« 今度は鮭ご飯 | トップページ | マイティ・ハート-愛と絆 »

2007.11.14

酔って迷って笑った夜

Dsc01336s_2福岡PRクラブの後、久しぶりにU君の顔を見に、SAKURAさくらへと向かった。
そこで、彼から来春結婚予定の婚約者を紹介された。
うーーーーん、いつの間に?

久しぶりついでに、A君も呼ぼうと言う事となり、これが長い夜の始まりとなった。
Dsc01330sいつものように、スパークリングワインを1本空けたところで、A君とは先日行ったばかりのONOで合流する事にして、店を移る事にした。

ONOは谷の丘の上。そこに彼は自転車でやって来た。当然時間もかかる。待っている間に、ずいぶん飲んでしまった。彼が来た頃にはもう、すっかり酔っていたようで記憶が余り無い。
店のデッキから見える隣の家の屋根に向かって「今なら飛び移れるような気がする」と言って。飛ぼうとしていたらしい。
もう、何を飲んで、何を食べたのかも記憶にない。
ただ、店を出るときに、A君の自転車に足を引っかけて転びそうになりながらも、見事に体制を立て直したのだけは覚えている。

店を出たところで右と左(右は坂を上り、平尾にぬける)に別れ、僕はタクシーが来るのを待ちながら坂を上った。程なく下りとなったがタクシーは来ない。真っ暗な山道を一人歩いているうちに、なんだか自分の状況が可笑しくなって声を出して笑っていた。
てくてく、ゆらゆらと歩いていると、突然足音が大きく響いた。そして直ぐにまた小さくなった。
??????
振り返ってみると、コンクリートの短い橋の下の、四角い空間だった。
戻ってここで手をたたいたり、足踏みしたり。
日光の鳴き龍ほどではないが、真っ暗な空間でちょっと面白い体験。
時折通りすぎる車からは、こんな僕はどう見えていたのだろうか?

そこからさらに山を下って歩くうち、近道をしようと住宅街に入って更にはまってしまった。
結局どのくらい歩いたのだろうか?

2日後、膝から下の筋肉がいつになくこっていた。

blog←読んだらクリック!

|

« 今度は鮭ご飯 | トップページ | マイティ・ハート-愛と絆 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18605/17100418

この記事へのトラックバック一覧です: 酔って迷って笑った夜:

« 今度は鮭ご飯 | トップページ | マイティ・ハート-愛と絆 »