらべて相変わらず福岡は…………

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.12

秘密兵器は不発!

Dsc01186福岡は土曜日の夜まで雨。これでは、渓の水量は落ち着いてはいないだろう。今日も遠征しても良い川の状況は望めない。
こんな状況だからこそ、小さな支流に挑戦。秘密兵器も活躍しようと言うもの。

まずは、いつものM川で主なポイントを探りながら釣り上がるが、ほとんど反応なし。細かな雨が降る中、時折フライを追ってくる魚影が見えるが、喰っては来ない。フライを大きくしたり小さくしたり、黒いテレストリアルにしたり水生昆虫パターンにしたり。同じポイントで様々なフライを試したが反応なし。20cmオーバーの魚影が見えたが、やはりフライには反応しない。わずかに出てくるのは、やはり10cmくらいの小さなヤマメ。

Dsc01184M川をあきらめ、支流に移動する頃には雨も上がり、今度は晴れ間がのぞくまぶしい日差し。蝉の声も聞こえてきた。
川に下りると、意外や水の状況がよくない。雨上がりとは言え、清流とは言い難い。標高も高く、本来なら良い川のはずだが、護岸で囲まれた川はどうもよくない。フライを流してもヤマメの気配はなく、出てくるのはアブラハヤだけ。早々に見切りを付けてJ川へ。

こちらも水量が多く魚の気配なし。しかし、小さなプールの岩陰から小さいながらも出た一匹は、見事なプロポーションの顔がとがった精悍な雄。
次回は大きくなってまた来てね。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.07

七夕、満月、クールアースデイのFLYDAY CLUB

Dsc04116満月の七夕の夜。
残念ながら、空は雲に覆われて満月は見られなかったが、雨は降らなかった。
今日はクールアースデイでもある。全国で、20時から22時まで電気の明かりを消して、環境や地球温暖化について考える日。
Dsc04100_2FLYDAY CLUBでも、電気を消してろうそくの明かりで実施することにした。会場となったバルミュゼットはテラス側を解放してオープンに。七夕の飾り付けには、参加者の願い事を書いた短冊を結び、静かに和気藹々とした時間を過ごした。

パーティのために購入したろうそくには、新しい事務所開きの時にも活躍してもらおう。
たーっくさん買っちゃったから………

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.05

ぴっかぴかの22cm

200907059久し振りの朝からの釣行。
前日に東京から戻り、この数日の天気を聞くと、けっこう雨が降っているという。
これでは古湯は釣りにならないだろう。ということで、今日もM川からスタート。

案の定、この川にしてはずいぶんと水量が多い。こんな時は、下から大物も上がってくるから期待が持てる。この時期にしては水温も低くて、ヤマメの活性は良さそう。そして、いつものプールで、ピッカピカの22cm。
今日は良さそうだ。
2009070582009070512その後も、20cmは超えないものの、いい感じでヤマメが遊んでくれる。

少し下流に下り、増水した川を釣り上がるも、なかなか反応がない。
そんな中、浅いプールに足を入れた途端、目の前を大きなヤマメが走った!30cmくらい有りそうな太い魚体が、浅い流れを逃げていった。
くーーーーー、油断した。
少し前にフライを落としておけば、喰ったかもしれない。
2009070513眼鏡の前に何かがとまった。この日は、大きなカゲロウも飛び、テレストリアルよりも、水生昆虫のフライの方が反応が良い。

しかし、午後になると反応は悪くなり、川を移っても変わらず。
夕方には大粒の雨となり、少し早めの納竿。
帰りに、次回への秘密兵器を購入して、家路についた。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »