« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月の記事

2007.09.30

今シーズンはこれで終了

200709299とうとう今シーズンの最終週。
東京の家族には申し訳ないが、金曜のうちに福岡に戻り、万全の体勢で週末を迎えた。

毎年、シーズン最後の週末は、釣り人が早朝からポイントを押さえるためにしのぎを削る。
当然僕も、夜明けの20分前を目標に出発し、無事に一番乗り。夜明け前のまだ真っ暗な山中、釣り支度を始めるが、車のライトがなければ何も見えない。後で解った事だが、暗闇での準備で、リールのケースを無くしてしまった。
釣り支度を完了し、川へ向かう頃やっと空が少し白み始め、川に着いたときにやっと水面のフライが見えるかどうかというくらいに明るくなっていた。
ここからおよそ300mを2時間ほどで釣り上がろうと思うが、下手をすると途中のポイントから他の釣り人が入る可能性もある。急がねば。
200709296狙っていたポイントにテンポ良くフライをプレゼンテーションしていくが、なかなか反応がない。先週大物が出て合わせ切れしたポイントでは、慎重にフライをプレゼンテーション。出た!しかし、フライをくわえることなく岩陰に沈んでしまった。

その後は恐れていたとおり、途中から岩の上には先行者のまだ濡れた足跡。やられた!
しかし、木が覆い被さる暗いポイントでは、痩せてはいるが22cmのヤマメがかかってくれた。
その後は、先行者の影響かその川ではさしたる釣果は無し。

釣り人の姿を複数横目で見ながら川を移動。ここも多分、先行者がいるはず。
岩陰に潜んでいる警戒心の強いヤマメをいかに釣り上げるか。
ポイントを選び、ここはと思うところだけじっくりと攻める。
岩陰の深場の小さなポイントで、ビートルパラシュートに反応したヤマメの姿が一瞬見えた。これはいけるかも。
その小さなポイントに、気配を悟られないよう慎重にフライを流す事3回目。ついに出た!
しかし、ヤマメはフライをくわえたまま岩陰に隠れて出てこない。
無理に引き出せばティペットが切れてしまう。しかたなく、右手をティペットを追うように岩場の影に滑り込ませ、ヤマメごと引きずり出した。
やっと20cmではあったが、体高のあるりっぱなヤマメだった。

2007092913この日の最後は、古湯のC&R区間。8月以降水温が上がり、全く釣果に恵まれなかったところだ。
しかし、9月の後半に入り、水温も落ち着いてライズも見られるようになったという。
そして、#18のハンピーパラシュートにやはり20cmのヤマメが飛び出した。久しぶりに取り込みに苦労する良い引きを楽しませてもらった。

これが、実質今シーズンの最後のヤマメとなった。

さて、まず今シーズンの反省と道具のメンテナンスを終えたら、来シーズンに向けて準備を始めるか。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.26

そして彼らはハワイへ

Dsc01158sK君夫妻がハワイに移住することになった。
Tさん夫妻と、渋谷で彼ら二人の送別会をする事になり、夕方の飛行機で福岡を飛びたった。同じ頃、彼らはハワイでの住居を決めて成田に降りたった頃。

Dsc01162s待ち合わせ場所のマークシティ渋谷エクセル東急ホテルに最初に着いたのは僕、続いてTさんの奥様、そしてTさん、、間もなくK君夫妻と、実に時間通りに遠くからきっちりと集まった。
そこから歩いて1分ほどの京料理屋で、今日決めてきたばかりのK君のハワイの新しい住まいの事、仕事の事(ALOHA7のCEOとして着任)などを聞きながら、楽しいお酒と食事を楽しんだ。

いつの間にか閉店時間を過ぎ、次回はホノルルでの再会を約束して、それぞれの家路についた。
来年、美味しい日本酒でも土産に、ハワイへ行くか。

blog←読んだらクリック!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.24

今シーズンも残りあとわずか

200709244今シーズンも残り僅かとなった彼岸。
他の釣り人も同じ思いなのだろう、河原には釣り人の足跡がたくさん残っている。

それでも、ヤマメはちょこちょこと出てくれて、久しぶりに取り込みに苦労した23cmのべっぴんさんも出た。
しかし、一旦取り込んだものの、眺めている間にフックが外れて写真を撮る前に逃げられてしまった。
まだ、婚姻色も出ていない、銀色の綺麗な魚体だっただけにもったいなかった。
200709239ところで背振山には、日本で一番小さな赤とんぼの種類が生息していることでも知られている。
多分そのなかまだろう、小さくて真っ赤なトンボが、RODの途中にとまって暫くじっとしていた。写真を撮ろうとしても逃げない。飛びつかれたのだろうか?それとも、僕のRODの停まり心地が良いのだろうか?

200709245暑さ寒さも彼岸までというものの、いまだに日中30℃を超えるが、山では秋の気配を感じざるを得ない。
田圃では稲の刈り入れが始まり、畦には彼岸花が咲き乱れている。
そして、コスモス。
濃い黄色のコスモスが目に鮮やかだった。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.20

9月20日は「空の日」

Dsc01155s東京へ向かう機中の機内アナウンス。
「本日は空の日です。空の日を記念して、特製ポストイットをご用意いたしました。ご希望の方はお持ち下さい」。
ということで、一ついただいた。

ところで、9月20日が「空の日」なんて知らなかった。
子どもの頃は、「航空自衛隊記念日」(と言ったような気がする)には、板付基地(今の福岡空港)が開放され、戦闘機や輸送機を間近で見て、F86Fのブルーエンジェルスの曲芸飛行なども見た記憶がある。
「空の日」は、これとは別な物のようだが、今までイベントらしいものも見聞きしていないし、知らなかった。

いただいたポストイットは、ANAの旅客機をかたどった可愛いものだったが、文字を書いて使うにはちょっと厳しい。

あ!
使いづらいからずっと残って、しかし、可愛いから捨てられないし、それを見るたびに「9月20日は空の日だった」と思い出させよう、ということか?
なかなか手が込んだ、低コストで息の長いプロモーションを考えたものだ。
見習わなければ。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.18

ソフトバンク携帯を導入

Dsc01153s事務所で、内線電話代わりにソフトバンク携帯を導入。これまで使っていたPHSを解約し、入れ替え。PHSからの変更なので電話番号は変わるが、ソフトバンク同士の通話は無料だから、スタッフ同士の仕事でのやりとりはいくらしゃべっても無料。

現在使用中のDocomoの携帯と、端末のサイズはほぼ一緒だが、手に持った時の収まりは断然良い。シンプルなデザインで邪魔にならない。それに何より、そのまま海外に持っていけるのが良い。
Docomoも、そのまま海外で使える端末を基本にして欲しいものだ。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.16

流星号も世代交代の時期か?

200709162台風接近のために、クルーザーを出してのヨット部のOB会はキャンセルとなった。

それならと、午前中は天気が持ちそうだったので、久しぶりに上津江へ。
昨晩の雨で空気が澄み、星空が美しい。途中、パーキングエリアで車を停めて、しばし星空を眺める。
高速を降りる頃には空も白み始め、川に着いたときには、すっかり明るくなっていた。

思えば今年の上津江では良い釣りができなかったが、今日は違った。
いきなり20cmオーバー。
産卵の準備に入って、錆色になっている。
記念撮影をしてサイズを測ろうとメジャーを取り出す最中に、ヤマメ君は脱走。23cm程度だったか?

200709161その後もヤマメが出るがサイズアップとはならず、小雨が降り出したところで納竿。
帰りの高速では、土砂降りの大雨となり、前を走る車も見えないほどに。

ところで、ここのところ愛車「流星号」には色々とトラブルが発生している。
先週、ボンネットに錆穴を、今日はドアロックのセキュリティLEDが切れているのを発見。昨年はオルタネーターが壊れて交換、昨年から調子が悪い助手席のロック(勝手に解除される)も含めて、満身創痍の感じだ。
こんな土砂降りの中、ワイパーでも壊れたら視界は確保できない。
考えてみたら、独立したときに購入した4代目「流星号」は、既に8年を超えている。そろそろ寿命かもしれない。東京の家族のクルマ初代「つよいこ号」は、11年乗って交差点の真ん中で停止。2代目への買い換えを余儀なくされた。

一旦帰宅後、時間もあったのでガソリンを入れるついでにディーラーに出かけた。下取りの見積もりを取ったら、当たり前だけどほとんど価格が付かない。しかも、来年にはコンプレッサーも交換しないとダメだろうという。
「流星号」は、代々マニュアルのハッチバック車。次も当然マニュアル車を考えているが、選べるほどマニュアル車はない。
さて、このまま修理しながら3代目「流星号」を乗り続けるか、それとも買い換えるか?

また一つ悩みが増えてしまった。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黄色い夕暮れ

Dsc01152s遙か遠く西の海上を、台風が通り過ぎていく。
午後から、時折激しい雷雨となるが、台風本体は遠くにあるので、突然晴れ間が出たりもする。
その夕方、突然外の景色がミカン色に染まった。
空は一面雲に覆われているのに、その雲は黄色く光っているのか色づいているのか、とにかく目の前の景色は黄色に染まっている。
まるでミカン色のフィルターを通して見ているような景色だった。

地球温暖化が進んだら、こんな景色になりそうないやな景色だった。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.14

ペニンシュラと派閥政治

午前中は、児童虐待全国ネットワークのオレンジリボン事業部の方からの相談で、丸ビルで打ち合わせ。
打ち合わせをしているTさんの後ろには、目玉の大きなモアイ像が鎮座していて、真剣な話しをしているのに、時々その姿が目に入り緊張感を無くす。

午後はクライアントさんとの定例ミーティングの後、ペニンシュラホテルのアフタヌーンティを、と思って出かけたが長蛇の列。約一時間待ちと言われて、そこまで待つほど暇ではないと直ぐにホテルを出る。
それにしても、敷地の形やフロアの構成など、違和感があるホテルではある。香港のペニンシュラをイメージしていくと、全くもって期待はずれ。
宿泊して、ゆっくりとサービスをしてもらえば違うのだろうけれど、ビジネスでの打ち合わせや落ち着いた時間を求めて利用するには、しばらくは近づかない方が良さそうな感じだ。

結局ホテルを出て、近くのパティスリーでケーキを食べながらの打ち合わせに。
他のお客は女性ばかりのスイーツ人気店に、男3人がスイーツをつつきながらの打ち合わせも、結構奇妙だったかも。

さて、仕事を終えて夜のニュースを見ると、総裁選福田氏有利の報道。
結局、首相の辞任→新首相指名には自民党の総裁選びからスタートするしかなく、それは、自民党内の派閥の論理で決まると言うことを改めて国民の前に見せているに過ぎない。
小泉さん以前の自民党の派閥政治に戻るんだぞ、と宣言しているようで暗い気持ちになる。

日本は三権分立を掲げているのだから、行政の長である総理大臣も、国民投票で選んでもいい時期かもしれないと、今回はつくづく思う。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.12

合格おめでとう

神奈川の特定養護老人ホームで働く、前職の後輩が福岡で働きたいと尋ねてきたのは、今年の春だったろうか?
それから、何度か就職活動のために彼女は福岡にやって来た。

そもそも、彼女は東北の生まれ育ちで、福岡には縁もゆかりもない。
しかし、以前一度訪れた時に、福岡を気に入ってくれて、それ以来福岡で生活したいと思っていたそうだ。
そして、福岡で働き口を探していて、今日、「ここで働きたい!」と思える職場が見つかり、先方からも採用の回答を得たということで、僕に連絡があった。

たまたま打ち合わせをする予定だったoraやMさんを交えて、就職決定祝を兼ねた食事会となった。

途中、飲み過ぎた僕はなんだか荒れていたようだが、例によって覚えていない。
目が覚めれば、何で荒れたのかも覚えていないが、彼女から心のこもった御礼のメールが届いて、酔い覚めは爽やかだった。

秋が深まる頃には、新しい仲間が増える。
前向きな彼女が、福岡に新しい風を起こしてくれることだろう。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.10

ライオンキング再び

S劇団四季の「ライオンキング」制作発表会に行って来た。
ライオンキングも、マンマミーア同様、ニューヨークに行ったときに見たいと思ったのだけれど、チケットが取れなかった。今から9年前のこと。

その後、劇団四季が日本で公演スタート。福岡でも2001年から2003年まで上演されていた。
しかし、行く時間が取れなかった。
今回は、劇団四季も、福岡シティ劇場の存続をかけての気合いの入った公演。
仲間を誘って見に行こう。

その前に、東京で家族で見に行こう。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.09

この夏は………

Dsc00725今年の夏は暑い。お盆が明けて以降、全く良い釣りができない。
夜明け前に源流部にいっても、水温が高い。
ヤマメの活性も低いから、なかなか釣れるモノではない。

今日は、初心に返って、昨年尺上を釣り上げたM川に夜明け前に出かけたが、結局20cmに届かないヤマメを数匹釣り上げただけ。
あげくに、川を変えて嘉瀬川の支流に上っていったところで足を滑らせて転倒。
ロッドに力が加わり、フェルールが抜けなくなってしまった。

さて、このロッド、いつジョイントが抜ける事やら。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.08

9月でも富士

Dsc01148s9月に入り涼しくなるかと思いきや、まだまだ暑い。富士は相変わらず黒い地肌を露わにしている。
今日は、久しぶりに富士山のその姿を隠すところ無く見せてくれた。
雲に隠れたところのない富士山は、空からは珍しいモノです。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.04

広島には城もあるけどヤマメもいる

Dsc01146s福山駅のホームからは、福山城の姿が綺麗に臨める。新幹線のホームからだと、ガラス越しなのが残念だが。

ところで、中国山地には、いい川がたくさんあるらしい。
ヤマメもアマゴも、それに、イワナの亜種である、ゴギも。
次回は、釣り道具一式持って来たいものだ。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.02

祝9周年

Dsc01137sプラザホテルプルミエのフレンチレストラン、バルミュゼットが9周年を迎えた。

常連のお客さんのために、今日到着したというオマールエビ。
ザリガニが大の苦手の僕は、事前に電話して「間違ってもこのオマールを調理します」なんて言って持ってこないで」と念押しをして店に出かけた。

Dsc01143sオマールエビはクレマンドブルゴーニュと共に食べた。
ほかにも特別な食材を用意していたほか、店がオープンした1998年ビンテージのワインが何種類も用意してあった。その中で、僕に初めて本当のワインの美味しさを気づかせてくれたワイン、シャトーラグランジュを選んだ。
シャトーラグランジュは、カモと一緒に楽しんだ。

さて、自分の記念のビンテージワインを開けるのは、いつだろうか?

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.01

機長はピカチュウ

Dsc01133s羽田を16:00に飛びたつ全日空259便は、ポケモンジェット。
飛行機がボーディングブリッジを離れ、滑走路に向けて動き出して暫くすると機内アナウンス。

「本日は、全日空をご利用いただきまして有り難うございます。
私は、機長のピカチュウです。
良い子の皆さんにお願いがあります。…………」

今日のポケモンジェットは、ピカチュウ始めポケモンが乗務して飛ばしているらしい。フフ。
そんなことを想像させる機内アナウンス。
機長のアドリブかな。

それにしても、ピカチュウにしては低くて太い声。子ども達にはアピールできなかったんじゃないだろうか?

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »