« アメリカズカップ! | トップページ | 久しぶりのヤマメ »

2007.06.12

オーストリア航空のサービスは素晴らしかった

Dsc00817s3日間という短い滞在期間を、田中さんのご協力で密度濃く過ごし、早朝4時に田中さんの下宿を発った。
オーストリア航空でバルセロナを6時半に出発し、乗り換え地のウィーンへ。
機内では充実した朝食が提供され、ウィーンのラウンジでも飲み物だけでなく、美味しい食事も用意されていた。

ウィーンでの5時間ものトランジットの待ち時間も、無線LANが使えるラウンジで快適に過ごし、いよいよ成田への最終フライト。
スイス航空はヨーロッパの航空会社らしくエアバス社の機体だったが、オーストリア航空は乗り慣れたボーイング777。しかも、1stクラスがない、ビジネスとエコノミーの2クラス制。ビジネスが実質の1stのようなもの。
席についてウェルカムドリンクを飲んでいると、翌朝の朝食メニューのオーダーシートがついたメニューを渡される。
卵料理の調理法、付け合わせはハムかベーコンか、シリアルは付けるか付けないかなど、ホテルのレストランでとる朝食同様のオーダーができる。見ると、機内にコックコートを着たスタッフがいるではないですか。
水平飛行に移りまずは、夕食。
Dsc00823sDsc00826sDsc00827sDsc00828sDsc00829sいつものように、シャンパーニュをゆっくりと飲みながら、充実した夕食。前菜に始まり、サラダ、スープ、メイン、そしてデザートと、1品ずつちょうど良いペースでサービスしてくれる。男性のチーフパーサーは笑顔もサービスも素晴らしい。
まるで(ちょっと窮屈ではあるが)高級レストランで食事をしているような気分になる。

Dsc00834s食事の後は、これまたいつものようにシャンパーニュをいただきながら映画を鑑賞。窓の外は緯度が高いところを飛んでいるので真っ暗にはならず、幻想的な光景。4本の映画を見ているうちに夜が明けて朝食に。
Dsc00838s火は使えなくても、電磁調理器で調理をするのだろう、一人一人のオーダーに合わせた朝食が出てきた(一番上の写真)。

最後に充実した朝食で、短くもやはり充実した旅を締めくくった。

blog←読んだらクリック!

|

« アメリカズカップ! | トップページ | 久しぶりのヤマメ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18605/15506851

この記事へのトラックバック一覧です: オーストリア航空のサービスは素晴らしかった:

« アメリカズカップ! | トップページ | 久しぶりのヤマメ »