« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月の記事

2005.03.30

サクラ咲く

sakura受験生の皆さん、就職活動中の皆さん、何かの目標に向かって頑張っていた皆さん、サクラは咲きましたか?

警固神社のサクラは、1本だけ見事にサクラが。他はほとんど蕾なのにどうしてでしょう?福岡では、昨日開花宣言が出されました。昨年より、12日も遅い開花宣言だそうです。
今日のこの暖かな天気で、一気に開花が進むのでしょうね。
ところで、「サクラ咲く」もスタートしました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.03.21

地震!アポロは大丈夫?

20050320jishin-jimusyo520050320jishin-jimusyo1福岡に地震!そらーもう大変。TVやラジオから流れてくる報道では、大変な事になっている。阪神淡路大震災や新潟。中越ほどではないようだが、家が倒壊したり、ビルのガラスが割れ落ちたり。
これではうちの事務所も大変な事態であろう事は、想像に難くない。911直後のニューヨークから、大事に持って帰ったアポロの模型も、きっと床に落ちてバラバラだろうと半ば諦めて事務所に向かった。

しかし、なんとアポロは無事!書類や本が床に散乱しているのに、アポロは大丈夫だった!
事務所内の本棚や机、ソファや家具類は、地震の振動で部屋の中央に集まっていた。それぞれが動く事で、その上に載っていた模型や文具は落ちずに済んだようだ。
床に落ちていた、バックアップ用のMURAMASAも、起動したら正常に動いた。日頃の行いが良いからかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.13

flightよりもflyに行きたい!

hiroshimaDSC00017今週は、最終で東京へ行き、昨晩の最終で帰って来るという、夜のフライトでの往復だった。
東京行きでは、斜め後ろに秋本奈緒美(さすがに近くで見ると美しいですね。知的な美人でした)、その同じ列の一番窓側には、とくダネの緒方レポーター。福岡の女性強盗殺人事件の取材帰りのようです。翌日のとくダネでレポートしてました。
ところで、羽田第2ターミナル、ANAのラウンジsignetでは、無線LANが調子悪い。福岡空港では問題なく使えるのに、羽田では使えない。昨晩も、最初は使えていたのに、途中から使えなくなった。これは私だけなのでしょうか?
行きも帰りも夜の便で何も撮れなかったので、先週の羽田から雪雲の上に出た時の写真と、雲の隙間に見えた広島の写真をUP。

それよりも、釣りに行きたーーーーーい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.12

我が青春のオールナイトニッポン

DSC00025ニッポン放送株の取得問題の話題で、ニュースは持ちきり。ニッポン放送本社前にはメディアの取材陣で黒山の人だかりのようだ。
ニッポン放送といえば、青春時代は、オールナイトニッポンをずっと聞いていた。高校受験の頃は、学校に行って、クラスでの最初の話題は昨晩のオールナイトニッポンだった。
タカラから出ていた「青春のオールナイトニッポン」。その当時のラジオのミニチュアで、スイッチを押すと、オールナイトニッポンのテーマ曲が流れる。
ニュースを見ながら、今、このスイッチを子ども達と押している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.07

3月のスーパーシート

super-lunch日曜日のいつもの便に乗って福岡に帰ってきた。
この便では、おすぎさんがよく一緒になる(今回は違った)。
因みに、先週木曜日の東京へ行く便では、私と同じ列に猪瀬直樹氏、その後ろの列には山崎拓氏。
最終便のB767は、スーパーシートがないので、いつも面白い顔ぶれと一緒になる。
羽田で飛行機を降りる時には、扉が開くまで私の隣で二人が話していた。なんだか変な気分だった。

ANAのアップグレード券も、これで最後。
当分、スーパーシートには乗れないなあ(乗らないなあ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.06

深夜のホテルロビーにて

DSC00009ある日の深夜、ある人との待ち合わせに、あるホテルのロビーにて。待ち人来るまでパソコン開いてメールチェック。
これが仕事の待ち合わせでなければ、せめて女性との待ち合わせであれば良かったのに…………

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.03

シーズン突入!今年の初ヤマメ

20050302-1こっそり行ってきました。
さすがに寒くて、川に着いた時には周りの景色は霜で真っ白。当然水も冷たく、魚の活性も低い。魚影どころか気配も感じられないのに、好き者のFLYFISHERが数人、既に川に入っていた。
情報交換するも、誰も何の反応もないとの事。攻める釣りが信条の私としては、ライズ待ちするのも何だしと、一人釣り上がるもやっぱり反応無し。ハヤやカワムツの姿も無し。これはいよいよ水温が上がるまで待つしかないと諦める。

午後、ライズは無いものの再度川に入り、狙いをつけていたポイントに#20のパラシュートをゆっくりと流すと、底の方からゆらゆらとヤマメが上がって来て、パクリ。
初物としては上々のサイズの、20cmほどのヤマメを釣り上げる事ができました。その後も23cmを1本釣り上げたところで仕事に戻るべく納竿。
2尾とも養殖の放流ヤマメらしく、ヒレや魚体が随分と痛んでいました。
5月くらいには綺麗な魚体で、再会したいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »