« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月の記事

2007.01.31

まだ残ってた!

Dsc00103東京は丸ビルで、久しぶりに波頭亮さんとお会いした後、千代田線二重橋前駅のホームに降りた。上野寄りの駅売店を眺めていたら、見覚えのある懐かしいロゴ。
「ケイコとマナブ」の最初のロゴのシールが、雑誌ラックに貼られているではないですか!
早川良雄さんの筆に、亀倉先生によるアレンジが加えられた、懐かしいロゴ。

なんだか、田舎で板塀に貼られたホーロー看板を見つけたような、そんな懐かしさと感激でした。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.30

牛刺しとオフィスシート

Dsc00093_1今朝は久しぶりに冷え込んで、家を出た頃は霜が降りていた。Dsc00090福山(広島県)で9:30のアポイントのため、夜明け直後に家を出たため。
(7時は東京ではとっくに夜が明けている時刻ですけど)

予定通りに福山に到着し、午前中の打ち合わせを終えると、地元の瀬戸牧場からの牛刺し、焼き肉の昼食。
こんな物が目の前にあると、お酒が欲しくなる!
あーー、シャンパーニュが、赤ワインが…………
しかし、まだ昼の日中。これからまだまだ打ち合わせも続く。

Dsc00097
打ち合わせを終えて福山の駅に降り立つと、やっぱりおみやげは紅葉饅頭!
そして、帰りの新幹線の切符をとろうとしたら、
「車内アナウンスの無い、サイレントシートでも良いですか?」と聞かれて
「良いですよ」と答えた。が次の瞬間、パソコン用電源があるシートのことを思い出し、
「パソコンの電源があるシートは空いていますか?」と尋ねると、緑の窓口の予約係の女性は「オフィスシートですね」と確認して調べてくれたら空いてました。
オフィスシートって言うんですね。

Dsc00096
そのシートには、パソコン用の100vの電源と、大きなテーブルがある。指定席車両の両端に4席ずつ、1両に8席。
これで電源を気にせずに仕事ができる!と思ってパソコンを開いたら思いの外横揺れがひどく、トンネルが多いので音もうるさくで落ち着かない。結局、i-Podの充電には用が足りたものの、乗っている間の前半だけ仕事して、あとは博多まで寝てました。
同じ1時間半でも、飛行機の方がパソコンに集中できますね。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.27

忙しい時にはこんな事でも”ホッ”とする

Dsc00083東京では、移動時間も長いし人は多いしで本当に疲れる。
昨日は、10時半のアポイントの時間を1時間間違えて、9時半前にクライアントさんの元へ。ちょうど通勤時間帯。
そして、約束時間(と思いこんでいた)の10分前にたどり着いた(これはビジネスマンのマナーですね)ら、そのビルのエレベーターの前に長蛇の行列。受付を済ませながら、女性に思わず聞いた。
「あのー、今日、何かイベントがあるのですか?」

なんのことはない、そのビルの出勤時間(9時半始業)にあたるからということだった。
福岡ではそんな巨大なビルも無いし、サービス業では出退勤は見えるところでは行わないから、久しぶりに見た都会の不思議風景だった。

Dsc00082_1
そんな中、久しぶりに降り立った市ヶ谷駅のホームから見る釣り堀ののんびりした風景や、E出版社の美人営業部長Kさんとの食事の際に彼女のバッグから落ちた星形の輪ゴムなどは、心を癒してくれた。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.24

結局何軒梯子したんだろう

Dsc00080_1夕方からかつての部下で地元代理店のT君と、深町健二郎さんと食事をしながらの打ち合わせ。福岡のミュージシャン・音楽活動をサポートする活動で、一緒にできることはないかと情報交換。深町さんは翌早朝の生番組出演のために、お酒も飲まずに2時間ほどでお開き。それでもまだ8時過ぎ。まだ夜は長いと、T君と福岡PRクラブへ。

