« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004年11月の記事

2004.11.28

来週から新ターミナル

今、羽田空港の全日空ラウンジにいます。
気がつくと、全日空がこちらのターミナルを使用するのも、あと2日となってしまいました。
来週からは、モノレールの利用でも、航空会社で降りる駅に注意が必要になりました。基本的に、東京-福岡の移動は、全日空とSKYMARKを利用していますので、これまでは気にしなくて良かったのですが、これからはそうはいかなくなります。

来週の東京到着時には新しいターミナルです。
最初は迷いそうですが、どんなターミナルか楽しみです。

PS.先ほど、おすぎさん(ぴーこさん?さてどちらでしょう)とすれ違いました。
→飛行機に乗ったら、斜め前の席に。おすぎさんでした。
先日も同じ便で同じ席でしたから、毎週日曜にこの便の利用なのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.14

おニューに乗りました

ana777new

東京からの戻りは、ANAの251便(だいたい、午前11時半前後に羽田を発つ)を利用することが多い。
その251便で今日も羽田を飛び発ち、暫くすると機長からのアナウンス。
通常のフライト情報を一通り話した後、「本日皆様が搭乗されている機体は、僅か2週間前に就航したばかりの、クルマで言えば新車です。乗り心地はいかがでしょうか?」と付け加えた。

旅客機でおニューの機体に乗る機会はあまりないし、仮に乗っていても、それが「おろし立て」であるとは解らない。スカイマークエアラインズが新しい路線を就航した時や、客席が総革張りの機体を導入した時には、乗れば解ったが、このようなケースは既存の航空会社・路線ではまず考えられない。

飛行機を降りて、ターミナルの窓から改めて機体を見てみると、なるほどまだ塗装が新しくて、薄日の中で光り輝いている。スターアライアンスの塗装もなんとなく誇らしげに見える。新型機は確か、翼の形が少し違うということだったようだが、その辺りは良くわからなかった。

いずれにしても、新しいと言うことは、それだけで何だか有難いモノだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.13

一風堂のつけ麺

tukemen
仕事を終えたのが22時、それからバーで待っている友人と合流し、ひとしきり情報交換をした後、夕食を食べていないことを思い出した。
一風堂薬院店に立ち寄り、つけ麺を注文。
時刻はもうすぐ午前一時という頃。

こんな生活を続けていたら、体をこわすなーと思っていたら、最近本当に胃が痛くなってきた。
ガスター10でも飲んでみるか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.11.09

石井投手が一緒の飛行機に

パリから戻って、一度自宅に寄り、溜まったメールや仕事の処理を大急ぎで片づけて、再び羽田から福岡行きの最終便に乗ったら、明日の福岡ドームで行われる日米野球に行くのだろう、石井投手と同じ便でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.08

2泊4日のパリ

DSC00391

9月から、突然仕事の環境が変わり、随分と更新していなかった。約2ヶ月の間、完全な休みを取れたのは、台風22号が東京を直撃した日だけだった。

昨年、全日空のマイレージが無効になる直前に、パリ行きの往復オープンチケットに替えていたので早く使わなければ、と思いながらも、前述の状況に追い込まれ、期限切れの前日、11月5日(チケットの有効期限は、11月6日出発)に無事にパリへ発つことができた。
それにしても、2泊4日、ぎりぎりに出発を決めて大慌てでのパリ。
かつての部下がパリ在住だったことも幸いし、2日間のコーディネートと通訳などを任せて、短いながらも効率よく仕事を済ませることができた。

エッフェル塔は、夜、毎正時に、約10分ほどきらきらと美しく点滅する。初めて見たが、感動。
前回、工事中で見ることができなかったルーブル美術館のフェルメール2点も、今回は無事に見ることができたが、「民衆を率いる自由の女神」は、ちょうど旅に出ているとのことで、今回もお預けとなった。

そして、帰りのフライトでは美しいオーロラを長時間に渡って見ることができたのは更に幸いだった。

短いながらも充実した旅でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »