« 20年間ご苦労様でした | トップページ | 初ヤマメ&アマゴ »

2006.03.08

飛鳥と桜と牡丹

aska-2博多湾に飛鳥Ⅱがやってきた。中央埠頭に接岸した船体は巨大で、しかし、優雅。花で言えば大輪の牡丹か。
高校までは、船乗りになりたくて商船大学を目指していたが、入試科目に世界史が必修だったのと、商船不況で当時就職率が10%程度しかなかった事と、弟の高校受験、父親の単身赴任などが重なり断念したのを思い出した。
仕事を終えて、間近に見ようと近づいてみたものの、夜では暗闇の中に照明の明かりがみえる程度で、全体が見えない。真っ白い船体も真っ黒い固まりに見えてしまう。昼間に見に来れば良かったと反省。

船を見た後は、かつての同僚が転職したお店に、みんなで顔を見に出かけた。店の名前は「SAKURAさくら」。
ビルの8階にある、春らしい名前のオシャレなお店。彼は元気に働いていた。
botanそれからもう一軒、軽く飲みに知り合いのお店に行ったら、その店には彼はもう居なかった。この業界の人の動きは激しい。テーブルには牡丹の花が飾ってあった。

桜の花言葉は、「精神美、純潔」など
牡丹の花言葉は、「風格、恥じらい、富貴、高貴」など。

blog←読んだららクリック!

|

« 20年間ご苦労様でした | トップページ | 初ヤマメ&アマゴ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18605/9050050

この記事へのトラックバック一覧です: 飛鳥と桜と牡丹:

« 20年間ご苦労様でした | トップページ | 初ヤマメ&アマゴ »