« 桜の鯛焼き | トップページ | 私の銀座オフィス »

2009.03.08

1週間ですれまくり!

200903082解禁から1週間が過ぎ、今シーズン2度目の釣行。
先週と同じく、M川~古湯というプランで出発。しかし、M川は先週よりも少し上流を目指す。
風もなく、気温もだいぶ高めではあるものの、夜が明けたばかりの川の水は冷たい。5度あるだろうか。いつもなら反応があるはずのポイントでも魚の反応はなし。全く反応がないまま1時間以上釣り上がり、8時を過ぎた今日のこの川での釣り止めのポイント直前、やっと反応が出始めた。
そして、出た!待望の…………
0090308
しかし、一旦はくわえたものの次の瞬間にはフックが外れてヤマメは姿を消した。赤い側線がはっきり見える、20cmほどの魚だった。その後も小さなヤマメの反応はあるが、フッキングには至らず一度先週も釣った下流へ移動。ここでは一流しで20cmの綺麗なヤマメが出てくれた。周囲には餌釣り師もいたので、長居は禁物。この1尾で十分。早速古湯へ移動。

古湯に到着して驚いた。
1週間前の解禁日には、車を停める場所を探すのにも苦労するほどだったのに、今日は5~6台しかいない。
ライズ待ちのflyfisherに状況を尋ねると、昨日は長いことライズが続いたということ。しかし、すでにヤマメは相当にすれていて、なかなかフライをくわえてくれないということであった。

200903084僕はライズ待ちの釣りはあまり好きではないので、とりあえず瀬と岩場の陰をたたき上がり。ほどなく流れの脇から17cmほどのヤマメが出てきて、先ずは本日の古湯の1尾目ゲット。
その後、流れの中から良いサイズのヤマメが飛び出してフライをくわえるも、間もなくフライが外れてばらしてしまった。15cm前後の小さなヤマメを2尾つり上げたところで小休止。
やはり、ライズを待つしかない様子。腹ごしらえをして、先週たくさんのライズが発生し、良い型のヤマメを4匹つり上げた下流の緩い流れへ移動。ライズは無いが、待てばそのうちに………

じっと待つこと30分くらいで、早い流れの中にライズ発見!
これがなかなか手強い。さすがに良く学習しています。普通のフライでは見向きもしない。悔しい!
こうなれば自分の視力の限界に挑戦。流れている水に浮く、ほんの小さなフライの目印。しかも、魚に警戒心を与えないようナチュラルカラーのCDCミッジピューパ。フックサイズは#24。もう限界。止水のプールや流れが緩やかなところなら見えるけれど、白泡が混じる流れの中ではほとんど見えないCDCの目印を追う。
しかし、その甲斐あって出た!
200903086しっかりとフックはかかっているが、何せフックサイズが小さいから取り込みは慎重に。流れの中を走り回り、岩の陰に逃げ込みそうになり、かなり苦労してやっとゲット。本日一番のサイズで23cm。
ヒレは綺麗なのに、鱗がかなり剥げている。何度も釣られた年越しのヤマメだろうか?

この後は、姿を見せるもののフライをくわえる大きなヤマメは現れず、小さなヤマメを数匹つり上げて終了とした。

それにしても、1週間で本当に状況が変わってしまい、びっくり。
昨年だとGW前まではそれなりの反応だったのに、今年は一気に学習したのでしょう。釣り人も減り、これからのシビアな釣りも、それはそれなりにまた楽しみではあるが。

blog←読んだらクリック!

|

« 桜の鯛焼き | トップページ | 私の銀座オフィス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18605/44302597

この記事へのトラックバック一覧です: 1週間ですれまくり!:

« 桜の鯛焼き | トップページ | 私の銀座オフィス »