今年最初のFPRCは今までになく盛況で、会場は超満員。いつもの顔に新しい顔と、楽しく情報交換していたが、そろそろ記憶も曖昧な時間帯。
そこに、東京から戻った劇団四季の広報Kさんがやって来た。聞けば、東京の記者会見から直接やって来て、食事もまだだといいう。
まもなくFPRCもお開きになり、ホテルニューオータニのY氏と四季のKさんとで、もう一軒軽く行きますか?と。
Nec_0009すぐそばのお店で、ピザなどを食べながら小一時間過ごした。ここのトイレ、ちょっと面白かったんだけれど、トイレを出たら廊下(老化?)の突き当たり正面に大きな鏡があり、その手前は吹き抜け。鏡に映る姿が、なんだか007のようではないか!よく見れば全然違うが(よく見なくても、素面だったら全然違う!)なんだか気分は憧れの007、で銃を撃つ感じで携帯でパチリ。
そして再び事務所へ。
翌日は直接東京へ行く予定だったのに、資料を忘れていたのだ。

事務所に戻る途中、今度はY氏から電話。
もう一軒行こう、と。
事務所に戻る途中だから、事務所でどう?ということで結局事務所でスパークリングワインをさらにもう一本。

18時から飲み始めて、この日も6時間以上飲みっぱなし。しかも、結局資料を忘れて、翌朝再び事務所に寄る羽目に。
2月からは少し控えます。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.23

今年2度目の誕生会

Dsc00065今年は○回目の年男。その誕生日は家族と離れて福岡で迎えた。若い彼女でもいれば絵になるのだが、残念ながら?両親と食事会。
こういう日に限って、行こうと思う店が貸しきりだったり休みだったり。
それでも、福岡には良い店がいっぱいあるから困りはしないのだけれど。

1軒目は魚を食べながら和食のお店で満喫し、もう一軒行こうと言うことでかつての同僚の店に出かけた。
若者の店なのに両親を連れて行ったので、照れ隠しに「今日は誕生日で、両親と食事してたんだよ」と。
言った後で「しまった!」と思った。
そういえば、この店では誕生日にみんなで歌を歌う。そう、あの歌を!

暫くすると、ろうそくが点いたケーキが運ばれて…………

Dsc00066
帰り際には、他の店で働いているかつての同僚とも連絡を取ってくれたらしく、連名で花束までいただいて。
ちょっと嬉しいような恥ずかしいような、良い夜でした。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.01.22

また故障! 今回は飛んだけど

Dsc00063_1羽田から福岡に戻るANA253便。乗客が全員乗ったと思われるのに扉が閉じられない。どうしたんだろう、と思っていたらまた機長のアナウンス。
「出発準備中に、電子部品の不具合が見つかりました。交換に5分から20分ほど掛かる見込みです」
先週に引き続いて、またキャンセルか?

しかし今度は、約30分遅れで無事離陸。

そして、今朝の博多湾。
冬とは思えない、快晴でベタ凪の、まるで真夏の朝のような海でした。
やっぱり地球は狂ってきているのでしょうか?

blog←読んだらクリック!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.01.21

特製バースデーケーキ

Dsc00057_2誕生日は家族と一緒に迎えられないので、ちょっと早い誕生パーティをしてもらった。
どっちかというと、子ども達にとっては僕の誕生日にかこつけて、ご馳走&ケーキにありつけるのが楽しみ。
ただ、我が家では、クリスマスでも誕生日でもケーキは子ども達が作るので、それもまた楽しみのよう。
結局プレゼントも何ももらえなかったけれど、家族揃っての楽しい食事(最後は酔っぱらいになって、また叱られてしまいましたが)が一番のプレゼントだと思えるようになってきました。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.20

亀戸駅前の親亀子亀孫亀

Dsc00055_1亀戸で打ち合わせを終え、駅のロータリーを歩いていたら、目の前のモニュメントにびっくり!

翼を付けた亀が、三段に積み重なっているではないですか。
説明がどこかにあったのでしょうが、それを探して読む時間もなく………

きっと、親亀子亀孫亀だとは思うのですが、どうして翼が付いているのでしょう?

