« 再会 | トップページ | 健康第一 »

2008.03.16

悔しい、大物を逃がした!

Dsc00820先週、雪で断念したM川に降りてみた。まだ霜が残り、草の葉の表面は白い。
今週もダメかと思ったが、流れの岩陰を流すと出た。大きくはないが、17cmの太ったヤマメ。
そして、その上流のおおきなプールには、ヤマメの魚影がたくさん見えていた。
が、この早朝の水温が低く、魚の活性が上がらない時間ではそのプールではさすがに出ない。

いつものK川に移動し、河原に降りてびっくり。
クルマが一杯で停めるところがない。
聞くと、FLYRODメーカー主催のキャスティング教室だという。

いつになく川に釣り人が一杯いる状況ではあったが、暖かい日差しに、魚の反応はよい。

調子よく数匹釣り上がったところで、下流の緩くて深い流れへ移動した。
暫くすると流れの中から大物が飛び出しフライをくわえた。
暫くのやりとりをした後、いきなりフッとRODのテンションが無くなった。
はずれた!
結局一度も姿を水面に出すことなく行ってしまったヤマメは、かなりの大物だったはず。

その悔しさから立ち直ろうと、ポイントを攻めながら下流へ移動していくと、やはり深い流れの中に、一瞬大きなヤマメの銀色の魚影が見えた。これもでかい。
その流れに、フライを流す事3度目、喰った!
これは大きい!
魚は水中を力強く泳ぎ回り、なかなか寄ってこない。
今度こそバッチリくわえている。
さっきのようにフックがはずれる事はない。
しかし!再び、ロッドのテンションがいきなり無くなった。
またか?

今度はもっとショックだった。
なんと、フライの結び目が強いテンションのために抜けてしまっていた。
一回目のやりとりで、すでにラインは伸びきっていたのだろう。
何のチェックもせず、そのまま釣り続けた僕のミスだった。

悔しいけれど、仕方がない。
失敗は次回への成功につなげるべく、記憶に残しておこう。
大ヤマメ!、次回は絶対にその顔を拝んでみせるぜ!

blog←読んだらクリック!

|

« 再会 | トップページ | 健康第一 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18605/40541788

この記事へのトラックバック一覧です: 悔しい、大物を逃がした!:

« 再会 | トップページ | 健康第一 »