« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月の記事

2009.03.30

九州R同窓会打ち合わせとフルーツカクテル

Dsc03590_2かねてより構想があった「R九州の同窓会」に向けて、実行委員会を設置して取りかかることになり、その第一回打ち合わせ。

打ち合わせ場所は天神の「点」(TOMORU)。店の作りが個室ばかりということで、打ち合わせをするにはちょうど良いだろうと選んだ。料理が小洒落て上品なのは、カップルや合コンなどには良いが、親父の飲み会では物足りない。
Dsc03589おじさんたちは、焼酎に赤ワインをボトルでガブガブ飲んでいるんだから、大きなお皿にちょこっとだけ盛られた料理だと、なんだか箸を出すのも遠慮しがち。テーブルには同時に何品も並ばない。
結局、飲んだ割にはあまり食べず、いったんここでお開きに。もちろん、決めるべきことは酔っぱらう前に決めてます。

僕は事務所に戻るために分かれて歩き始めたら、みんなも同じ方向へ。もう一軒行こう、と誘われたのは、事務所と目と鼻の先のお姉さんが居るお店。
こんなところは久しぶり。フルーツカクテルなんて何年ぶりだろう。しかも、先輩の命により、カラオケまで歌わされた。

まあ、中洲とは違ってずいぶんお安い店。東京からクライアントさんが来て「中洲に連れてけー」なんて言われたら、ここでごまかそう。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.29

古湯はもうだめか! で別のK川へ

2009032963月の夜明けの時間帯は、古湯のC&R区間は反応が悪い。流れのある瀬の元気な魚を狙って、いつものようにまずはM川から。
相変わらず反応はあるものの、20cmを越えるようなヤマメは出ない。

ひととおりポイントを攻めた後で古湯へ移動。
竿を出しているのは1人だけ。他に、川を眺めるflyfisherが2人。話を聞くとまだ竿を出してはいないけれど、魚の気配がないので様子見という。今年は解禁日からもの凄い数の釣り人で、相当にプレッシャーが高く、ヤマメもすっかり擦れてしまった様子。しかも、魚影が見あたらない。例年ならGW前までは何とか釣りになるけれど、今年は全く様子が違っていた。
一応、一番下のポイントからつり上がってみることにした。
結局昼まで釣り上がるも、ヤマメが姿を見せたのは2回だけで、フライをくわえることもなかった。

ここでいつも情報交換するflyfisherも、今年の様子はちょっと異常だと嘆いていた。

200903293_2ここで古湯に見切りをつけて、当初より予定していた支流を釣り上がることに。短い区間でもいい感じで釣りを楽しみ、そのまま山を越えて15kmほど先のK川へ。
初めての川で様子がわからなかったが、渓相は悪くない。ハヤが何匹かかかった後、ヤマメが出た!
強い引きで、大物かと期待して取り込んだら、意外や20cmをちょっと切るサイズ。しかし、体高もあり、パンパンに太ったヤマメ。引きが強かったのが理解できた。

200903297_2
その後もサイズは出ないが、同じく太ったヤマメばかり。よほど餌が豊富なのだろう。
ここで22cmもあるのがかかると良い引きだろう。

日没が迫り納竿したが、次回に期待が持てる川だった。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.03.27

海亀を飼っているお好み焼き屋?!

Dsc00069福岡では満開の見頃が続いているのに、東京は寒い日が続き、桜の見頃はまだ先。しかし、子供たち全員の卒業式を終えたし、毎年恒例の桜並木の前のお好み焼き屋に出かけることに。夕方から生憎の冷たい雨。
Dsc00066冷たい雨の中自転車で出かけ、雨を拭いながら店に入る。しかし、熱い鉄板の前に座り、焼酎をあおればそんなことは忘れてしまう。外の桜はほとんどつぼみだが、そんなことはもうどうでもいい。
おなかも一杯になる頃には雨もやんでいた。

勘定を済ませて店を出ようとすると、目の前に大きな水槽があり、亀が泳いでいる。
遠目には海亀のような扁平なその姿。近づくと「スッポン」。
やっぱりね。

そのうちにメニューに並ぶのだろうか?

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.25

今年の桜は見頃が長い

Dsc03585_2福岡の桜の開花宣言はずいぶん早かったが、それから一気に冷え込んで春の嵐も無く、桜が長持ちしている。かれこれ半月近く見頃が続いている感じ。
桜が綺麗な春は、なんだか気持ちいいなあ。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.24

FLYDAY CLUB 10周年!

Dsc03552Dsc03565FLYDAY CLUBがめでたく10周年を迎えた。
参加者を出迎える外のテラスには、CAFEのオーナー安部さんが桜をいけてくれた。
マジシャンのOGAWA氏にも登場いただき、楽しい時間を過ごすことができた。

参加者のみなさん、ありがとうございました。
これからも引き続きよろしくお願いいたします。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.22

久しぶりの遠征、後ホームパーティ

Dsc01037今日は、夕方からのホームパーティに馬刺を買っていくと約束していたので、どうしても日田方面へ行かなへればならなかった。昨夜は、深夜にもの凄い風と雨で、今日の釣行が危ぶまれたが、起きると雨も風も治まっていた。
昨年はガソリン高騰で高速を使った遠出はしなかったので、大分方面へは出かけていない。今年はガソリンも下がり久しぶりにO川へ出かけることにした。
車を南に走らせると、徐々に雨足が強くなる。南風は、山の南斜面にぶつかり雨を降らせていた。山の北にある福岡市内では雨が降っていなくても、山の南では雨が降っていたのだ。
Dsc01038_2川に到着すると、昨日の雨で案の定、増水し水は濁っていた。入渓して間もなく、雨足も強くなりコンディションは最低。魚の反応は鈍く、あきらめかけていたところにヤマメが喰った。が、フックが外れてバラシ。その後、フライをチェンジし、少し上流の岩陰からやっと1匹。これがこの川の唯一の釣果となった。この川では早々に納竿、約束の馬刺を買いに浮羽へ。
馬刺とたてがみを購入して、もう一振りと高速を使っていつもの嘉瀬川へと向かった。しかし、こちらはさらにひどい濁りと増水。あきらめて帰ろうかと思いながら川を見回すと、ライズするヤマメの姿。となると竿を出さないわけにはいかない。しかし、やっぱり十分に学習したヤマメは、姿を現しても釣られることはなかった。

Dsc00062夕方、馬刺を手に向かったホームパーティでは、美味しい料理とワインをたくさん堪能。楽しい話題で時間を忘れ、いつの間にか日付が変わっていた。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.21

夕方ちょっとだけ

200903215春休みになって飛行機代が馬鹿高くなった。早割でも片道29,900円!空港まで・空港からの交通費を含めると、往復で軽く6万円を超えている。
できるだけ航空運賃を抑えようと早割予約すると、便の変更が利かない。なんとしてもその便で帰らないと、キャンセルして普通運賃で乗らなければならない。そうすると、キャンセル料金を加えてなんと片道4万円以上!!!!
3連休の真ん中、午後の中途半端な時間に福岡に帰り着き、少しだけでもと一番近いM川へと急いだ。

当然前日から釣り人が大勢押し掛け、しかもこの日も中途半端な時間帯。シビアな釣りではあったが、フライを小さくして、いるべきところを探るとちゃんと出る。
この日の最大は、小さなプールから出た20cm弱。それでも、短い時間で十分楽しみました。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.20

牛角の鯛焼き

Dsc00061全日空のキャンペーンで、搭乗券2枚でいろいろなお店でサービスが受けられる。しかし、プロントのコーヒー以外はなかなか使えそうなお店がなかった。ところがもう一つあった。牛角である。焼き肉上ロースかカルビか忘れたけれど、1人前サービス。

で、食後のデザートに鯛焼き。最近どういう訳だか、鯛焼きを見ると、反射的に注文してしまうようだ。
炭火で暖める程度に表面を焼いて、生クリームをつけて食べる。
美味でした。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.17

八海山搾りたて原酒生酒

Dsc03547珍しく、新橋で一日の仕事を終えることになった。
新橋といえば、酔っぱらいの聖地。ここで素面で帰るわけにはいかないでしょう、とNさんと一杯だけひっかけることにして、新橋のいつものお店へ。

いつもの白木のカウンターで、親父さんの新潟料理をつつきながら飲むと、一杯が二杯になり、二杯が三杯に………

そこに親父さんが、珍しいお酒が入ったので一杯どうですか、と出してくれたのが八海山の搾り立て原酒。美味しいけれど度数が高い。口当たりの良さにクイッといくと、また記憶を無くしそう。
明日のことも考え、程々にして(それでもすでに十分飲んでいる)店を出た。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.15

チビ鯛焼き

Dsc03546銀座に出かけたついでに、有楽町のビックカメラに蛍光灯を買いに出かけた。
有楽町駅の改札前を通ったときに、小さな鯛焼きがガラス越しに宙を舞っていた。
なんだか楽しそう。

気になったので、帰りに買ってみた。
あんこは8種類。33個入りで1050円。
小さいので、あんこが何なのか食べてみるまでほとんど分からない。
うーーーん、家族には結構不評でした。全部小豆のあんこにしてれば良かった。

blog←読んだらクリック!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.14

ホワイトデーにジブリ美術館

Dsc03537Dsc03539どういいうわけだか、ホワイトデーの今日、三鷹の森ジブリ美術館へ行って来た。言わずと知れた、宮崎駿夫監督の作品にまつわる様々な品物が集められた美術館。
屋上には、天空の城ラピュタで庭を守っていたロボットが、やはり美術館を見守るかのようにたたずんでいた。
外での撮影はOKだけれど、館内での撮影は不可。絵コンテや実際に使われた道具など、興味深い物がたくさん。こどもよりも、大人が楽しめる美術館。そして、TDL同様、一番にぎわっていたのは売店。
おっと、売店といってはいけない。ミュージアムショップだ。
その名も「MAMMA AIUTO!」大好きな「紅の豚」に出てくる空賊の名前。

Dsc03542で、そこでポルコロッソの愛廷「SAVOIA S.21F」の1/72モデルを購入。
事務所のアポロの隣に飾ろう。
飾るときには、ちょっとリアルに汚したり何かしてね。

blog←読んだらクリック!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.13

つよいこ号にETCを付けた

3月28日から実施される高速道路の割引だけでなく、すでにETC搭載車を対象とした割引は様々な形で実施されている。これまでは車載器が高いとか、高速道路を利用する機会が少ないということから、ETCの搭載を見送っていた。
しかし、料金割引だけでなくETC助成、さらには台数限定でETC無料提供まで出てきて、世の中は一斉にETC取り付けモード。こうなると高速道路そのものがETC抜きではあり得ない姿になることは間違いない状況。
ETCカードは1月に申請して、すでに手元に届いていたので、あとはどのタイミングで車載器を取り付けるか、ということ。旬の時期にその場に身を置いて、実体験するのも僕の仕事のうちと考えていた。午前中のミーティングから戻り、午後から助成対象のお店に片っ端から電話した。
無料提供は当然のごとくすでに終了。オートバックスやイエローハットのお店は、カウンターで10人以上順番待ちで、今日の取り付けは夜まですでに一杯という。
それでは、とメーカー系ディーラーで助成対象のお店に電話すると、取り付けは受けられるけれど条件がいろいろ有ると伝えられた。曰く、一括払いではなく24回払いにすること、2回払いも可能だが、その際には財団に100円の寄付を入れることなど…………

だいたいの様子は分かった。
ここまで来たら、やはり実際に取り付けたい。で、「つよいこ号」を購入したディーラーに電話したら、助成対象ではないけれど、台数限定のキャンペーン中という。さっきのメーカー系ディーラーの物よりもスペックも良いし、値段も安い。オートバックスやイエローハットで電話聞き取りした金額と変わらない。
当然、助成対象店以外も、このタイミングにいろいろと考えているはず。こんなことは当然の営業努力である。

かくして、我が「つよいこ号」は、ETC搭載車となった。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2009.03.12

私の銀座オフィス

Dsc03527昨夜は、大学同窓会役員会。
思いの外時間を要し、一人で遅い食事をして家に帰り着いたのは0時をまわっていた。
そして、今日の朝の飛行機で東京へ。午前中のミーティングを終えて、午後は2つのセミナーに参加するつもりでいたが、さすがに2つは無理と品川でのセミナーはパス。3時から汐留の電通ホールで開催される「次世代育成フォーラム」に絞り、それまでの時間は、銀座のオフィス代わりの「R25Cafe」で過ごすことにした。
ここは電源も無線LANもあるので、使い勝手が良い。
今日で言えば、汐留まで歩いていける場所だから、時間も読めるし無駄がない。

それでなくても何となくここに足を運ぶのは、昔の職場だから、の安心感もあるのだろうけれど。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.08

1週間ですれまくり!

200903082解禁から1週間が過ぎ、今シーズン2度目の釣行。
先週と同じく、M川~古湯というプランで出発。しかし、M川は先週よりも少し上流を目指す。
風もなく、気温もだいぶ高めではあるものの、夜が明けたばかりの川の水は冷たい。5度あるだろうか。いつもなら反応があるはずのポイントでも魚の反応はなし。全く反応がないまま1時間以上釣り上がり、8時を過ぎた今日のこの川での釣り止めのポイント直前、やっと反応が出始めた。
そして、出た!待望の…………
0090308
しかし、一旦はくわえたものの次の瞬間にはフックが外れてヤマメは姿を消した。赤い側線がはっきり見える、20cmほどの魚だった。その後も小さなヤマメの反応はあるが、フッキングには至らず一度先週も釣った下流へ移動。ここでは一流しで20cmの綺麗なヤマメが出てくれた。周囲には餌釣り師もいたので、長居は禁物。この1尾で十分。早速古湯へ移動。

古湯に到着して驚いた。
1週間前の解禁日には、車を停める場所を探すのにも苦労するほどだったのに、今日は5~6台しかいない。
ライズ待ちのflyfisherに状況を尋ねると、昨日は長いことライズが続いたということ。しかし、すでにヤマメは相当にすれていて、なかなかフライをくわえてくれないということであった。

200903084僕はライズ待ちの釣りはあまり好きではないので、とりあえず瀬と岩場の陰をたたき上がり。ほどなく流れの脇から17cmほどのヤマメが出てきて、先ずは本日の古湯の1尾目ゲット。
その後、流れの中から良いサイズのヤマメが飛び出してフライをくわえるも、間もなくフライが外れてばらしてしまった。15cm前後の小さなヤマメを2尾つり上げたところで小休止。
やはり、ライズを待つしかない様子。腹ごしらえをして、先週たくさんのライズが発生し、良い型のヤマメを4匹つり上げた下流の緩い流れへ移動。ライズは無いが、待てばそのうちに………

じっと待つこと30分くらいで、早い流れの中にライズ発見!
これがなかなか手強い。さすがに良く学習しています。普通のフライでは見向きもしない。悔しい!
こうなれば自分の視力の限界に挑戦。流れている水に浮く、ほんの小さなフライの目印。しかも、魚に警戒心を与えないようナチュラルカラーのCDCミッジピューパ。フックサイズは#24。もう限界。止水のプールや流れが緩やかなところなら見えるけれど、白泡が混じる流れの中ではほとんど見えないCDCの目印を追う。
しかし、その甲斐あって出た!
200903086しっかりとフックはかかっているが、何せフックサイズが小さいから取り込みは慎重に。流れの中を走り回り、岩の陰に逃げ込みそうになり、かなり苦労してやっとゲット。本日一番のサイズで23cm。
ヒレは綺麗なのに、鱗がかなり剥げている。何度も釣られた年越しのヤマメだろうか?

この後は、姿を見せるもののフライをくわえる大きなヤマメは現れず、小さなヤマメを数匹つり上げて終了とした。

それにしても、1週間で本当に状況が変わってしまい、びっくり。
昨年だとGW前まではそれなりの反応だったのに、今年は一気に学習したのでしょう。釣り人も減り、これからのシビアな釣りも、それはそれなりにまた楽しみではあるが。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.06

桜の鯛焼き

Dsc03523僕は、ここの鯛焼きが大好きです。
北千住ルミネの地下にある横浜くりこ庵という鯛焼きやさん。
ふっくらと厚みがあり、表面はカリッとしてボリュームがある。

そのくりこ庵の前を通ったら、季節限定の桜餡の鯛焼き。
今日は長男の高校卒業式も無事終了し、これはなんだか縁起も良さそう。色も綺麗だから、と家族5人分を買って帰った。
Dsc03525餡の色も可愛いし、みんな大喜びと思っていたらそうは問屋がおろさなかった。
桜餡は、桜餅と同じでちょっと大人の味。小学生の次男は一口食べて「いらない、誰か食べて良いよ」crying
これは計算違いだった。
見た目と中身(味)は、必ずしも一致しないし、味の好みは人それぞれ違うのだということを改めて確認。
思いこみや決めつけは駄目ですね。
仕事でも、知らず知らずのうちに、そんなことになってはいないかと、反省した桜の鯛焼きでした。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.05

再会とワインと車の関係

Dsc03514懐かしい人から、突然メールが届いた。福岡のカフェ・ド・ペガスでよく一緒になっていた長身のO氏。相談したいことがあるので、一度時間をとって欲しいという。てっきり福岡でのことだと思ったら、なんと転職して東京、それも銀座で働いているという。福岡なら久しぶりにペガスで、と思ったのに残念。
O氏からは、夜食事(飲みながら)でも、と嬉しい誘いもあったのだが、この週は予定が詰まっていて昼間オフィスでの再会となった。
ほぼ5年ぶり、昔話や近況報告などをして本題に。ここでは書けないけれど、おもしろい仕事をやっていた。
次回は、ワインを飲みながらにしましょう、と約束して別れた。

交差点で見上げたMATSUYA GINZAの壁面には、ワイン色の道を駆けるAUDIが。そうか、こんな所に僕に宛てた秘密の暗号を隠していたんだな。

次回はワインで会うDAY(アウディ)ですな!

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.03

祝30周年 ビストロ・シェ・ラパン

Dsc03492昨日は、夜遅くまで事務所で飲んだ。いつものように、みんながつまみを持ち寄り、事務所のワインを片っ端から飲んで、空き瓶がゴロゴロ。そんな二日酔いで迎えた桃の節句。
今日は、博多の豪商神屋宋湛の末裔でもあり、フレンチのシェフでありながら博多の郷土料理や茶懐石などにも造詣が深い神屋さんがオーナーシェフを勤める、福岡の老舗ビストロ、「シェ・ラ・パン」の30周年。
パルメの会福岡支部発祥の地でもあるレストランのお祝いに、みんなで駆けつけた。
Dsc03510お祝いに、みなさんが持ち込んだワインや用意されたワインが素晴らしい。ウェルカムのシャンパーニュはボランジェのRD1995マグナム!その後ポルロジェ、アンリオ、2本のマグナムシャンパーニュを空けて、白、赤と続く。
もちろん、神屋さんの料理と共にいただく。
Dsc03501そして、メインの肉料理のところで出てきたのは、シャトームートンロートシルト1981マグナムボトル。本当は1979を用意したかったということだけれど、さすがに手に入らなかったらしい。
素晴らしいワインが揃っているけれど、いつものワイン会とは違いワインよりも食事と会話が中心。常連のお客さん同士の楽しい時間が過ぎていった。

会もお開きになり、みなさんが帰った後に残った数人に、神屋さんがお礼にとルイロデレールクリスタル1990を開けて振る舞ってくださった。
最後の最後まで、美味しいワインに満足した雛祭りの夜でした。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.01

良い一日でした

200903011待ちに待った解禁日。
今年は雪も雨もなし。夜明けに川に到着するように家を出発。目指すはここ数年、初日と最終日に必ず竿を出すM川。
予定通りに6時半前に到着。すでに上流には釣り人がいたが、目指すポイントではなかったので一安心。目的のポイントは誰もいなく、川に降りると思いのほか風が強い。
もちろん気温は低く、水は氷のように冷たい。指先はかじかんで、思うように動かない。
強い向かい風に悩まされながら、キャスティング。ここぞ、と思うところをいくつか攻めるものの空振り。しかし、やはりこの川は裏切りません。最初のヤマメは18cmのべっぴんさん。シーズン最初の一匹として、申し分なし。
その後、2尾あげたところで本日の本命、嘉瀬川C&R区間へ。

2009030109200903015まずは今年の遊漁券を購入。いつものお店で年券を購入して、状況を尋ねてみる。2月中にたくさん買いに来て、今日もすでに20人以上が遊漁券を購入しに来ているという。
川に行くと、まさに大混雑。車を停めるところを探すのにも苦労するほど。それよりもどこで竿を出すかの方が問題だが。
ヤマメの姿は見えるが、反応はいまいち。先に入ったflyfisherに状況を訊いてみると、厳しい様子。
それなら、とゆっくり構えて水温が上がるまでニンフで浮き釣り。そして、嘉瀬川最初のヤマメはニンフで釣り上げた22cm。
そうこうしているうちに、だんだん日が高くなるにつれて気温も水温も上がって、いよいよライズが。
そこからはいい感じ。22~23cmのヤマメが立て続けに。
こんな日は一年を通じてもそうはない、良い一日となりました。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »