« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月の記事

2009.05.31

富士もヤマメも雲隠れ

Dsc03879福岡に向かうフライトは昼間の便なので、左の窓から富士山が見えるはず、と左の窓側の席で飛び立った。上空に達してベルト着用サインが消えると、いつもなら富士山が見える。しかし、今日は一面の雲。一瞬雲の切れ間から稜線の雪が見えたが、飛行機が真横を飛ぶ角度からはすっかり雲の下に隠れてしまった。
福岡に戻ると真夏のような日差し。早速釣りの用意をして古湯に出かけるも、日差しも風も強い。
山おやじさんともう一人、常連のフライマンが到着していたが、二人ともクルマの中で昼寝中。聞くと、全く反応なし。気配すら感じられないと。ヤマメはいるはずだけど。

それでも僕は行く!
と河原で川の様子を見ようと偏光グラスに手を伸ばすと、無い!どこかで落とした。確かに首から提げたのは記憶しているから、河原に降りる途中のどこかだ。引き返しながら探しても見つからない。仕方なくクルマに戻り、予備の偏光めがねを持って再び川へ。どうもさい先が悪い、いやな予感がする………

イブニングの暗くなるまで頑張ってはみたものの、釣れたのはハヤやカワムツばかり。ヤマメは見に来てもフライをくわえることは、最後までなかった。
今年初めてのボーズ!

最後にもう一度、最初に通った所を念入りに見ながら歩いたら、有った!眼鏡の損失だけは回避できたので、これはこれで良かった、と感謝しよう。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.05.29

表参道の洗濯機マン

Dsc03877今日は午後だけで4つの打ち合わせ。
3件目は表参道で、I社のベッキーさん(自称・目標らしい)の取材を受けることになっていた。
銀座での直前の打ち合わせは予定外に早く終わり、表参道で時間調整。amadanaと京セラのショールームを覗きたかったので地下鉄から地上に上がって表参道ヒルズに向かう。途中、ベネオンのショールーム前で足が止まった。
なにやら不思議な、ガチャピンのような眼差しの洗濯機がこちらを見つめていた。
何か言いたげだったが、そんな怪しげな洗濯機にかす耳は持たない。足早に通り過ぎ、表参道ヒルズへと向かった。

約束の時間が近づき、慌てて約束のお店へ向かうとき、再びあの洗濯機マンがまた何か言いたそうにこちらを見つめている。しかし、今度も無視。出会いの記録に写真だけ撮らせていただき、その場を立ち去った。

次はゆっくりと話を聞くからね。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.27

退路を断つ

ちょうど3年前の今頃、福岡での仕事の減少と共に、事務所の移転を決意。以前の半分のスペースの現在の事務所に7月7日に引っ越しした。
いずれはまた広いところに引っ越しを、と考えながらそれからずるずると、はや3年。
仕事が増えて(増やして)から事務所を広くする、という考え方もあるが、しかし、このままではいつまでたっても拡大はできない。
むしろ、大きくするためにどうするか。このようなご時勢だからこそ攻めるべき。

そこで、少し広い事務所に移って、心機一転出直しすることにした。

まだ、移転先は決まっていないが、現在の事務所のオーナーにはさっき退去届けを出した
これで3ヶ月以内に退去しなければならなくなった。

退路を断ったと言うほど大げさではないが、少なくとも、3ヶ月後には引っ越ししていることだけは確かだ。
そのとき、仕事も一段ステップアップできているように精進・努力だ。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.26

やっぱり釣りに縁があるのか-五浦釣人

Dsc03874福山のクライアントさんとの打ち合わせを終えて、博多に戻る新幹線をホームで待つ。ホームから駅前のロータリーを見下ろすと、今まで気がつかなかったが銅像が立っていた。
よくよく見ると、釣り竿を持っているではないですか。
こんなに魅力的な銅像に今まで気が付かなかったなんて! 仕事モードの時は、視界が狭くなっていたのでしょうか?
この像は何だろうと戻って調べると、平櫛田中作の五浦釣人(いづらちょうじん)のレプリカ像だそう。
次回の出張時には、じっくりと見て帰ろう。

それにしても、「釣り」に縁があるもんだなあ。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.24

今年一番悔しいバラシ

200905242昨日のパーティで疲れたのか、今朝は久々に起きるのに苦労した。
古湯に到着したのは6:30。すでにいつものフライマンは橋から上流を一通り釣り上がり、下流に向かうところ。
「どうでしたか?」と尋ねると、「全然だめ。餌釣り師が良いところにはみんな入って、荒れちゃっている」と。

確かに数人の餌釣り師とflyfisherが既に釣りをしていた。
ドライでは厳しそうなので、今日もニンフスタート。最初に釣れたのは、20cmほどではあるけれど、僕の大好きな尾びれが大きなヒレピンの綺麗なヤマメ。その後も大物の食いがあったが、バラしてしまった。途中からドライに換えたが、チビしか出ない。
午前中はそんな気持ち的にも中途半端な釣りをして、お昼休憩。
200905245今週もやまおやじさんと一緒になり情報交換をしていたら、「コーヒーでも」、とその場でお湯を沸かしてドリップコーヒーを入れていただいた。
僕は、一人で釣りをするのが信条なので、このような余裕がなかったなと反省。

一休みした後の釣りは、今度はルアーマンが良いポイントに陣取り、これまた荒れる。しかも突然の雨まで。
雨も上がり、ヤマメの反応が出始めたのは5時半くらいから。
目先を変えて、少し大きなフライを岩場のプールに落としたらフライが消えた。合わせると、ずしんと来るような重いあたり。そしていきなり走り出す。大きい。あきらかに先週の27cmを遙かに越える引き。引き寄せるどころか、こちらが引きずられるような引き。しかも岩の上に乗っているので取り込みできる場所もない。下流側に移動しながら取り込み場所を探すしかないが、それでも魚はぐいぐいと逃げる。そしてとうとう岩の下へ潜ってしまった。
さらに悪いことに、岩以外にも何か障害物にラインがかかっている様子。ロッドを縦にしても横にしてもビクともしない。このまま出すことは困難。仕方なく、水に入りラインをたどって手を入れて………
次の瞬間、ロッドのテンションが無くなった。ラインブレーク。


本当に悔しい!!!!!!!!!!!

その後は気持ちも萎えて、釣りにならない。
失意で車に戻ると、目の前でやまおやじさんがヤマメを取り込んでいるところ。23~24cm、ひょっとしたら25cmあるかもしれない綺麗なヤマメ。おめでとうございます。

次週は東京からの戻りが日曜の午後。リベンジの時間はとれるだろうか?

PS.やまおやじさん、コーヒーご馳走様でした。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.05.23

第一回 九州MR会

Dsc03868_2今日は午前中の飛行機で福岡に戻り、第一回 九州MR会(OB会)の準備。
どういう訳か、僕が実行委員長に任命されて今日に至った。

どうなることかと思ったが、発起人・実行委員のみなさんの頑張りと、会場のレストランバサンのスタッフのご協力で、無事に終了。
Dsc03852参加者は105人、オープニングDVDも会場も、料理も、そして天気も良く、参加のみなさんには喜んでいただけたようでした。

さて、次は2週間後の大学の同窓会総会だ!

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.22

合法的プロフィ-ルDVDでオープニングを

昨日は、セミナーの講師を無事に努めて土砂降りの中空港へ向かい、東京へ。本日、クライアントさんとの打ち合わせを終えて向かったのは東京駅。ここで翌日のパーティのオープニングに使うオリジナルDVDを受け取るためだった。
いわゆる結婚式のオープニングやプロフィールビデオみたいな物だが、このprifieは、ほかのものとはちょっと違う。何が違うかというと、著作権を侵害していない合法的なDVDを制作してくれること。

普通、あまり知られていないことだが、結婚式などで使われるDVDは、ほとんどが著作権を侵害していている。特に海外のアーティストの楽曲を写真に合わせたりしたら、それが知られると莫大な損害賠償請求を受けることにもなりかねない(著作権・原盤権ならびにシンクロ権などの侵害)。このことは、ホテルや結婚式場も、あるいはメディアでさえもほとんど知っている。しかし、これまでのビデオ屋さんや写真館との関係(しがらみ)で、業界全体で黙認している状態。そのちにこのような状況は指弾されると思うけれど。
その点、このprifieは、楽曲もすべてオリジナルで、雰囲気やテーマに合わせて選んで構成できるので安心。

写真を水曜日に渡して、木曜日にはテスト映像をWEBでチェック。修正して金曜日に受け取るというスピード制作。
おかげさまで、短時間で良い物ができたとみんな喜んでくれました。

メディアスタイルのみなさん、本当にありがとうございました。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.20

次回のFLYDAY CLUBは、バルミュゼットで

Dsc03850事務所の引っ越し先候補を探すついでに、次回のFLYDAY CLUBの打ち合わせにスタッフのFと共に、バル・ミュゼットで夕食。


Dsc03848この季節は、こんなオープンなスペースが気持ち良い。しかも、ちょうど日が落ちる前後の時間に、風に当たりながらワインなど飲むと、パリかハワイにでも居るような心地よさ。

みなさん、6月はここで開催予定です。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.19

久しぶりのFPRC

Dsc03844久しぶりのFPRC。今回はいつもと会場が変わり、警固本通り筑紫女学園隣のTRENE。
いつもの会場のカフェ・ソネスと同じ系列。ビルではなく、古い民家を改装した、可愛いお店。

帰り際に壁のメニューを見たら、「吉井町のリンゴ豚」なんてあるじゃないですか!生まれ育った吉井町。しかも生まれた当初、小さな頃は隣が養豚場でした。なんか懐かしい。
近いうちに、改めて食べに行きます!

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.18

T君の来訪

Dsc03841珍しくT君から電話がかかってきた。
「今日、事務所にいらっしゃいますか?」
「今、出先だけど、4時半には事務所に戻るけど」
「それじゃ、その頃にまた電話して、伺っても大丈夫でしょうか?」

ということで電話を切った。僕は、てっきり仕事の話だと思っていた。ところが、彼は可愛い女性と一緒にやってきた。話には聞いていた公私にわたるパートナーのR嬢。
そして、手みやげにプチケーキ。

事務所を近所に移して来たことと、近況報告に来ただけであった。いわゆる学生ベンチャーのような形で起業し、紆余曲折ありながら何とか今に至り、そしてR嬢と頃合いを見て一緒になるつもりだと。

既にしっかり手綱と財布の紐とは握られているようだ。それで良い。若いうちは誰かに手綱を任せた方が良いのだ。がんばれ!

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.17

やっと出た、27cm

200905178やっと出た、27cm。今年は25cmオーバーがなかなか釣れなかった。
先週、再放流したという古湯C&R区間に、大型を期待して出かけたら、到着する直前から雨。着いたときには既に濁りが入ってドライでぎりぎりの状態。
少しドライを投げたが、反応があるどころかそのうちに泥濁り。

結局、ドライをあきらめ、ニンフを流すと出ました。最初は10cmの釣チビでしたが、その後は24cm、20cmと続き、ついに27cm!
20090517112009051713その後も24cm、20cmと続き雨の午前中は良い釣りができた。

雨がやむのを待って昼寝をし、雨がやんだ午後はドライで頑張ったけどやっぱり反応なし。
それでも午前中に良い釣りができたので、早めに引き上げました。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.14

五月晴れに高く泳ぐや金の………

Dsc03839朝からクリアな青空。
これは紫外線も強そうだ。

浅草の空には、金の○○○も勢いよく輝いて泳いでおりました。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.13

カデルボスコのフランチャコルタにぞっこん

Dsc03826すっかりkasaが気に入ってしまった。
お店も良いけど、何よりも今は、このフランチャコルタ。スプマンテで初めて美味しいと思えた(そりゃ、たっかーーーーーいので美味しいのはありましたが)。
oraと一杯だけ、と思ってkasaを覗くと、奥から見覚えのある女性が声をかけてくる。
Dsc03831Dsc03834おーーー、Hさん。どうしてここに?
kasaのオーナーの金丸さんと、以前同じお店で働いていたのだという。会ったのはかれこれ5年ぶりくらいだろうか。帰ろうとしていた彼女を無理矢理テーブルに招き、結局それからボトル2本を空け、さらにグラスで1杯。

Dsc03836それだけで十分酔っぱらっていたのに、どうやらその後また赤たんに寄ったらしい。デジカメにたこ焼きの写真が残っておりました。

うーーん、今度からはお水のグラスも横に置いて飲もう。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.10

古湯でリベンジ!しかしサイズが上がらない

200905105昨日の反省をふまえて、まず朝一番に古湯へ向かう。
今日の天気予報では、どう考えても日中の気温は高く、日差しが強いはず。日が高くなれば釣りにはならない。
勝負は午前10時くらいまでと見て、古湯に直行したら、6時半だというのに既に数名のFFが釣りを始めていた。
仕方なく、大物は望めないが、元気の良いのが居るであろう少し上流の流れに入った。

200905101200905102プール上の流れにフライを流したら、1投目で出た!20cmには届かないけれど、元気なヤマメ。その後も、流れの中の岩陰から狙ったとおりに元気に飛び出してくる。昨日の無反応が嘘のようだ。
200905106それでも、やはり釣れるのは22cmどまり。8時半には川全体に日が差し込み、ちょっと厳しくなってきた。
ヤマメの姿は見えても、フライには反応がなくなった。一方で、餌釣りのおじさんは、おおきなのを抜き上げている。悔しい!
昨日同様、ライズのヤマメをサイトで狙ったが、やはり無反応。#26ではすっかり見切られてしまう。
200905108早々に見切りを付け、新しい川を求めて移動。途中、かわいい看板を発見。こんな山の中、学校までは遠いんだろうなあ、歩くとどのくらいかかっているんだろう、といろいろと想像してしまう。

山間部では田植えが始まり、川に濁りが入り出した。田植えを横目で見ながらの釣りも良いものだが、しかしさっぱり反応がない。背振に移動してもだめ。川から上がると、田植えのおじさんから声をかけられるが、良い返事ができない。
2009051010結局、M川に移動してやっと1匹釣り上げるものの、これも20cmに遠く及ばない。

こんな日は、早く切り上げて、流星号の手入れでもしてやるのが一番、と早々に家路についたのでした。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.09

福岡は夏!フライも夏仕様?

200905094GWを東京で過ごし、奈良子では関東で初めてのFFを楽しんで帰福。そして、GW明けの最初の釣り。

今日は遅めに出発して、古湯でイブニングを狙う。イブニングの時間まで釣れることは滅多にないから楽しみ。
と言う訳で、まずはM川へ。
連休最後の雨の影響があるのかと思いきや、水は少なく綺麗すぎるほどに透明。日が高くなっての釣りだからこれは厳しい。案の定、出るのは小さなヤマメばかり。
やっと最上流のプールで出たのは18cmのまるまるとしたヤマメ。

そして、本命の古湯C&R区間。
昨年もGWを境にパッタリと釣れなくなったが、今年はどうだろう?
流れのある岩陰から、何度か姿を見せるもフライをくわえるまでは至らず。
そうこうしているうちにイブニング。
しかーーーーし、ライズはあっても全く反応なし。
古湯でボーズは今シーズン初めて。ショック。

明日こそ!

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.06

やっと購入、いでぼく牛乳

Dsc03820山中湖ヴィレッジのBBQガーデンで試飲して、次男がすっかり気に入ったいでぼく牛乳。
隣接する土産物店で買えるというので、開店を待って店に行くと売り切れで入荷がいつになるかわからないと言う。それでは、どこか他に売っているところはないかと尋ねたら、牧場の電話番号を教えてくれた。
早速牧場に電話すると、牧場はなんと!富士山を挟んでほぼ真裏にあると。
ただ、東名高速の足柄SAの売店で購入できると教えてくれた。
帰りは東名を通る予定だったのでちょうど良い。

で、購入しました。
普段飲んでいる牛乳の数倍もする値段でしたが、たまにはこのくらいの贅沢も良いでしょう。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.05

7年ぶりのPICA

Dsc03812s奈良子で釣りを楽しんだ後、宿泊地のPICA山中湖ビレッジへ。
子供たちが小さな頃は、PICAへはほぼ毎年出かけていた。最後に行ったのは西湖のPICA。なんと、ツヨイコ号を購入してすぐ、7年前が最後。
その当時のPICAは、富士吉田と西湖にしか施設がなかったが、今では今回宿泊の山中湖や初島など、7カ所に増えていた。今でもPICAの会員で、昨年も家族で出かけようと予約を試みたが、キャンセル待ち。とうとう出かけることはできなかった。今回山中湖ヴィレッジを選んだのは、直前の予約で空いていたのがここだけ、しかもこの日この棟だけだったから。山中湖ヴィレッジは、キャンプ施設と言うよりも自然を楽しむ高級コテージ。宿泊料金が高いから空いてたんだろう。

Dsc03808チェックインして荷物を部屋に移し、落ち着いたら予約していたバーベキューレストランへ。これまでのように、コテージのバーベキューグリルでバーベキューという手もあったが、天候が怪しかったのでメインの食事はレストランで。食後、コテージで改めて焚き火とバーベキューという段取り。
Dsc03810自宅から持ってきたロゼのスパークリングワインとチーズ、それにバーベキューはソーセージをグリルして。幸いなことに天気ももって、星も見えていた。

Dsc03815Dsc03816一夜明け、目が覚めると外は雨で濡れていた。
朝食は、オーガニックレストランで雨を眺めながら食事。たまには、こんな朝食もしっとりとして良いもの。

PICAでの時間を楽しく過ごしチェックアウト。その後は近くの体験工房で、子供たちはサンドブラスト体験。
お昼に山中湖を出発し、御殿場へ降りて東名高速で帰宅の途に着いた。
これまた予定通り、16時に到着。定額給付金とETC割引の恩恵を活用した、1泊2日の短いながらも充実した家族旅行は終了となった。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.05.04

定額給付金とETC割引で、大渋滞を味わうために奈良子~山中湖へ

200905044家族での遠出は、3年ぶり。
定額給付金も貰えるし、ここは景気回復のためにもパーッと使いましょう。
ETCも付けているから、流行に乗ってGWの大渋滞を経験しに行きました。
向かうはPICAの山中湖ビレッジで1泊2日。しかし、山中湖の前に、大月の奈良子釣りセンターで魚釣りも大事な予定。長男の本格的なflyfishingデビューを果たすためだ。
200905041Dsc03794朝7:30に出発。ラジオの交通情報では、すでに中央高速は一部渋滞が始まっていると告げていた。そして、首都高から中央高速に入る料金所を前に既に大渋滞、国立府中に差し掛かるころ、道路の電光掲示板では大月まで2時間以上の表示。「ツヨイコ号」がオートマで良かった!結局、中央高速はほぼ最初から大月までずっと渋滞していたようなもの。
奈良子釣りセンターに着いたのは、予定通りの11時。約100kmの道のりに3時間半を要した計算だ。

2009050410渋滞しても、釣りができるからか疲れはない。長男は僕と一緒に、フライの午後半日券でルアー&フライエリアへ。もちろん、ウェーダーも履いて、準備は万端。他の家族は、餌釣りエリアでニジマス釣り。お弁当を食べてそれぞれの釣り場へと向かう。
Dsc03817
奈良子釣りセンターは、奈良子川の自然渓流を仕切った管理釣り場で、ルアー&フライ専用エリアの上流にはC&R区間も設定されている。自然渓流そのままに、大型のニジマスも居着いている。C&R区間は、ウェーダーが無いと上流へは上がれないので、ほとんど貸し切り状態。長男がキャスティングの練習をしても、下手なキャスティングをしても誰にも迷惑はかからない。
200905047200905048長男のデビュー戦は、めでたく2匹のニジマスをゲット。1匹は優に30cmを越える良いサイズ。何度もジャンプしてファイトを楽しませてくれました。感謝。

そして関東で初めての本格的なフライフィッシングデビューの僕はと言うと、30cm近い大型のヤマメ(メジャーを持っていってないのでひょっとしたら?)が最初に出てくれて感激!その後も40cmオーバーのニジマス、25cmほどのアマゴなど、3時間ほどでしたが良い釣りができました。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.02

ちょっと遅れてハッピーバースデイ

Dsc03792真ん中の娘の誕生パーティ、といっても、すでに本当の誕生日から一週間以上すぎてしまった。
形ばかりではあるけれど、誕生ケーキでお祝い。

おめでとう。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »