« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月の記事

2008.07.29

日の丸が緑に!-JAL空のエコ

Dsc02480s東京に向かうために福岡空港の手荷物検査場を通過したところで、目の前のJALの機体に違和感を感じた。
何だか、おしりが軽い印象。

なんと、尾翼の赤い日の丸が緑に!
胴体の後方には、緑色の紙飛行機のイラストと共に、「空のエコ」って書いてある。
「空のエコ」ってなんだろう?どうやってやるんだろう?
この機体だけ、燃料の予備の量を減らしたり、機内サービスをやめて機体を軽くする?管制官に黙って直線の最短距離を飛んでショートカットする?
いずれにしても、一回飛べばもの凄い量のジェット燃料を使うし、CO2も発生させる。

やっぱり、飛ばす回数を減らすのが一番。
本気でANAと一緒にダイヤ改正、マイレージのあいのりしたらどうだろう

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.27

久々の大物

200807279s今日も先週のリベンジで古湯へ。
だいぶ水は減ってはいるが、それでもまだ多い。やはり、山では突然のにわか雨が多いのだろう。ダムも満水だったので、大雨に備えて、少しずつ放水しているのかも知れない。
さて、ヤマメはと言うと、いました。
やっと18cmが流れの中から出てくれました。

200807273s他にも、大物の影が見えたり、岩陰を移動するヤマメの姿も確認できました。やはり古湯にはヤマメが居る事はいる。しかし、反応がない。ここは水温が高いせいもあり、夏場は厳しい!
居ることは確認できたのだから、今度はどうやってこれを釣り上げるか?来週からは新たな挑戦です。

200807276s午後は、先週の背振の川の少し下流に。上流は6fでも振るのが難しい一方、少し下流に下ると今度は護岸工事もされていて、古湯で使う7フィート6インチでも振れます。その代わり、大きな岩が少ないので、大物はやはり期待できません。
それでも、15cmほどの綺麗なヤマメが。

200807277s浅い砂底が続いた後、唯一と言っていいくらいのポイントで、フライを何度か丁寧に流したら、期待を裏切らず出ました!
浅くて狭いポイントなので、大物は期待せずに引き寄せると、意外に良い形。
ネットに納めると頭が思った以上に大きい!
落ち着いてヤマメを眺めてみると、なんと立派なヤマメなのでしょう!
24cm弱の、久しぶりの大物。しかもこの川では過去最大。

今日は、どういう訳か、合わせ切れ3回、岩や木の枝にフライをかけてライン切れなど、フライを10本以上紛失するという散々な日でしたが、この一匹の御陰で良い一日となりました。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.25

流石!瓦葺き職人の昼休み

Dsc02479sクライアントさんとのミーティングに向かう途中、塀の上に人が寝ていた。
その家は、屋根瓦の葺き替え中でちょうど昼休み時。
塀の上は日陰になって、涼しいのだろう。
それにしてもこんな狭い幅の塀の上で寝られるなんて、スゴイバランス感覚。

流石!

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.24

変な看板、この手は誰の右手?

Dsc02478s_2福岡市役所のT氏が出張で東京に来るという。
打ち合わせしたいことがあるので、どこか分かり易いところで待ち合わせをということになり、大学のサテライトがある六本木ミッドタウンにした。

当日、ミッドタウンの前の横断歩道に立った時、そこから見える看板に違和感を覚えた。
水泳の北島選手が大写しの看板だが、体と手が別々だ!
向かって右、左手の所に右手が!
この右手は誰の手?これはわざと?
どうしてこんな違和感のある看板にしたのだろう。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.23

成績と就職とキュウリ

Dsc02469s大学院の授業も終了し、課題提出の締め切りを過ぎたので、担当教授と学生の成績判定を行った。
企業で言えば人事査定。査定なら「優」「良」「可」の出現率を相対的に決めるところだが、成績は絶対評価(点数)で決めること。企業の査定で言えば、「優」は例えば上位20%程度などどするだろうが、点数が80点以上であれば何人でも「優」。60点未満であれば、何人でも不可。

授業でのグループ討議や参加姿勢などを加味しながら、およそ1時間半かけて成績判定作業は終わった。

肩の荷を降ろし、教授と食事にと大学を出たところで、教授に就職相談をしていた女子学生と遭遇。ついでだから、一緒に食事しながら話しを聞こうということになり、焼酎をたらふく飲む。飲んでいたのはおじさん二人だけで、彼女はウーロン茶でずっと付き合ってくれたが。

店を出て、教授はもう一軒と暗やみに消え、ぼくも自宅近くで吸い込まれるようにいつもの店に。
とりあえず、で「梅キュウ」を頼んだら、突き出しにもキュウリのお浸しが出てきてガックリ。突き出しなんて、何種類も用意してある中でどうして?カッパか?と思ったが、ま、良いか。
カッパになった気持ちで、「河童の川流れ」なんて事にならないよう、自分の仕事にもう一度きちんと向き合おう。

今週は、気合いを入れてコンペの提案書作りだ!

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.22

これで本当に24時間ドコデモ携帯

Dsc02471s_2NTTドコモから、世界で使えるWorldwing携帯でやっと妥協できるデザインの物が出たので、買い換えた。
世の中はiPhoneの話題で持ちきりだけど、ソフトバンク携帯は既に社内電話代わりに1台持っているし、通信費を節約するための携帯がiPhoneになると高くなってしまうので、本末転倒。

で、購入したのはSO706i。
大きさ(小ささ)薄さと、手に持ったときのフィット感が良い。
それに、東京都の仕事のコンペに参加しているので、気合いを入れるためにTOKYOの着せ替えカバーを付けた。

ワンセグやお財布ケータイ機能なんていらないから、もっと安くして欲しいと思うのは、おじさんだからだろうか。
ビジネスで使うケータイだから、ワンセグよりも防水が欲しい。
携帯のハードについては、デザインも機能も、やっぱりまだまだソフトバンクが随分先を行っているなあ。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.21

海の日にも山へ

200807212今日は海の日。
しかし、僕はヤマメを求めて山へ行く。
台風の影響で、湿った南風が吹くなか、三ツ瀬トンネルを抜けて佐賀県へ。トンネルに入る前の背振山の北の福岡県側は晴れていたが、トンネルを抜けた南側は曇っていた。それどころか、古湯に着く頃には雨となってしまった。

川は濁りはないものの相変わらず水量が多い。夜明け間もないこんな時間でも魚の気配も感じられない。
魚が着いていそうなポイントを探るが、ヤマメの反応はない。そうこうするうちに大粒の雨が降ってきて、橋の下で雨宿り。その後も、雨が降ったり止んだりで落ち着かない。それでも、魚の活性があがるのでは、とむしろ期待もするが、やはり釣れるのは、目つきの悪いオイカワやカワムツ。
20cm近いカワムツになると、それなりのひきがあり、一瞬期待するのだが………

午後は古湯を後にして、20kmほど移動。背振山頂近くの小渓流を目指す。
ここは、すぐ上に瀧があって、実質そこがヤマメ留め。川幅も狭く、頭上の空間もほとんど取れないので、餌釣りはおろか、フライフィッシャーにとっても竿を振るのが難しい川。僕の6feetでも竿を出せるポイントは限られている。
それだけに、魚はスレていないが、滅多に大物もいない。

突然の雨に振り回されながらも、一応ヤマメとの対面を果たした。

さて、これからの盛夏、古湯を諦めて源流の釣りに徹するか?

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.15

パリ祭の夜

Dsc02460s7月14日はパリ祭。
日本人の僕にとっては、別にそれがどうしたというわけではないが、ワインを飲む口実にはなる。
ちょうど、ビストロ・シェ・ラパンの神屋さんからパリ祭のお誘いの葉書が来ていたので、出かけることにした。
ここで食事をするのは、ほぼ一年ぶりだろうか。
しかし、男一人で行くのも寂しい。
かつては僕の事務所に居候していて、このお店の近くに事務所を引っ越ししたN嬢も誘った。

神屋さんもお店も、あい変わらず。
普段はコース料理なんか食べないが、パリ祭コースを食べてお腹一杯。

Dsc02465sお店を出て、もう一杯というところで携帯が鳴った。
「どこに居るんですか?」Yさんからだった。
「これからシャンパンでもと思っているところです」。

で、結局3人でシャンパーニュを一本。
最近、体重が増えてきた………

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.14

ヤマメが居た!

200807132午後、東京から福岡に戻り、夕方の釣りを楽しもうと出かけたが、まだ日が高い。
ダメ元で、福岡市内のS川に久しぶりに寄ってみた。想像通り、家族連れが大勢川で遊んでいる。網で魚をすくっているお父さんに、「ヤマメはいますか?」と尋ねたら、「小さいのはいるんじゃないかな。でも、朝か夜でないと釣れないよ」とつれない返事。

水遊びをする子ども達の脇の岩を伝って、少し上流へ上ったところでフライを流すと、先ずはカワムツ。まあ、こんなもんだろう。更に上って何となく気配が濃厚になってきた。流れの脇にフライを流すと、出た!大きくはないがヤマメだ。

ここのところ、雨が降れば大雨で、昨年の大雨の際に岩も何もかも流されて、この川からはヤマメはいなくなったと思っていたが、残っていた。堰堤の淵には大物がいそうな雰囲気がぷんぷんしていたが、出るのは大きなカワムツ。早朝か夕暮れ時に改めて攻めてみよう。

ところで、満を持して出かけた古湯は相変わらず水が多い上に、なんとその日は花火大会ということで、ファミリーやカップルが河原にうじゃうじゃ。
全く当たりがなかった上に、岩の苔で足を滑らせてずぶ濡れになるは、右膝を捻るわでさんざんでした。

ここは標高も低くて水温が高めなので、夜明け直後の早朝でないと厳しいだろうなあ。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.12

同窓会

Nec_0017_2大学の同窓会会長になったために、関東支部の総会に出ることになった。
会場は六本木ミッドタウン。
同窓会が始まろうとした頃、窓の外では突如空が黒くかき曇り、雷を伴う雨と風で台風が来たかのような状況。しかし、それもすぐにおさまったが、何だか同窓会の先行きを暗示するようでやな感じ。

Nec_0018総会は無事に終了し、懇親会の会場は六本木ロアビルにあるレストラン。ここで卒業生の一人がiPhoneを持って来ていた。
展示品ではなく、通話できる本物のiPhone。
みんなが、ゲームの商品にしろなんて勝手なことを言っていたが、そんなことよりやはりデザインが良い。
Docomoでも取り扱ってくれれば、すぐに変えるのに。
Docomoの携帯デザインは、子ども、若者に向きすぎてCOOLではない。
そろそろ携帯を変えなければなあ。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.07.11

iPhoneの行列を見てきた

Dsc02451s今日からiPhoneの販売が開始された。
午前7時の販売開始イベントは、テレビでさんざん紹介されていたが、その時点で1500人も並んでいたのだとか。
そして、15:30、打ち合わせのために地下鉄神宮前の駅から地上に出たら、ちょうどその行列の最後尾が目の前に。
しかも、この最後尾は明日の販売に並んだ行列の最後だった。

すれ違う人の何人かは、softbankの袋を持っていた。
さて、僕の周りでは誰が最初に手にするのだろうか?

blog←読んだらクリック!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.09

最短最速!ドアtoドア1時間を切った!

飛行機が羽田空港に着陸したのは19時10分頃。座席は5G、プレミアムシート以外では、最も扉に近い座席だったことも良かった。羽田空港第2ターミナルビルの60番ゲートにたどり着いて、飛行機の扉が開かれたのは19時18分。
飛行機を降りて小走りに高速バス乗り場へ向かい、19:25発北千住行きに乗ることができた。

ガソリン高騰の影響であることは間違いないだろう、この時間帯なのに首都高の合流でさえもスムーズ、首都高も一般道路も全く渋滞無し。北千住駅には20時前に到着し、鉄道に乗り換えて自宅のドアを開けたのは、20時12分。
なんと、飛行機を降りて自宅にたどり着くまでに要した時間はたったの56分。
しかも、バスの中ではPHSで繋いでインターネットも使えて仕事もできる。

あいのりタクシーに次ぐ時間効率。ガソリン高騰が思わぬ所で僕にメリットを与えてくれた。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうしてまっすぐ帰れないのだろう

Dsc02449s今年初めて、FPRC-福岡PRクラブに出席した。
ここのところのスケジュールでは、福岡で夜を過ごすのは月曜日と火曜日に限られているので、色々と行事が重なることが多い。FPRCは20時スタートという中途半端な時間帯なので、時間を合わせるのが難しいと言うこともある。

いずれにしても、久しぶりの参加で、懐かしい顔ぶれや初めてお会いする方など楽しい時間を過ごして会場を後にした。
僕は薄いジントニック(いつも無理を言って薄ーいのを作ってもらう)3杯飲んだが、ほとんど食べていないのでお腹がすいている。一緒に行ったFはもう少し飲み足りない(彼女はビールを一杯だけ)と言うので、なかなか行き着かない隠れ家BAR(ただでさえわかりづらい場所にあり、看板もないお店、しかも酔っぱらって出かけるのでなかなか辿り着けないのだ)に寄ることにした。

珍しく無事にたどり着き、仕事の話しなどしながらワインを2杯飲んで別れた。

Dsc02450s帰り際、まだ何となくお腹が物足りない。
で、自宅近くまでたどり着いているのにまた一人で………
どうして真っ直ぐ家に帰れないんだろう?

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.08

レイルスターが東京まで走れば良いのに

Dsc02439s出張で新幹線に乗る時は、可能であれば「ひかりレールスター」を選ぶ。
指定席ならば、通路を挟んで2席・2席のゆったり座席。JR東海の車両ならばグリーン車なみ。オフィスシートが取れれば、電源付きの座席でバッテリーを気にせずに仕事ができる。
利用したことはないが、コンパ-トメントなら家族4人まで楽しく過ごせる。

レールスターは、JR西日本の車両で、残念ながら博多~新大阪間でしか運行されていない。東京への新幹線移動は、選択の余地なく「のぞみ」になってしまうが、レールスターが東京まで運行したら絶対にこちらを選ぶ。
7日のブログにも書いたが、もし、福岡空港が玄海沖に移転し、新幹線が博多~東京、4時間半を切るようになれば、新幹線での移動が視野に入る。
そのときには、レールスターのような車両が導入されていると、本当に助かるなあ。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.07

サミット開催で思う福岡空港問題

Dsc02004s今日から洞爺湖でサミットが開催される。今回のサミットは、地球環境や食料・エネルギー危機に関しての議論が行われる事になっている。
サミットに合わせて、テレビやラジオ、新聞などのメディアでは環境に関する特番や特集が組まれ、地球の危機的現状をこれでもかというくらいに伝えている。

これだけ地球の状況が危機的であることを誰もが認識しているのに、どうして各国が協調できないのか?総論賛成、各論反対。地球は大事だが、自国の利益が優先。多くの企業では、これまでの主要事業とその顧客にダメージを与える可能性がある新規技術や事業をスタートしようとすると、社内で大反対が起きてスタートできないことが多い。そうこうしているうちにベンチャーにその市場をさらわれて、結果会社も衰退するという構造と似ている。各国(既存事業)が自国の利益を優先して譲り合わないばかりに、地球(会社)そのものを破滅に導こうとしているのだ。

ところで、福岡では、新空港の議論が再び盛り上がっている。空港のキャパシティ・発着回数が限界に来ているから、新空港を建設するのだと主張している。何とばかげた議論なのか?一方で地球環境のことを議論しているのに、わざわざ環境をさらに壊すような議論をしている。

どうして、今の空港ではダメなのか?将来、発着回数を増やさなければならないのか?国土交通省が道路建設を進める根拠として出し続けてきた交通量予測と同じ水増しではないのか?

人口動態を見てもわかるように、これからは人口も減り続ける。原油の価格は仮に下がっても以前の水準まで下がることはあり得ない。航空各社は減便を検討し始め、全日空は輸送効率のいい超大型機の導入も検討し始めた。これは、全体として輸送量は減らさず発着回数を減らすということでもある。仮に、これから燃料価格が更に高騰すれば、航空会社毎ではなく、路線毎に減便もすすむのではないか。例えば、福岡-羽田線は、日本航空と全日空で同時刻あるいはほとんど同じ時間帯に出発便が多く設定されている。これを超大型機でどちらか1便にしてしまえば、大幅に便数の節約にも、燃料の節約にも繋がる(超大型機に対応するためには、滑走路の延長は必要らしいが)。
マイレージサービスも、航空会社毎ではなく、共通のマイルサービスにしてしまえば、どちらの便であろうとかまわなくなる。スケジュールに合わせた飛行機に乗るだけだ。

実際には、日本航空と全日空が合併でもしない限りは難しいことかもしれないが、逆に新空港など作らずに、将来に向けても今の福岡空港で行く、と決めてしまえば上記のようなことは考えざるを得なくなる。

また、新空港を海上空港にした場合、天神からさらに1時間ほどの余裕の時間をとらなければならなくなる。そうすると、トータルでは飛行機に乗っている時間の倍以上を空港までのアクセスに要することとなる。現状、僕の場合は、福岡と東京を移動するときには片道4時間をみている。市内から福岡空港までの移動時間と出発までの待機時間に1時間、フライトの時間が2時間弱、羽田空港から都内目的地まで1時間。
これがさらに1時間増えると5時間。

将来、新幹線が東京-博多間を4時間台前半まで短縮できれば、利便性は格段に新幹線の方が上になる。そうすれば、ますます飛行機の利用者は減り、関空のような状況となることは容易に予測ができる。また、空港が完成する頃には航空運賃もべらぼうに高くなって、乗客はますます減っているかも知れない。

それだけではない。
今の場所に空港があるからこその経済活動も、玄海沖に移ってしまったら、相対的に北九州(小倉)との優位性が薄れ、再び北九州が脚光を浴びることにもなるかもしれない。滑走路だって、基本的には冬の恒常的な北風を想定して、ほぼ現状の16-34に近い南北の滑走路が良いはず。現空港をそのまま機能として残せば、成田と羽田のような関係で、再び板付に揺り戻しが来るだろうし、空港跡地を別な物に利用しようとすると、広大な敷地の活用法がまた問題になる。

空港が移転することで、航空法に守られていた市内のスカイラインは、一気に規制を外され、高層建築が乱立することになり、ますます天神・博多駅周辺とそれ以外の地区とでの格差も広がる。結局、新空港を作っても、地元には何も良いことはないように感じる。

新空港を作るお金で、北九州空港との直通リニアモーターカーか、博多から直通の新幹線(小倉から分岐延長)でも敷設した方が、よっぽど良いように思うのだが。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.06

梅雨が去り、ヤマメも去り……

2008070622週間ぶりの釣行。先ずは確実にヤマメが居るM川へ。
反応も良い、がみんな小さい。大きいのは餌づりの人がみんな釣り上げていったのか?

前日早朝に降った雨を最後に、九州地方の梅雨は明けた。
しかし、その最後の雨がひどかった。
大物を期待して移動した古湯のC&R区間は、これまで釣りに行っなかで最高に増水していた。
大岩も動き、石組みの小さな堰も流され壊れていた。
ヤマメの気配は無し。釣れたのは目つきの悪い、虹色に色付いたオイカワ。

200807063ヤマメを求めて支流に移動するも、日差しが強くなり、釣りどころではない。フライに反応して水の下の方で動く魚影も見えるが、その影に向けての集中力が持続せず、フライのセレクトも何もあったものではない。
あまりの暑さに頭から水をかぶると、頭がスッキリするのを実感。ああ、ほぼ熱中症の状態だったんだ。
これ以上釣りをするような状況ではなさそうだ、ということで早々と竿を畳んで帰宅した。

夜、日焼けしてサーモンのようになった両腕に、風呂の湯が痛かった。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008.07.01

恐る恐るのリードヴォー

Dsc02428sパルメの会の役員会。
10月にシャトーからベルナール氏が来る予定だったのが11月初旬にずれ込んだことで、前後の例会の日程や会場の段取りが変わってしまうので急遽集まった。

会議はいつものように、ワインと食事を供にしながら進んだのだが、メインのお肉にリードヴォーが出てきた。
リードヴォー=子牛の胸腺、これは内臓肉なのか、それともタンの様にプリン体のことを気にしなくて良いのか?
もちろん、好きな食材だし、出てきた物を今更食べないのももったいないので、恐る恐る食べた。
Dsc02432s料理も美味しかったし、ワインも美味しい。会議も食事もスムーズに進み、良い気持ちで店を出た。
いつもなら、もう一軒と行きたいところだが、月末の月曜日の夜。皆さん翌日の予定があり、三々五々家路に着く。

何となく持てあました僕は、結婚披露宴に出席できなかったU君の店に顔を出し、1杯だけ飲んで家路に着いた。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山笠始まる

Dsc02437s今年も山笠がスタート。
事務所から一番近い飾り山は、新天町の十二番山、源平合戦。

もうすぐ暑い夏がやってくる。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »