« たくさんの思い出を持って帰国 | トップページ | お盆に申し訳ございません »

2006.08.14

さて、現実世界に戻ってみると

今朝は、いきなりの大停電のNEWSから始まった。
幸いにも、我が家周辺はその影響は無かったが、ゆりかもめや地下鉄などの交通機関、それに信号機の故障などで大変な様子。ラジオでは、徹夜仕事で仕上がり寸前のプレゼン資料が、一瞬に消えてしまったという泣くに泣けないリスナーからのメールも紹介されていた。過去に同じような経験が有るから、よくわかる。

前回の羽田空港へ向かう際にも、有楽町駅での人身事故の影響で、飛行機にぎりぎり間に合うという苦い経験をしているので、少し早めに空港へ向かうことにした。
JR線は順調で、お盆休みのためか乗客も少ない。ところが、モノレールのホームに上がると、異常に人が多い。どうやら、ゆりかもめのダイヤの乱れがまだ影響している様子。
しかし、空港は思いの外、人が少ない。

通常通り、青い翼に乗り込み、離陸。機内アナウンスでは福岡は晴れ。順調な飛行を続けていたが、着陸態勢にはいる所で機長からのアナウンス。
「現在、順調に飛行を続けておりますが、福岡空港周辺では、発達した積乱雲が発生し、雷雨のため空港進入に時間を要する見込みです………」
Dsc00434離陸する時には晴れていたのに、もう、天候が変わっている。まあ、学生時代を思い出せば不思議なことではない。夏の晴れた日は、急激な気温の上昇で海風が発生し、博多湾には強い北風が吹く。それは同時に、陸地に入道雲を発生させる事が多い。それが起こっているだけのこと。

そう、日常に戻ったと言うことだ。

blog←読んだらクリック!

|

« たくさんの思い出を持って帰国 | トップページ | お盆に申し訳ございません »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18605/11432748

この記事へのトラックバック一覧です: さて、現実世界に戻ってみると:

« たくさんの思い出を持って帰国 | トップページ | お盆に申し訳ございません »