« 解禁!そして初ヤマメ | トップページ | ショートパスタが好き »

2007.03.05

ヤマメに嫌われ、トンネル事故に遭遇

200703041今年最初の終日の釣り。

例年だと、3月の第一週目は寒すぎで上津江に行くことなど考えないのだが、今年は暖かい。で行きました。
さすがに上津江まで上ると寒かったですね。すぐに気温は上がっても水温はそう簡単には上がりません。
ほとんど反応無し。やはり、気温・水温が上がらないとダメの様子。
それでも、目当てのポイントで出ました!良い型、がしかし、寄せる途中でばれてしまいました。
それが続けて2回も!
フック(針)サイズが小さいだけに、掛かりが浅かったり場所が悪いとこんな事になってしまいます。
結局、上津江では釣果無し。午後からは佐賀のK川へ移動し、ちょこちょこと遊んで家路につくことにしました。

ところが、佐賀と福岡の県境を繋ぐ三ツ瀬トンネルに入ったとたん、渋滞。
前方のクルマはハザードランプを点け、クラクションが鳴りっぱなし。
単なる渋滞なら、少しずつでも動くはずなのに動きません。
しかも、対向車が全く来ないのです。

どうやら何かあった様子。
さて、車を降りて確認に行くべきかそれともこのまま様子を見るか?
もし、事故でトンネル火災に巻きこまれたりしたら、それこそ命に関わる。
同乗者のいないクルマを降りて歩き始めた場合、もしも単なる渋滞で車が動き始めたら、僕の車が今度は渋滞の原因になってしまう。
あるいは、事故だったとして、それが50m先なのか1km先なのかも不明。
幸いなことに、流星号はトンネルからまだ100mほどの所。
もしも、の場合でも、車を捨てて全力疾走すればなんとかなる距離。

ということで3分ほど様子を見ていたら、前のクルマが次々にその場で切り返しながUターンを。
片側1車線の狭いトンネル内でのUターンです。小さなクルマならいざ知らず、ちょっと大きめのミニバンなどはそう簡単にはいきません。
私の愛車「流星号」は、山の中に釣りに行くために購入したゴルフのGTI(マニュアル)。小回りが利きます。
前方の様子を見て、すぐにUターン開始。入り口に近いので、前方のクルマがUターンして戻ってくる前に出ることができました。

料金所ではまだ、トンネルに入っていく車が居ます。
「早く止めないとまずいんじゃないですか」と係りの人に言うと
「もう止めています」と言いながら、となりでは車が入って行くというこの矛盾。
事故であることは間違いなかったのですが、それがどこで、どのような状況かも解らないまま何もできず、何となく後ろ髪を引かれる思いで峠越えの道で帰ってきました。

今朝の新聞では何も報道されていなかったので、大きな事故ではなかったのでしょう。
それだけでも少し安心です。

blog←読んだらクリック!

|

« 解禁!そして初ヤマメ | トップページ | ショートパスタが好き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18605/14140546

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマメに嫌われ、トンネル事故に遭遇:

» お酒 [誕生日@プレゼント]
誕生日プレゼントが購入できる多様なショップをご紹介しています。どうか足を運んでみてください。コメント、トラバもお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2007.03.09 15:10

« 解禁!そして初ヤマメ | トップページ | ショートパスタが好き »