それにしても、インパクトがあるモニュメントです。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

がんばれペコちゃん

Dsc00054昨日、銀座に出た際、数寄屋橋交差点のFUJIYA前を通りかかりました。
シャッターは下ろされ、お詫びの張り紙があったのですが、そこに小さな落書きが。
きっと心ない人の見るに耐えない落書きかと思ったら、違っていました。

この写真では読み辛いでしょうが、
「頑張れ、ペコちゃん!」
「ホント、がんばれ!!」
と、ペコちゃんの顔付きで書かれていました。

子どもの頃から親しんだFUJIYAのブランドとペコちゃん。
雪印の時と同じ道を歩まなければと思うのですが。
ホームページの状況も情けない。
ホームページのURLにも-peko が入っています。

http://www.fujiya-peko.co.jp/

FUJIYAを守れるのはペコちゃんだけでしょうか。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.19

そば屋の親子丼

Dsc00044虎の門の歯医者に通っている。25年前、社会人になってからずっと通っている歯科医で、先生も2代目。通い始めた頃からお世話になっている大先生は、さすがにお年で、診療に立つ日は限られるようになった。
で、その歯科医のビルのちょうど正面に、ひょうろくというそば屋があり、昼時には行列ができる。
この店の人気はこだわりの親子丼750円。そばとセットで950円。
もちろん、親子丼もそばも美味いが、ここの素晴らしいところはサービスというか客あしらい。
1階、2階声を掛け合いながら、まんべんなく席を埋めていき、しかも注文を的確に取り調理場に伝えていく。当然料理の出もスムーズ。親子丼は人気で注文が固まると捌ききれないので、時間がかかりそうな時にはその旨を伝えて他のものを勧めたりする。
Dsc00042
この時間帯、お客さんは美味しいものを食べたいが時間は惜しい。ゆっくりするなら、スタバのコーヒー買ってオフィスでゆっくりした方がよっぽど良い。
オフィス街の蕎麦やは、ただ者ではない。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007.01.16

今年は亥年ということで

Dsc00034今年は年男、母も2まわり違いの年女。
ということで、昨夜は食事の時にこれを開けました。

Triennesの赤。
Dsc00035_1
VIN DE PAYS(テーブルワインの1つ上のランク)ではありますが、マークがイノシシだったので目について手にしました。
ところが、DRCとデュジャック縁のコラボレーションによるワインだとか。

飲み始めは良かったのですが、途中から母と口論となり、何を飲んでいるのやら食べているのやらと言う状態に。
おかげで、今朝の寝覚めは今ひとつでした。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレビの影響で納豆が

Nec_0007スーパーの納豆売り場の陳列ケースになにやら立て札があり、納豆が無い。先週?のテレビ番組「あるある大辞典」で、納豆がダイエットに効果があるという紹介をしたらしい。
僕はこの番組見ないので知らなかったが、翌日からスーパーの納豆は一斉に買い占められて、メーカーの生産も追いつかなくなったそう。

TVの影響力は相変わらず凄いですねえ。
それに加えて、TVをみてすぐ行動に移る人の多さにもっと驚きですね。
(この番組で紹介したことが本当で正しいとしても、自分では検証や疑問を持って調べたりはしていないのでしょう。)
間違った報道や恣意的な番組などにも、簡単に騙されてしまいそうです。
新聞やテレビのニュース報道でも、メディアが違い、視点が変われば全く違うことを言っていたりするのに、目にした物・読んだ物が全てで、それが正しいと思いこんでしまう人の何と多いことか。

インターネットを活用することで、様々な情報を手に入れやすくなっても、このようなマスメディアの情報はそのまま鵜呑みにするのでしょうね。

ジャーナリズムのあり方と、その受け止め方が、これから問われる時代となるのでしょう。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.15

シーガルⅣ

Dsc000286年ほど前、SNOVA香椎の支配人として福岡に単身赴任してきたのをきっかけにお付き合いが始まったO氏が、昨年転職した先が、シーガルⅣの日本総代理店。シーガルⅣといえば、「料理の鉄人」のキッチンスタジオに常設されていた浄水器。ホテルや高級レストラン、世界中のエアラインでも設置しているプロ向けの浄水器で、ちょっと値段もお高い事は知っている。

