« 福岡空港にて | トップページ | やはりそんな日だった »

2006.02.01

願わくば、ソフトランディングを

朝のニュースで、昨晩の井尻駅の人身事故のことを告げていた。

昨晩、西鉄大牟田線の福岡天神駅から急行に乗り、大橋駅で普通に乗り換えた。大橋駅の次は井尻駅。普通に乗り換えて井尻駅が近づいたところで、電車は止まってしまった。今まで乗っていた、先に出発した急行電車が、井尻駅構内で人身事故を起こしたというのだ。

駅を目前にして止まった電車。車窓から見える目の前の踏切の信号は鳴り続け、事情がわからない歩行者やドライバーがいらいらしている。何分そこで止まっていただろう。

そのニュースで、忘れていた昨晩のことを思い出した。

いくつかの打ち合わせや来客に対応していて、午後にはそんなニュースのことも忘れていた。そこへ事務所からメール。警視庁から手紙が来ている、と。すぐに事務所に電話して開封して貰うと、「捜査関係事項照会書」だという。何かの捜査に関連して、文書による回答を求められていた。まさか、私に何かの嫌疑がかけられた訳ではないと思うが、警察からのこのような文章は気持ちが良い訳はない。

すぐさま事実関係と過去の記録を整理し、文書を作成して郵送した。
こんな日は、色々と重なるもの。あれもこれも何となくスムーズに行かない。というより、スムーズに行っても、スムーズに進んでいるか疑心暗鬼に陥ってしまう。

これから飛行機で羽田に飛ぶが、スムーズに行くだろうか?
始まりがハードだっただけに、ソフトランディングを願いたい。

|

« 福岡空港にて | トップページ | やはりそんな日だった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18605/8452911

この記事へのトラックバック一覧です: 願わくば、ソフトランディングを:

« 福岡空港にて | トップページ | やはりそんな日だった »