« 今年最高のプロポーション | トップページ | 来たーーーーーー! 年金特別便 »

2008.09.24

王監督、有り難うございました。

とうとうこの日がやってきた。
王監督の退任。

14年前、王さんが福岡ダイエーホークスの監督に就任した年、シーズン開幕と同時に福岡ドームの広報宣伝、特に福岡ダイエーホークス主催試合の集客のために転勤を命じられ、福岡に着任した。もちろん、それまでスポーツ(野球)ビジネスにも、エンタテインメントにも関わってこなかったので面食らった。東京でマンションを購入して引っ越ししたばかり、段ボールの荷物もまだ全部開封・整理がついていないときに、どうして僕が?という思いも強かった。

赴任して最初にお会いしたのは、当時の(株)ツインドームシティ社長であり、福岡ダイエーホークスオーナー代行の中内正さん。中内さんは、野球ビジネスへの思いと将来の夢を熱く語ってくれた。

1995年は、阪神大震災、オウム真理教のサリン事件など暗い事件からスタートした年。そして、プロ野球にとっては集客もテレビ放映も、マスコミの話題もJリーグ人気に押されて、低迷していた時期だ。

ホークスは、南海ホークスから福岡ダイエーホークスになり、福岡にフランチャイズを移して以来万年Bクラス。1993年に本拠地を平和台球場から福岡ドームに移してからも、ドーム効果(ドームの物珍しさ)で観客動員数こそ伸びたものの、成績は相変わらずだった。入れ物が変わってもチームは変わらない、プロ野球人気も低迷。プロ野球そのものの人気を何とかしなければ、プロ野球も、福岡ドームも先は無い。
そこで、中内さんが考えたのがON対決だった。そう、監督としてのON対決。
1993年に長嶋さんは読売巨人軍の監督に就任。これも、プロ野球人気にかげりが見え始めたために、ナベツネさんが長嶋さんの再登板で人気復活を目指してのことだったのだと思う。そして1994年には、長嶋巨人は日本一になった。
中内さんはこれを好機と捉えて見逃さなかった。ON対決は日本シリーズで実現してこそプロ野球全体の人気復活に繋がる。王さんを監督に迎えるのはセ・リーグであってはならない。パ・リーグのチームに王監督を迎えてリーグ優勝、そして巨人との日本シリーズを実現するのだと。だからホークスに王監督が必要なのだと。長嶋さんが監督の間に必ずホークスはリーグ優勝して、日本シリーズで戦うことが目標なのだと。

高い視点、長期的な戦略でプロ野球を見据え、熱く語る姿に、その時は圧倒された。僕と同じ年生まれで、当時まだ30台半ばだった。

オーナー代行であった中内さんは、父でありオーナーである故中内功氏に王さんを監督として迎えるよう進言したのだろう。ビジネスには厳しい中内オーナーとはどのようなやりとりがあったのだろうか。巨人軍のユニフォーム以外着たことがない王さんとの交渉も決してスムーズではなかったはずだが、結果としては監督就任の約束を取り付けた。ホークスの王監督誕生の陰に、中内正さんのこのような思いが有ったことを知る人は少ないだろう。因みに、後にメジャーに行く井口選手は、1997年逆指名で入団したが、大学の先輩でもある中内正さんの世界に開かれた球団構想-ホークスはローカルな球団では終わらない。ホークスをステップにメジャーリーグを目指せ-に入団を決めたとも言われ、実際にメジャーへと飛びたった。

王監督は、大学進学の意志を示していた城島を説得して翻意させた。王監督でなければそのまま大学に進学して、今頃はどこか別の球団に所属して、メジャーリーグにも行っていないかもしれない。

王監督については、今回改めて関係者やファンの口々からその人柄の素晴らしさについて語られている。どんな時にも紳士で威張ることもなく、年下だった中内正さんにも常に敬意を払い、一スタッフであった僕のような人間に対しても常に正面からしっかりと対応していただけた。そして何よりも、常に野球をチーム・ファン一体のものと捉えられていたこと。
こんなことがあった。監督就任後も、チームの成績は相変わらず低迷。2年目の1996年5月、最下位。ちょうどO-157による食中毒も流行、勝てないチームの監督にスタンドでは「OH-89」などのプラカードを掲げるファンもいた。そして、日生球場での生卵事件。その翌日、たまたまシーホークに泊まられていた倉本聰さんに誘われてバーで飲んでいたら、中内正さんが合流。暫くしたら、日生球場から戻られた王監督らも来られた。
5人で軽く飲みながら談笑していたが、やがて話しは生卵事件に移った。球団幹部は応援するべきファンがあんな行為をするなんて許せない!と激怒していたが、監督はなだめて「怒るべきは自分たちにであって、ファンを攻めることはできない。本気で応援してくれているからこその行為だと受け止めなければ」というようなことを話されたのを記憶している。

広報・宣伝を担当する者として、チーム・監督には色々なお願いをしたが、ファンのため、ファン作りのためならと、何事にも前向きに協力いただいた。そして1998年、20年続いたBクラスから脱出。この年を最後に僕は福岡ドームの仕事から離れたが、翌1999年には見事日本一。そして、2000年にはリーグ2連覇を成し遂げ、セ・リーグ優勝の長嶋巨人軍との日本シリーズで、監督としてのON対決をついに実現した。

すっかり福岡の人となった王監督。退任された後もゼネラルマネージャー職にはとどまり、福岡に残って欲しいと願うのは僕だけではないだろう。ほぼ時を同じくして誕生した新首相の麻生太郎氏は王監督と同じ年齢。暫く充電して再びユニフォームを着る日もあるかも知れない。まだまだこれからですよ。

blog←読んだらクリック!

|

« 今年最高のプロポーション | トップページ | 来たーーーーーー! 年金特別便 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18605/42587274

この記事へのトラックバック一覧です: 王監督、有り難うございました。:

« 今年最高のプロポーション | トップページ | 来たーーーーーー! 年金特別便 »