福岡の実家は築30年を越え、配管も古くなり赤水が出やすい。今では飲み水はミネラルウォーターを購入したり、やかんに炭を入れて、一晩おいてから飲んだりしていた。自転車で買い物に行く両親にとっては、重い水を運ぶことは大変な負担になっていた。そのO氏からの勧めもあり、シーガルⅣを設置することにし、先週取り付けた。
宣伝するわけではないが、水はまろやかになり(気のせいだけかもしれないが)美味しい。何よりも、両親は水の在庫の心配や重い思いをすることがなくなって喜んでいる。
この姿を見ると、むしろ安い買い物をしたといえる。

Oさんの転職のおかげです、有り難うございます。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.14

穏やかな年になるでしょうか?

Dsc00024今年初めて、羽田発福岡行きの便に乗り、羽田空港を飛びたった。冬型の気圧配置は関東に晴天をもたらし、飛行機は綺麗な青空へと上昇していく。
東京湾を一旦東に飛んでUターンした機体は、横浜ベイブリッジやランドマークタワーを下に、遠くは三浦半島の先まではっきりと見渡せる澄んだ空気の中を気持ちよく滑空するように飛んでいく。
暫くすると、いつものように富士山が見えてくる。
さすがに南アルプスを周囲に持つ富士山。雲に被われてはいるが、富士山はその上にしっかりとその神々しい姿を出して今年最初のその姿を拝ませていただいた。

Dsc00026広島上空からは四国の先の太平洋まで一望できた。そう、太平洋の水平線まで見えたのだ。
今年は春から見通しが良さそうだ!

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.12

晴海の運河にクルーザー

Dsc00019晴海トリトンスクエアの真ん前に、モータークルーザーが係留されています。
周辺は、マンションが建ち並び、きっと高額所得者も多いことでしょう。
週末の朝起きて、散歩かドライブするようにクルーザーに乗り込んで、東京湾へ出かけていくのでしょうか?

日本は海洋国家でありながら、ヨットハーバーがなかなか整備されないうえに、維持費が高いのでほんとうに一部の人の道楽でしかないですね。
なんだか、30年前のゴルフのような存在でしょうか?

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.10

福岡~東京 5時間半の旅

今年初めての東京への移動。
福岡の事務所を出たのは、夕方5時半、18:40発ANA266便の座席に座ったのは1時間後の6時半でした。
機内オーディオの特別プログラムは、福岡出身の広瀬香美。地元でもあるし、同級生の友人も居て身近に感じるし、彼女の伸びやかな歌声は好きなのでイヤホンを耳に当てて出発を待っていました。
音楽を聴いていると、足下からトントントントンという音。前の人が足で壁をたたいているわけでもなさそう。窓の外に目をやると、貨物室の扉は開いたままいっこうに閉じようとしません。そのうちに、なにやら貨物運搬車両やらなにやらの車が寄ってきます。
機内アナウンスがあり、「貨物室で異常が見つかり、修復をしていますので、飛べるかどうかの確認が取れるまで暫くお待ちください」という要旨だった。
それから10分ほどだったでしょうか、機長からの機内アナウンス。
「貨物を搬入する際に貨物室の扉付近を損傷。調査の結果、与圧に耐えられない可能性があると判断し、フライトをキャンセルします。このあとの飛行機に振り替えます。振り替えの手配が完了するまで、そのまま機内でお待ちください」。

1時間後、飛行機を降り、19:50発の270便に再び乗り込み、離陸できたのは20:10。羽田のターミナルに降り立ったのは本来なら自宅でパソコンを開いているはずの21時半を過ぎ、もうすぐ22時になろうかと言うところでした。
自然災害や天候による遅れならまだ諦められるものの、明らかに人的なミスによるフライトのキャンセルと遅れ…………
もう、何も言いたくありません。

前回のフライトのキャンセルは、福岡空港でのバスジャックだったかなあ。
あのときは、機内でNHKのライブニュースを見ていたら空港閉鎖になって………
今となっては笑い話ですが、今回のはちょっと納得がいかないですね。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.09

