« 同窓会の後はテラスで一杯 | トップページ | 我が家に2つのホームランボール »

2007.06.03

梅雨が逃げていった

200706035天気予報では雨が降り、早ければ今日、梅雨入り宣言も出そうな雰囲気だった。
しかし、早朝こそ多少の雨は降ったが、明るくなってからはいっこうに雨が強くなる気配はない。

釣りに行くのは諦めていたが、どうも降りそうにない。山でも増水するほどの雨が降った気配はない。
で、9時過ぎという遅い出発でいつものK川へ。

釣り始めて直ぐ、21cmのヤマメがネットに納まった後は、ちっとも反応がない。時々フライを追う影が見えるものの、くわえるまでは行かない。
#20のフライでもこれだから、いかにすれているかがわかるというもの。

なかなか結果が出ないので、軽くサンドイッチを食べて気分転換、水通しの良い岩場でフライを流す。
追っている気配はあるもののやはり見切られている。
普段はめったに結ぶことのないフローティングピューパを結んで流したら、出た!かなりの大物。
走るヤマメを抑えながらやっと近くに引き寄せ、魚大半分水面に上げ、ネットに納めようとしたその時!
ふっとロッドにかかっていた力が無くなり、ヤマメの姿も無くなっていた。
ティペットの先、結び目で切れていた。

フライを付け替えた際、フライのアイをきちんとメンテナンスしないでティペットを結んだせいだろう。自分の未熟さを痛感した。

その後は川を変え、支流で釣り上がるも小さなヤマメばかり。おまけに岩場で2度も転んでさんざん。
ただ、背振の山中の渓で、20cmに満たないものの、綺麗で女性的な美しい魚体のヤマメが釣れたことで良しとしよう。

blog←読んだらクリック!

|

« 同窓会の後はテラスで一杯 | トップページ | 我が家に2つのホームランボール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18605/15318913

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨が逃げていった:

« 同窓会の後はテラスで一杯 | トップページ | 我が家に2つのホームランボール »