« 新宿「樽一」で新年会 | トップページ | ル・シュヴァリエであのワイン »

2009.01.16

東京で福岡の集まり

Dsc03273福岡でかつて一緒に飲み、仲の良かった仲間が、転勤や転職で東京に多く暮らしている。そんな仲間で新年会を、と声がかかり、2夜連続の新年会となった。
今夜の会場は、四谷の「竿灯」。そのものずばりの秋田料理の店。

懐かしい、気の置けない仲間の集まりで、盛り上がらないわけはない。何で盛り上がったかはここでは書けないけれど、それよりもこの店が凄かった。とにかく安くてボリュームが多い。お姉さん2人で切り盛りするお店で、予約がなければ入れない。もちろん、満席。
お酒は全部セルフサービス。
肴がどんどん出てくるが、次の料理が乗る場所がないので空いた皿は自分たちで下げないとならない。ハタハタ(2匹)、小鉢に始まり、刺身の盛り合わせ(一つ一つが大きい)、煮物、卵焼き、蛸の唐揚げ、薩摩揚げ、鶏の唐揚げ、サラダ………写真は既に宴会も後半に入った頃なのに、まだ最初の刺身の盛り合わせも煮物も食べきれずにいる。
最後のきりたんぽ鍋の時には既にお腹一杯。半分も食べられないまま火を止めた。
このお店では、食べ残し厳禁。残った料理は全員で持ち帰り(鍋は除く)。
更に、帰ろうとしたとき、お店からのお土産とタラコ(辛子に浸けてない塩タラコ)が、一人3腹(6本)ずつ!

お腹も一杯、笑いも一杯、お土産も持って帰った充実の新年会でした。

blog←読んだらクリック!

|

« 新宿「樽一」で新年会 | トップページ | ル・シュヴァリエであのワイン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18605/43814738

この記事へのトラックバック一覧です: 東京で福岡の集まり:

« 新宿「樽一」で新年会 | トップページ | ル・シュヴァリエであのワイン »