« オレオレ詐欺がやってきた | トップページ | 背中が痛い!運動不足か? »

2006.02.24

酔っぱらいが酔っぱらいを介抱した夜

DSC00869事務所のスタッフと打ち合わせを兼ねた食事をし、勢いで飲み過ぎてしまった。
店を出て暫く歩くと、人が倒れていた。どうせ酔っぱらいだろうから、と一度通り過ぎたが、まだ2月の夜。そのままだと凍え死んでしまうかもしれない。引き返して声をかけたら、案の定酔っぱらった初老の女性。
「こんなところで寝ていると、死んでしまうよ」と声をかけたが、「良いんだよ、ほっとけ!」と怒鳴る。
しかし、そのまま道路脇に放ってもおけない。何度か声をかけると、仕方なさそうに起きあがり、たばこに火を付けた。
座り込んでなかなか立とうとしない。
「さ、帰ろう」と促すと「放っとけ」と言うばかり。
「家はどこ?」と聞くと、「そこ」と目の前のアパートを指す。
道路を渡ったら家ではないか。ならば送っていってすっきりしようと脇を抱えながらアパートの階段を上っていった。
DSC00873玄関のドアを開け、彼女を中に入れると今度は「ここまで来たんだから上がれ」という。「人が待っているからこれで失礼」と言うと、「良いから上がれ!」とまた命令口調。「そんなこと言われても、上がる訳にはいかない」と扉を閉めてアパートを後にした。

その後、近くで待っていた同僚と合流して飲んだのだが、この酔っぱらいを介抱したことを翌日にはすっかり忘れていた。もちろん、その飲み会のこともほとんど記憶に残っていない。
ちょっと飲み方を考えなければ、と反省した晩だった。

|

« オレオレ詐欺がやってきた | トップページ | 背中が痛い!運動不足か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18605/8826087

この記事へのトラックバック一覧です: 酔っぱらいが酔っぱらいを介抱した夜:

« オレオレ詐欺がやってきた | トップページ | 背中が痛い!運動不足か? »