今年最初の………

Dsc00010たまには飲みに行こうか、とかつての部下のY君を誘って待ち合わせたのは、中洲の新しいケーキショップufu。オープニングのお披露目に顔を出し、そこで合流して出かけることにした。
何が食べたい?と尋ねると、「フレンチが良いです」と!
それでは、と暫く顔を出していなかった上に、店長が替わったばかりのバルミュゼットに行くことにした。しかーーし!行ってみるとこの日は休み。それでは、前にも連れて行ったことはあるが舞鶴のカフェ・ド・ペガスへ。
シャンパーニュを2本空けて、さらに赤ワインをグラスで飲んで、すっかり良い気持ちに。

その後は、すぐそばでやっていた、別なグループの新年会に合流して、あとは記憶がないです、はい。

そういえば、ufuにはお祝いの花も持っていかなかったなあ。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.08

ニューヨークで22℃!?

Dsc00157思えば、ちょうど1ヶ月前、ニューヨークに居た。直前までは暖冬と言われ、15℃くらい有ったらしいが、ついた翌日から急に冷え込み、氷点下に。
道路の水たまりは氷つき、セントラルパークの屋外スケート場では、多くの人がスケートを楽しんでいた。

Dsc00163それなのに、1ヶ月後の今、NYCは記録的な暖冬で、昨日は観測史上最高の22,2℃にまでなったという。
1ヶ月前、あのさむーーーーーいNYCを経験できたのは幸運だったのか?それとも不運だったのか?
やっぱりクリスマスツリーは寒い方が雰囲気は出るし、暖かかったら、ツリー前のスケートリンクも絵にならなかっただろうから、幸運だったと思いましょう。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.07

デジカメの世代交代

Dsc00290_12001年、911テロの直後のニューヨーク取材に出かける時に購入したソニーのデジカメ Cyber-shot。
以来5年、ずっと出かける時はカバンに入れて一緒に出かけていた。
このブログの写真の、ヤマメの写真以外はほとんどこのデジカメで撮った写真。
記録用に写真を撮るだけなら特に問題はなかった。
ところが、携帯電話同様長く使い続けると、バッテリーが弱くなってしまう。昨年春、新しくバッテリーを購入し、今までのバッテリーは予備として使っていた。そして昨年12月、再びそのデジカメを携えてNYCへ。
3日目、セントラルパークでバッテリー切れで、予備の古い電池と交換した。

帰国して荷物の整理をしたら、交換したバッテリーが見つからない。どうやら無くしてしまったらしい。

Dsc00005再びバッテリーを購入しようとビックカメラにでかけ、在庫を調べてもらって出てきたのは、5000円を超える物。
予備のバッテリーにこれだけの金額を支払うのなら、デジカメを新しくして、今のデジカメそのものを予備にしよう。
そう思い、5年ぶりにデジカメを買い換え。
今まで唯一不満だった光学ズームも搭載して、厚さは約4割減、体積はほぼ携帯サイズ。
何よりも、バッテリーのスタミナが随分改善されているのが良い。

これで少しは、更新頻度も上がるかな?

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.01.06

一人でモンブラン

Dsc00289今日は朝から雨が降り、隙間だらけの実家はなかなか暖まらない。上げなければならない原稿があり、パソコンを開いて取りかかろうとしても、足下・手元が寒くて仕事にならない。足下に温度計を持っていって測ったら、16度。これでは仕事は進まない。

いっそ、事務所に出た方が資料もあるし一気に終わらせることができると思い、家を出た。
事務所に行く前に、三越のパン屋でパンを買いエスカレーターに乗ろうとしたら、今まで気が付かなかったが、モンブランで有名なアンジェリーナがあるではないか!聞けば、2年前から出店しているとのこと。この2年間の自分を振り返り、改めて反省。
銀座プランタンのお店は、良く打ち合わせで利用していたが、モンブランの味は忘れた。
どうせ事務所で一人だし、おやつに一つ、とモンブランを購入し、原稿の区切りに食べてみた。

あまーーーーーーーーーい!!!!
レギュラーサイズは大きすぎた、と再び反省。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.05

恒例、oraんちの新年会

Dsc00286毎年、1月4日はoraのおうちで新年会。
oraのお父様は、私の大学の教授でもあられたお方。だから、私にとっては、英語の先生であるoraと2代に渡る恩師ということになるのだ。
そして、毎年新年会には同窓生がたくさん集まってくるので、家の中は新年会というよりも同窓会の雰囲気で、がさつでバンカラな学生ノリの新年会となる。
oraが丹精込めて作ったローストチキンも、そんなことは関係無しにあっという間に手が伸びてすっかりたいらげられてまい、高いシャンパーニュもコップでがんがん飲んでしまって、これもあっという間に空っぽ。
みんないい大人で、それぞれの地位にある人達なのに、ここでは学生に戻れるんでしょうね。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007.01.04

住み良い福岡は西鉄が握っているという悲しい現実

本当に、福岡という都市は矛盾に満ちている。
九州においては、熊本市や北九州市がどんなにそのプライドを持って抵抗しようとも、今後、経済は福岡市を中心に動いていくことは否定しようがない。
しかし、足下の福岡市の市民生活を支えるインフラ、特に交通事情においては全く利用者を見ていないバス会社と鉄道会社に頼るしかない現実に、誰も疑問を持たないしそれを容認することが善だと言わんばかりの保守的な市民でもある。よその土地から来た観光客や移住者にとって、本当に住み良い都市だと思っているのだろうか。
昨年は、福岡での事件が全国ニュースで何度も流れた。東京にいて福岡のローカルニュースを見ているかのような日々。公共のマナーが悪い都市では、犯罪も当然増えるだろう。
新市長は、鳥越俊太郎氏とどのような対談を行ったのかは知らないが、マイクを向けられれば文句ばかりを言うステレオタイプの保守市民や、表層だけを見て、したり顔で論説するマスコミなどは無視して、これからの福岡市が何を目指すのか-企業で言えば経営理念をしっかりして欲しいと思う。
その実現を阻害するなら、七社会であろうと是正をするべく勧告なり指導なりしていただきたい。

今後10年、福岡市を真に良い都市に進めることができるのは、七社会と対等に政策と都市の将来像を議論できる市長だと思う。他のどんな団体よりも、一応七社会のそれぞれはビジネスライクにきちんと同じテーブルで話しができるはずの相手なのですから。
ここができなければ、他のどんな問題も解決できるはずがありません。

まずは、公共のマナーを西鉄さんと改善することから手を付けませんか?

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.03

初詣とお年玉

Dsc00283昨日、家族を東京に送りだし、実家は静かになった。
年老いた両親もほっとした様子。昔からよく言う「来て嬉し、帰って嬉し、孫達かな」を実感する瞬間。

今日は朝から天気が良い。心機一転初詣に出かけることにした。
毎年、仕事始めの日(昨年・一昨年は元旦、それまではだいたい4日)に櫛田様に出かけることにしているが、今年は3日の今日。毎年、神殿にたどり着くのに30分~1時間かかっていたのに、今日は嘘のように人が居ない。並ぶどころか、平日とほとんど変わらない様子に拍子抜け。
車を門前のコインパーキングに停めて、お参りに、と思ったところで声をかけられた。
福岡サンパレスホテル&ホールのパティシエ大村さんだ。11日に中洲にオープンするお店に並べるケーキの仕込みに出てきたところだという。
お参りはあっという間。今年も例年通りのお願い事をして、博多駅前の釣具屋へ直行。
初売りでウェーダー(釣り用の腰の上まであるナイロン製の防水ズボン)とウェーディングシューズ(川を歩く靴)を、自分へのお年玉に購入。

そういえば、我妻には、クリスマスプレゼントもお年玉も渡していなかったなあ。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.01

お正月

Dsc00281久しぶりに、元旦を家族と過ごす。
おせちは購入した物ばかり。

これに年末に届いた2本の大きなブリと牛肉の刺身とたたきのおかげで、テーブルの上はご馳走で溢れている。
それでも、子ども達に一番人気は卵焼き。
卵好きの僕に似たのかもしれない。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »