« 都心の夕暮れ | トップページ | 安全なトーマスと美味しいワイン »

2007.11.24

大間のマグロ

Dsc01372sミシュランの星をもらうような店はもちろんのこと、鮨屋になんか滅多に食事に行かない。たまに寿司を食べるとしたら、事務所のビルの一階にあった鮨屋のランチくらいのものだったが、その店も無くなってしまいますます寿司から遠ざかった。

その僕が、あろうことか、あの高級で名高い大間のマグロを口にした。
しかも、回転寿司店で。

中トロ1貫350円。
大間のマグロが、こんなに安いのだろうか?
ここのところ、食品の偽装が多いが、これは本物だろうか?
関サバ、関アジは、築地に入る量の数倍が料理屋の店頭に並んでいるという。
もちろん、ほとんどが偽物の関アジ、関サバ。
本物の大間のマグロが食べられるところも、限られるに違いない。

嘘をついてはいけない。
しかし、食べる人がそれを本物だと信じて食べれば、それはそれで幸せなのかも知れない、と思う事もある。
疑いながら食べていると、美味しい物も美味しくなくなってしまいそうだ。
何より、我々消費者が偽物を証明することは不可能だし、そのために食事をするわけではない。

350円で、大間のマグロを食べられた。それで良いではないか。

blog←読んだらクリック!

|

« 都心の夕暮れ | トップページ | 安全なトーマスと美味しいワイン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18605/17175325

この記事へのトラックバック一覧です: 大間のマグロ:

« 都心の夕暮れ | トップページ | 安全なトーマスと美味しいワイン »