« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月の記事

2006.07.30

7月最後の釣り

200607301夜明け前の川は、ちょっと涼しくて気持ちがいい。
夏至を過ぎること1ヶ月。夜明けが大分遅くなっていた。仕事の時間を気にしながらの釣りは、今シーズンこれが最後。次回からは休みを取って、一日中釣るのだ。

で、肝心の釣果といえば、数は出たものの、20cmを越えるヤマメには出会うことはなかった。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.29

こんにちは、岩倉具視様

Dsc00269梅雨明け前の東京から、梅雨が明けて思い切り熱い福岡に戻った。
事務所から帰宅の途についたのは、いつものようにバス。運転手さんの後ろに座り、ゆっくりとi-Podの音楽と車窓からの景色を楽しんでいた。そこに、老人がやって来て、運転席の横の両替機に紙幣を入れようとするが、なんどやっても紙幣は機会に吸い込まれない。運転手さんが紙幣を手に取ると、なんと500円札。
当然、両替機は500円札に対応していない。
そこで、運転手さんは車内アナウンスで、500円を両替できる人を呼びかけた。偶然にも、私の財布には100円玉が5枚。
かくして、私の財布には、今時珍しい500円札が納まることになった。
確かに、今時500円札は自動販売機でも使えないし、使い勝手は悪いけれど、500円には違いない。

なんだか懐かしい人に会ったような気分で、一杯引っかけて帰った。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱりあの歯医者は藪だった!

昨日の夕方から、左の上の奥歯がうずいていた。
いや、1ヶ月くらい前から、熱い物を口にしたり、冷たい物を食べた時に、鈍い痛みを感じていた。
それが、l昨日の夕方、断続的に疼くようになり、ちょっと普通じゃないなと感じて、東京で25年来かかりつけの先生に電話した。診療時間中は邪魔だろうと、5時5分に電話をしたら、誰も電話に出ない。
あの先生なら、そんなこともしそう。きっと、電話が鳴っているのを知っていながら無視しているのだろう。

この痛みを感じる歯は、随分昔にその先生に治療していただき、銀のかぶせ物をしていた歯。新春のおせちを食べていて、そのかぶせ物がはずれたのだ。東京に戻って見て貰う時間もなかったので、近所の歯医者に赴き、処置をして貰うことにした。しかし、これが大失敗。それは、治療が始まってわかった。やたらと麻酔を使いたがる、麻酔をして痛みを感じないことを良いことに、やたらと歯を削る、そして大きな銀のかぶせ物をして治療は終了した。

その歯が、1ヶ月くらい前から痛み始めたのだ。そして、昨日。さすがに何かあるなと思い電話したが通じなかった。いやな予感がしていたので、今日の午後は、その先生に何とか押し掛けてでも見て貰おうと、予定を入れずにいたのだ。そして、最後の打ち合わせが終わり電話して見て貰った。

初見では「その歯はしっかり治療されているし、隙間や浮きは見られないから、その奥じゃないですか?」と言われた。しかし、自分の歯のこと、それが一番奥かその手前か位はわかる。「いや、絶対にこの春に乱暴に治療された歯に違いないと思う」と先生に進言。そして、レントゲンを撮ると「flydayさんの言うとおりでしたね。神経の処置を十分にしないまま被せて、その下にばい菌が繁殖して化膿しているようです。すぐに処置します」ということで、それから大変な治療になってしまった
被せ物を外して(削り取って)化膿しているところを綺麗に除去し、暫くは洗浄しながら様子を見て、2~3ヶ月かけた治療するという。
こんなことなら、時間を惜しまずに、信頼できる先生の所に行っていれば良かった!
もう、2度とあのM医院には行かない!と心に決めたのでした。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.26

福岡は梅雨明け

Dsc00267福岡は梅雨が明けた。
今日は、目が覚めた時には既に太陽が元気いっぱい。
おかげで汗だくでの目覚め。
なんだか一日、熱にうなされたようなボーーとした感じだったが、とにかく東京へ向かわなければならない。
福岡空港で羽田行きの飛行機に乗ろうと、搭乗口に向かう途中目に入ったのは、JALのリゾッチャの機体。できることなら、このままHawaiiへ飛んで行きTaii!

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.22

今年の梅雨は………

Dsc00263先週の週末とうってかわって、今週の週末は涼しい。
それというのも、この長梅雨のせい。先週の福岡へのflightでは、暑さのせいで発生した雷雲のおかげで、壱岐の上空で足止めをくった。雨のおかげで涼しい今日、空港はこれも先週とうってかわって人が少なく、いつも満席のスーパーシートプレミアムも十分空席が有った。久しぶりにアップグレードの搭乗手続きをしている頃、鹿児島や宮崎へのflightは、条件付きで飛び立っていた。
羽田を飛び立ったB747はいつもよりも高いところまで上昇している様子。富士山がいつもよりずっと下の方に、雲に霞んで見え隠れしている。そこに、いつものように機長のアナウンスが入る。
「………当機は高度1万1千8百メートルの高度に達しました。今日は発達した梅雨前線の雲の直上を飛ぶため、揺れが予想されます………」
厚い雲を避けるために、高く飛ぶしかないということか。
Dsc00261上空では、可愛らしい花柄の箱に入ったお菓子をいただいた。「SOLUDESILE」。初めて聞く名前。しかも、埼玉県羽生市のお菓子工房。
どうしてこの工房のお菓子を選んだんだろう?営業したのかな?色々と想像が膨らむ。

福岡に到着したら、宮崎で開催される予定のプロ野球オールスター戦は、豪雨のため延期になっていた。
これでは、当分釣りどころではなさそうだ。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.07.20

oraが引越祝いにやって来た

Dsc00265事務所の引っ越しを終えて、やっと落ち着いてきた所。
oraが引越祝いに、テタンジェのワインクーラーと大好きなミモレットチーズを持ってやって来た。
折角、冷えたCAVAとワインクーラーがあるのに、氷が無いので、今回はワインクーラーの出番無し。でも、oraありがとう。
Dsc00264
冷蔵庫に冷えているCAVAを、1本二人でアッという間に空にし、大名の街に繰り出した。
これから新しい事務所で、心機一転頑張らなければ!

blog←読んだらクリック!

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006.07.16

バッテリーが切れた!流星号に錆が!

200607161大雨も一段落し、渓の水も平常に近づいているはず。梅雨入りしてからというもの、6月11日を最後に1ヶ月以上川に入っていない。よし、明日こそ決行!

と昨晩は夜10時に布団に入り、4時に起きた。実は、昨日も仕事で4時に起きていたので、この2日間はいつもより2時間前倒しで生活しているような感じで、なんだか普通。いつもなら、目が覚めて出発の準備をする間ももどかしいくらい気持ちがヤマメに向かい、「いざ、出陣」てな感じなのだが、今日はなんだか淡々と出かけた。

出発してすぐ、小さな子猫を5匹ほど引き連れた、猫の家族が車の前を横切っていく。動きがぎこちない子猫を轢かないように注意しながらゆっくりと進み、その先のガソリンスタンドで給油。途中のコンビニでペットボトルのお茶とローズネッククッキーを買う。今、渓から戻って食べるローズネッククッキーの甘さが気に入っている。

車の運転も、いつもより終始穏やか。ちょっと遅めに目的の場所についたら、近くにレガシーが停まっていた。こんな場所に車を停めるのは釣り人に違いない。さて、どうしよう、と一瞬思ったものの、姿が見えなければ良いか、と川に降りた。今日の僕は、何故か寛容であった。
釣り始めて1時間、案の定ほとんど反応無し。確かに先行者の足跡(しかも濡れた)が残っていた、が姿は見えない。僕よりも30分くらい先に川に降りたのだろう。

200607163_120cmを越えるヤマメに出会うことなく淡々と釣り上がり、支流に移動する前の最後の一投、とビートルパラシュートを流すと、やっと出た!しかも、ものすごい勢いで走る。岩の下へ向かって猛然と走り、なかなか寄せられない。これは大きいぞ、と興奮しながらネットに納めたヤマメは、体高は有るが意外や22cm弱。
写真を撮ろうとデジカメを構えると、なんとバッテリー切れ!1ヶ月放ったらかしにしていたのだから無理もない。綺麗には撮れないだろうが、こんな時は携帯に頼るしかない。で、やっぱりこんな写真に。

まだ少し時間に余裕があるので、小さな支流に入り、蜘蛛の巣と悪戦苦闘しながら釣り進むと、こちらは今までが嘘のように反応が良い。22cm弱がいきなりかかり、これも小さな沢で大暴れ。更に大物をかけたが、こちらは残念ながらランディングできず。しかし、1ヶ月ぶりの釣りは満足できるものだった。

さ、一旦帰宅して着替えて仕事だ! と自宅近くまで戻ったところに、子猫が!誰かの車に跳ねられたのだろう。合掌。

流星号を降りて荷物を下ろそうとしたら、右後ろのドアパネルの上縁に黒い物が目にとまった。何かの汚れか、と良く見たら、なんと錆!
VWは確か錆に対する保証が10年位ついていた筈。だから2代目流星号にVWを選んだのでもある。ディーラーに問い合わせたら、かつてはそうだったけれど今は違うので、微妙だとの答え。
釣果は良かったのに、なんだかテンションが上がらない一日でした。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.14

今度は壱岐の上空で待機

Dsc00255東京は午前9時には気温が30度を越え、午後3時には、足立区で光化学スモッグ警報も出ていた。僕自身の体調もずっとけだるく調子が出ないまま。最後の打ち合わせを終えて羽田空港に向かうと、モノレールの窓ガラスに雨粒が落ちてきた。気温の上昇が夕立を呼んだ。
羽田空港では、思いもよらない混雑。暫くこの状況が飲み込めなかったが、明日から3連休、しかも学生は既に夏休みだということに気が付いたのは、搭乗手続きのために並んだ長い列を、真ん中くらいまで進んだ時だった。
ラウンジに寄る間もなく飛行機に乗り込み、厚い雲を抜けた空は西に僅かな光を残し、夜のとばりに包まれようとしていた。
Dsc00257西に飛び続け、いつしか眼下には漁り火の光が広がっていた。日本海のイカ釣り漁船の光だ。それにしても、何処を飛んでいるのだろう。通常の航路なら、中国地方の海岸線を右に見ながら玄界灘上空に出る。これだけ一面にイカ釣り船が出るような漁場が、航路の下にあっただろうか?
そう思いながら外を見ていたら、機長からのアナウンスが流れた。
「ただいま、福岡空港上空には雷雲があり、着陸できません。管制塔からの指示で、当機は壱岐の島上空で待機することになりました。着陸時刻の目処は立っておりません」。
外をよく見ると、漁り火以外にも他の飛行機の明かりも見える。そして、真下には壱岐の島の町並みの明かり。
飛行機が旋回すると、遠く福岡の方だろう、雷の光で空が時折光っている。
飛行機は大きな8の字を書くように何度か旋回をして30分遅れて着陸態勢に入った。
帰りなのにイキ(壱岐)に寄り道、こりゃイカ(烏賊)ん?

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.13

甲斐智枝美さんのご冥福をお祈りします

10日に急逝した甲斐智枝美さん。
ファンだったわけではないが、学生時代、行きつけの喫茶店で、彼女のお母さんと良く一緒になり話をしていた。
松田聖子さんと同じ頃のデビューで、良く比較され、お母さんは松田聖子さんをライバルのように思っていたようだった。大学を卒業してからは、そのお母さんとも会うことはなく、芸能界を引退した智枝美さんのことも思い出すことはなかった。
しかし、今週の突然の訃報、しかもそれが自殺だったという報道。
あのお母さんも、きっと悲しんでいることだろう。

ご冥福をお祈りします。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.12

すわ、ハイジャックか?!

Dsc00245山笠でそこら中の道路で渋滞している福岡はすっかり夏空。梅雨明けはきっと近い。
しかし、空港を飛び立った飛行機が東へ向かうほどに雲は厚くなり、まだまだ梅雨が続くのか、という気分になってくる。時折雲の切れ間からは海が見えて、普通ならそろそろ降下を始める時刻だが、何もアナウンスはない。
窓から下を見下ろすと、滑走路がある大きな島が見える。伊豆大島だろう。しかし、普通こんなところは通らない。たまに、羽田空港混雑の時に、伊豆大島上空を旋回しながらの時間調整と言うことはあるが、下に見ながら通過していくだけだ。
Dsc00247暫く飛ぶと、今度は半島の先端が見える。半島の形から察するに、どうやら房総半島の南端。
房総半島を左に見ながら、まだ飛行機はまっすぐ飛び続けている。ということは、太平洋に向かって東に飛んでいるということ。普段ならあり得ない航路だし、着陸が遅れるとかのアナウンスもない。ひょっとしてハイジャックか?!
房総半島はどんどん後ろに小さくなっていく。
人知れず、そんな心配をしていると、飛行機が左に旋回を始め、機首を西に向けたところで機内アナウンスが流れた。
「羽田空港混雑のため、到着が遅れてご迷惑をおかけしています………」。なんだ、と思う一方で、どうして今まで何も教えなかったんだ?という疑問。
Dsc00252窓からは、太平洋上、夕日に赤く染まる雲が連なっているのが見えていた。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.08

流星号の車検がが切れていた!

Dsc00242この1ヶ月は本当に慌ただしかった。事務所の移転を決めたのと時を同じくして、我が事務所の仲間由紀恵こと、N嬢の退職宣言により、後任の求人・採用活動まで重なってしまった。
加えて仕事の転換点での煩雑な事務作業量と業務の整理etc.で、久しぶりに精神的にも余裕を無くしていた。
そんな先週、引っ越しの準備をしていたら、我が愛車流星号の購入時の書類が出てきた。懐かしく思いながら書類の日付を見ると、1999年6月。今年は2006年で7年かあ…………
んっ、ちょっと待てよ、と言うことは今年車検?それも期限は過ぎている?
慌ててディーラーに電話して記録を確認して貰ったら、前の週で車検切れ。いつもディーラーから案内が来ていたので安心していたら、担当の整備士のNさんは転勤になっていた。車検切れの車を動かすことはできないから、代車を用意して取りに来て貰うことになった。

そして、今日、車検を終え、再び公道を走れるようになった流星号を引き取りに行った。
(写真の左隅が、我が愛車流星号)
以前より、各パーツの全体にスムースになった。それに、車もピカピカ。

さあ、梅雨が明ければ釣り三昧だーーーーーーーーーーーーーー!!!


blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.07

七夕の夜にお引っ越しで777

Dsc00241福岡の事務所は、2社で部屋をシェアしていた。しかし、シェアしていたシステム会社は、プライバシーマーク取得のため部屋を出て、違うフロアに引っ越しをした。
1社で全部使うには広すぎるし、シェアする相手を捜すのも大変。これを機に、うちも引っ越しを決意。この2年間、新規営業もできず、新しいクライアントさんを増やすことができなかったので、そろそろ本当の意味でのリ・ストラクチャリング(事業の再構築)にかからねばならない時期でもあった。

まず、現状に必要な最低限のスペースまで絞り込み、そこから再出発することに決めた。決断すると、不思議とタイミング良く物件がみつかるもので、同じビルの7階に、これまでのスペースよりも若干狭いモノの、使い勝手の良い、しかも家賃は今の約1/3(シェアしていた頃の按分家賃の6割)の部屋が見つかった。
同じビル内だから引っ越し代も安いし、手間もかからずスムーズに事は運び、7月7日、同じビルの7階に引っ越しを終えた。

残るは、前の部屋の大家さんとの敷金返金交渉。七夕様、交渉がスムーズに行きますように。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.05

アメリカ建国230周年

200607041901001七月四日は、アメリカの建国記念日。映画でも、「七月四日に生まれて」や「インデペンデンス・デイ」など、この日にまつわるモノが多いことからもアメリカの人にとって重要な日であることは容易に想像が付く。
しかも、今年は建国230周年という節目の年。福岡でもアメリカ領事官主催のパーティが催された。
200607041800000会場に入ると、平均年齢が60歳を越えるという地元のjazzバンドの演奏が流れ、カジュアルでにぎやか。オープニングは、岩国の海兵隊員による、米日両国の国旗の入場パフォーマンス。続いて、領事の挨拶と県知事のお祝いの挨拶と続く。
が、しかしその後はとってもカジュアルなパーティ。料理も、アメリカの普通の家庭でお祝いするスタイルで、ということでホットドッグやハンバーガー。
200607041905000お酒類はもちろん、バドワイザーやカリフォルニアワインなどのアメリカの飲料。デザートには、スニッカーズまで並んでいた!
カジュアルなスタイルで、ホットドッグを食べながら麻生知事ともプライベートな話を二言三言。
和やかな時間を過ごして会場を出ると、外は土砂降りの雨。

翌朝のニュースでは、北朝鮮がミサイルを発射した!事を報じていた。
今の日本の憲法・法律のもとでは、どんなに自衛隊の装備を強力にしようと、仮に北朝鮮から攻撃を受けたら為す術はない。アメリカとの同盟関係に頼るしかない今の日本。
色々と考えさせられる日となった。

blog←読んだらクリック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »