« 恵比寿の番犬 | トップページ | 本当に11月? »

2006.11.03

アキバロボット運動会

秋葉原で、二足歩行ロボットを始め、たくさんのロボットが集まるイベントがあるというので、出かけた。
会場は思ったよりも狭く、期待したほどではなかったが、初めてこの目で見るそれぞれのロボットの動きは、確かに目を見張る物があった。
思えば、早稲田大学で、下半身だけの二足歩行ロボットが公開されて話題になったのはいつだっただろうか。まだ、そんなに前の話ではない。asimoが大きな電池を担いで、人間型ロボットとして登場して10年くらいだろうか。
そのasimo P3 は身長160cm、体重130kg。動きもゆっくりとしたものだった。

この会場に集まったロボットは、大きく分けると身長30cm程度の人間型ロボットと、窓ふきや介護の援助をする生活サポート型ロボット。それに、TVでも紹介されていた、コンパニオンのようなロボット。一瞬ではロボットとはわからない程のでき。しかし、口がしっかり締まらないところは、近頃の若い娘のようでもあるがちょっと不自然。見方を変えると、浦安のテーマパークのアトラクションの人形のようでもある。

一番の驚きは、既にパソコン雑誌のようなロボット専門誌が存在すること。次々と発売される量産型の人間型ロボット(玩具)が紹介され、作り方まで紹介されている。歩く、踊るはあたりまえ。鉄棒で大車輪するものや、ローラースケートで走るものまである。もう、ほんの数年でパソコン並みに価格も下がり、玩具として普及しそうな気配。

サッカーでロボットのチームと人間のチームが戦う日は、そう遠くないのかもしれない。

blog←読んだらクリック!

|

« 恵比寿の番犬 | トップページ | 本当に11月? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18605/12569319

この記事へのトラックバック一覧です: アキバロボット運動会:

« 恵比寿の番犬 | トップページ | 本当に11月? »