« 今年最初の……… | トップページ | 晴海の運河にクルーザー »

2007.01.10

福岡~東京 5時間半の旅

今年初めての東京への移動。
福岡の事務所を出たのは、夕方5時半、18:40発ANA266便の座席に座ったのは1時間後の6時半でした。
機内オーディオの特別プログラムは、福岡出身の広瀬香美。地元でもあるし、同級生の友人も居て身近に感じるし、彼女の伸びやかな歌声は好きなのでイヤホンを耳に当てて出発を待っていました。
音楽を聴いていると、足下からトントントントンという音。前の人が足で壁をたたいているわけでもなさそう。窓の外に目をやると、貨物室の扉は開いたままいっこうに閉じようとしません。そのうちに、なにやら貨物運搬車両やらなにやらの車が寄ってきます。
機内アナウンスがあり、「貨物室で異常が見つかり、修復をしていますので、飛べるかどうかの確認が取れるまで暫くお待ちください」という要旨だった。
それから10分ほどだったでしょうか、機長からの機内アナウンス。
「貨物を搬入する際に貨物室の扉付近を損傷。調査の結果、与圧に耐えられない可能性があると判断し、フライトをキャンセルします。このあとの飛行機に振り替えます。振り替えの手配が完了するまで、そのまま機内でお待ちください」。

1時間後、飛行機を降り、19:50発の270便に再び乗り込み、離陸できたのは20:10。羽田のターミナルに降り立ったのは本来なら自宅でパソコンを開いているはずの21時半を過ぎ、もうすぐ22時になろうかと言うところでした。
自然災害や天候による遅れならまだ諦められるものの、明らかに人的なミスによるフライトのキャンセルと遅れ…………
もう、何も言いたくありません。

前回のフライトのキャンセルは、福岡空港でのバスジャックだったかなあ。
あのときは、機内でNHKのライブニュースを見ていたら空港閉鎖になって………
今となっては笑い話ですが、今回のはちょっと納得がいかないですね。

blog←読んだらクリック!

|

« 今年最初の……… | トップページ | 晴海の運河にクルーザー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18605/13445690

この記事へのトラックバック一覧です: 福岡~東京 5時間半の旅:

« 今年最初の……… | トップページ | 晴海の運河にクルーザー »