« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月の記事

2008.05.29

ナイスショット!有り難うございます

Dsc02316s初めての平戸。福岡からクルマで2時間半。渋滞することなくスムーズな道のりながらも、さすがに片道2時間半は遠い。
平戸への入り口、赤い平戸大橋は、ゴールデンゲートブリッジのようではないですか。

Dsc02314s平戸での滞在時間はおよそ3時間半。
帰り際、駐車場から平戸城を見上げて写真を撮ると、「ナイスショット」と嬉しいコメントが。
写真左下のこの「ナイスショット」は、お店の名前だったのかなあ?

あっという間の小旅行でした。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.25

うーーーん、厳しい!

200805252またも前日から雨。
先週悔しい思いをしたので、鹿児島の瀬戸山さんに極小ミッジサイズのフライをオーダーし、万全の体制で行くはずだったのに。
川の水量が落ち着くのは、多分午後になってから。
朝、ゆっくりめに家を出たが、峠を越えたときにはまだ霧雨が残っていた。

先ずは、雨の影響が少ないいつものM川でちょっと竿を出す。
しかし、時間が遅くて既に先行者有り。小さなヤマメが数匹出ただけ。
途中、久しぶりに大きなカタツムリに出会う。

200805253お昼近くとなり川を移動。
予想通り、増水して濁りも激しい。
ニンフを流すもハヤしか反応しない。
濁りの少ない支流を試してみたが、やはり小さなチビヤマメしか反応しない。

こうなれば、濁りがおさまるのをのんびりと待つしかない。餌づりの釣り師は大きなヤマメをかけているから、居ることは間違いないのだ。

午後4時過ぎ、やっと濁りも水位も少し落ち着き、ライズも見え始めた。
よしっ!
と大物らしいライズに狙いを定め、竿を出す。
繰り返しライズし、何かを食べているのにフライには見向きもしない。しかし、今日はフライをたくさん用意してきたんだ、絶対に釣ってやる。
フライをとっかえひっかえ、何度も何度もライズするヤマメの鼻先を流すが喰わない。
1時間くらい同じ所で何度打ち返しただろう、そしてやっと喰った!
でかい!

しかし、10秒ほどでフックが外れてそれっきりとなった。
#26の極小フライ。針のかかりも当然浅いはず。それを考えていなかった。
フライが小さくなれば、慎重にやりとりをしなければならないと言うことを思い知らされた。

次回こそ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.21

温泉につかってプチ旅行気分

Dsc02286s福山へ一泊で出張。
一日の仕事を終え、クライアントさんが予約してくれていたのは、鞆の浦のホテル。
福山市内は、イベントの関係でホテルが満室。
そこで、ちょっと離れた鞆の浦のホテルとなったのだ。
今の時期、鞆の浦も「観光鯛網漁」の観光シーズン。ホテルの他の泊まり客は、ファミリーなどの観光客ばかり。
観光地でしかも温泉地のホテル。温泉大浴場もあり、久しぶりに足を延ばしてゆったりとお風呂を楽しんだ。
畳に布団もくつろげる。

おかげで朝起きたときに、どこにいるかわからなかった。
窓から見える仙酔島が、旅行気分を盛り上げてくれた。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.18

背振は相変わらず

200805181今日は一番かと思ったら、すでに一人釣り人が居た。
先週、僕が納竿するタイミングで川にやってきた、釣り人だった。
彼は、4月に横浜から単身赴任でやって来たという。
声をかけて状況を聞くと、夜明け前にライズがあったらしいが、その時間(それでも6時前)には既にライズもおさまっていた。ここのところすっかり気温も上がっていて、雨も降っていないので、水も少なく水温も上がっていることだろう。水は全く濁りがなく、水中もよく見える。

200805187魚影はよく見えるが、フライへの反応はない。ライズをしているヤマメも、フライを見切って全く反応無し。
単身赴任の釣り人は先に納竿。サイトフィッシングで2匹ほど釣り上げたという。その時のフライは、#20のフローティングニンフとスペントタイプとのこと。試しに、とそれぞれ1本ずつプレゼントされた。
どちらもマーカー無し。水面を流れるフライは見えない。当たりは、ヤマメの動きか水面の波紋で判断するしかない。

試してみると、確かに反応はあるが、1度見切ると後は同じ。
大きなヤマメの姿が何匹も見えてライズしているのに、悔しい。
マーカー無しのフライをとっかえひっかえして、やっとの思いで1匹。それでも20cmに届かなかった。

ポイントを変えて、大きめのプールに流したら、大きなヤマメが出た!けれど喰わず。
いることはわかった。立ち位置を変え距離をとり、フライも変えて慎重に流すと、今度こそ喰った!大きい!
すると、ヤマメがジャンプ!

………なんとフライが外れた。

その後はポイントを変えてもフライを変えても反応なし。

200805186一気に20kmほど移動して、今年初の背振村へ。
こっちのヤマメはすれていないから、居れば出る。
数は出るけれど、サイズは小さい。
それでも、釣れないより釣れる方が良い。

なんとか一日の帳尻を合わせて、家路に着いた。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.17

海外旅行気分のプレミアムクラス

Dsc02282s羽田空港カウンターで、福岡に帰る便の空き状況を見ると、プレミアムクラスに空席があった。
今夜は、一人で夕食をとらなければならないので、機内食で済ませても良いか、とアップグレードポイントを使ってプレミアムクラスに変更した。

プレミアムクラスは、以前のスーパーシートプレミアムよりもシートピッチが随分広くなっていた。
機内食は、夕食の時間帯ではなかったので軽食のプレミアムデリ。
それでも、サンドイッチにフルーツとスイーツがついてそこそこにお腹は満足。
Dsc02284s_2そして、びっくりしたのは飲み物。
席にワインリストがあり、シャンパーニュやワインも選べるのだ。
シャンパーニュは、Nicolas Feuillatte。
もちろん、お願いしました、しかもおかわりまで。

普段は、機内はおろかラウンジでもお酒を口にすることはないのに、シャンパーニュが飲めるとあってはねえ。
まるで、海外へ飛ぶビジネスクラスに乗っているような感覚。
パソコンで仕事しながら、シャンパーニュを飲む。良いですねえ。グラスがプラスチックのコップということだけが残念ではありますが。
こんなだったら、もう少し長く乗っていても良いな、と思えるプレミアムクラスでした。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高校体育祭

Dsc02278s長男最後の体育祭。
出場種目は3つだけ。
午前中の最初と最後、そして午後の最後から2番目の競技。
そう、一日中グラウンドにいなければならない。

しかし、小・中学校と違って、テンポ良く競技はすすみ、意外と時間が気にならない。
お昼には、グラウンドの端にシートを敷いて、妻と次男との3人で簡素ではあるが、お弁当を広げる。
お弁当を持って来ているのは、他に見あたらない。

Dsc02279s午後、最後の出場種目は棒倒し。
残念ながら、彼の最後の競技は2連敗で幕を閉じた。
それを見届けて、僕は羽田に向かった。

昨年の雨と反対に今年は天候に恵まれ、一日中良い天気ですっかり日焼けしていた。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.14

今度は同窓会

Dsc02275s前日に続いて、新プロジェクトがらみの勉強会を終えて、新しく事務所に迎えた2人のスタッフと共に遅い夕食。二人ともイニシャルがFだから、F4ならぬF2だ。
二人が好きなエビマヨと、僕が好きな出汁巻き卵をつつきながら、ワインで迎え酒。

飲みながらも、実はもう一つ気がかりなこと、というよりも結論を出さなければならないことが残っていた。
大学の非常勤講師に続いて、同窓会の会長職をずっと打診されていた。いや、打診と言うよりも先輩からの強いプレッシャーといっても良かった。
長いこと曖昧にしながら時間稼ぎをしていたが、先送りをしていても結果は同じであることは見えていた。
まるで、業績低迷しているビジネスのようなもの。
このまま何もしなければ、行き着く先は解っているのに何も手をうたないようなもの。
そうであれば、早く結論を出すべきだ。

こんな時は、酔った勢いにまかせるのが良い。

途中、席を外して、現会長の携帯に電話した。
胸のつかえが一つ取れて、すっきりした。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ながーーーいーーーよるーーはーーー

Dsc02260s新しいプロジェクトのメンバーが顔を会わせて、キックオフを兼ねた食事会。
シャンパンで乾杯をし、楽しい食事会となるはずだった………

いや、ビジネスとは本来こういう物かも知れない。
その夜は、それから更に3軒。

6時間、飲みっぱなしの夜。
プロフェッショナルとしての仕事を全うすることが、自分のモチベーションを繋ぐこと、とちっとも酔えない長い夜を過ごした。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.11

GW後は厳しいなあ

200805113起きると、雨はあがっていた。
前日の雨で、当然川は増水して濁っているだろう。
そんな時でも、山頂に近い源流部の川は雨さえ止めば、すぐに濁りは消える。
午前中の早い時間はM川で釣ることにして、夜明け前の家を出た。

峠のトンネルを抜け川に着くと、予想通り川の水は澄んで、水量も落ち着いていた。
しかし、風が強くて冷たく、とても5月とは思えない冷え込み。
風が強いために思うようにフライがコントロールできない。
しかも、途中餌づりの釣り師と口論となるなど、調子が悪い。

200805111川から上がると、珍しくお腹が真っ赤なヤマトイモリが、歩道をゆっくりと歩いていた。きっと、昨日の雨で川から上がってきたのだろう。
当たりらしい当たりもないので、いっそのこと風の影響も小さな支流に、と移動してすぐ、思いもよらない小さなポイントで出た!
20cmにはちょっとだけ足りないけれど、まるまるした綺麗な魚体。
やっぱり、こっちは人が入っていない様子。
ポイント毎に必ず反応があった。

そして、いつものK川へ移動。
こちらは増水して濁りも入り、釣り人は一人だけ。
全くさかなの気配がない。

それでも、午後にはいると濁りも幾分おさまり、水量も落ち着いてきた。少しは反応はあるが、極小のフライでないと反応しない。結局、何度か出たが、フッキングすることなく一日の釣りは終わった。
今日一日で、虎の子の#22のミッジが全部持って行かれてしまった。

さて、来週からは何で釣ろうか?

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.10

授業スタート

今年、母校の大学院で、非常勤講師として教壇に立つことになった。
講師が決定した連絡を受けてからというもの、僕が教えられることって、何だろう?と自問自答しながら今日を迎えた。

そもそも、自分自身、大学の授業を思い出そうとすると、ほとんど思い出せない。
卒業しているのだから、単位は取っているのだが、それぞれの教科でどんな勉強をしたのか、はっきり言ってほとんど記憶にない。一般教養は特にその傾向が強い。
そんなことを思うと、知識を詰め込む(学生にとっては右から左だが)授業はやりたくない。

そこで、授業の最初に以下のことを学生に伝えた。

この科目(授業)で学んで欲しいこと
    1,ビジネスで必要なお金の感覚
    2,時間とお金の関係
    3,マーケティングの基礎
    4,コミュニケーション能力
    5,問題解決能力
    6,就職活動への自信

そのためには、授業の半分は演習に費やすことにした。
集中講義の2時限目は、受講生全員に自己紹介させた。
合コンの自己紹介ではない。
見ず知らず、初対面の人に、自分をどのように印象づけて何を覚えてもらうかは、ビジネスでは重要なこと。
それを前提に、一人1分で自己紹介をさせることからスタートした。

これから様々な課題に、学生と一緒に僕も苦しむんだろうなあ。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.06

お兄さん、いかしてるねえ

Dsc02242sGW最終日、我が家の女性陣は上野公園で、オレンジリボンのボランティア活動に参加。
残された男性陣は、お台場へドライブ。
都心は、車が少なく、渋滞知らずで快適。

お台場の海岸前、コンビニの前に停まっている大型バイクのドライバー?はサングラスを小粋にかけた、柴犬であった!
カメラを向けると、しっかりカメラ目線。
おぬし、やるな!

男三人、デックスやフジTVなどをぶらぶら散歩していると、女性陣から電話。
「今から帰るから」
「僕たちはお台場にいて、これから帰るところ」
「えーーーーーーーーーーーっ?どうしてお台場にいるの?ずるーーーーーーーーーーーい」
と娘。
「私たち、頑張ってたのに!何かお土産買ってきて!」

あーあ、やっぱり怒った。
Dsc02252sDsc02253s家に帰ると、パンダのりんりんが亡くなったことで、一躍脚光を浴びている「パンダ焼き」が。
なんだか中国土産のような佇まいの素朴な姿と味。

上野の動物園に、パンダは再びやってくるのだろうか?
パンダ焼きの運命やいかに?

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.05

有り難う!Bulle de Blanquette

Dsc02256sDsc02258s4月、義父の法事と重なって出席できなかったA君の結婚式。
僕の分身として2次会の会場には、サッカー好きの彼が好きなバルサのCAVAを1ケース、身代わりとして出席させた。

そして、後日、彼からはピンクの1が鮮やかなラベルのボトルが届いた。
パッケージやボトルのラベルの雰囲気から、ロゼかと思ったら違っていた。
全くクリアな辛口スパークリングワイン。
しかも、調べてみるとシャンパーニュよりも古い、世界最古のスパークリングワインだという。
誇らしげな数字の1は、それを主張していたのだ。

もちろん、味もシャンパーニュにも引けを取らない微妙なニュアンスも含んだ、辛口でありながらマイルドな後味の素晴らしい美味しさ。

すっかり良い気持ちで酔っぱらわせていただきました。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.04

端午の節句

Dsc02235s我が家には男子が2人。
僕も子どもみたいなものだから、3人か?

子どもの日には、菖蒲湯に入って柏餅食べて………

でも、すっきりしない天気だなあ。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.03

今年は国際カエル年

Dsc02221sGWの初日は雨。しかも、本格的。
そんな中、取材を兼ねて葛西臨海水族園へ。
びしょぬれになりながらたどり着いた入り口には、国際カエル年のポスターが。
よく見ると、なかなかに興味深い写真が溢れるポスターではないですか。
きっと、カエル好きのoraは喜ぶことでしょう。

Dsc02229sDsc02234sここは、マグロの回遊水槽で有名な所。
他にも色々と見所はあるけれど、こんな雨の中、朝から大にぎわい。
水槽に近づくだけでも大変な事。

明日4日は、この水族園も上野動物園も都民は入場無料。
きっとたいへんな人が訪れるのだろう。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »