« オーーー、ドンペリ | トップページ | とうとう隣は取り壊された! »

2006.01.15

消防出初め式とパンツ工場

dezomesiki-1dezomesiki-2昨年に続き、福岡市の消防出初め式に出かけた。今年は数日前からの寒のゆるみのおかげで、凍えるほどの寒さではなく、助かった。

最新式の消防車(まるで科学特捜隊の装甲車のようなのも!)の隊列の後に、それぞれの纏(まとい)を先頭に、消防団が行進。市長がそれを敬礼で迎える。
式典は45分ほどで終了し、その後は外で一斉放水などの演技(デモンストレーション)と続く。

昨年は出初め式が終わって会場を出ると寒々しかったが、今年は景色も違っていた。会場のドームの隣は昨年11月にできたばかりのMALLで、そこを目指す車が次々とやってくる。バス停までの散歩がてらに中に入ったら気になる看板。
panz僕たちの世代だと、「パンツ」と言われると最初に頭に浮かぶのは下着だが、今はいわゆるボトムのこと。小学校の頃はスカートめくりが流行り、「パンツーマルミエ」なんてやっていたが、今なら丸見えどころか穴まで開いたパンツを見せびらかしている。

はて、パンツがパンツでなくなった今、ズボンは何になったんだろう。

|

« オーーー、ドンペリ | トップページ | とうとう隣は取り壊された! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18605/8171763

この記事へのトラックバック一覧です: 消防出初め式とパンツ工場:

« オーーー、ドンペリ | トップページ | とうとう隣は取り壊された! »