« 原点の日 | トップページ | 誰も相手してくれない夜 »

2006.01.26

ス・す・酢・す~~~~

su仕事が終わるのが遅くて、まともに夕食を獲らないまま、深夜(早朝?)まで飲んでいた。帰り際におなかが減ったので久しぶりにリンガーハットに入り、チャンポンを頼んだ。
チャンポンを待っている手持ちぶさたな時間、人気のほとんど無い店内を見回していると、目の前に並ぶ調味料の瓶で目が止まった。

「ス」

カタカナで一文字だけ、「ス」だ。
そりゃあ分かり易いけれど、それにしてもあまりに単刀直入、考えなしのカタカナ一文字に面食らった。
それが「酢」であることを理解する前に、こりゃなんだ?と。

見ていると、なんだか宇宙服を着た奇妙な生き物のようでもあり、ロボットのようでもあり。
思わずデジカメに手が伸びたのであった。

|

« 原点の日 | トップページ | 誰も相手してくれない夜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18605/8363679

この記事へのトラックバック一覧です: ス・す・酢・す~~~~:

« 原点の日 | トップページ | 誰も相手してくれない夜 »