« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

2004年9月の記事

2004.09.23

飛んで食べる、食べて飛ぶ

lunch_at_ana red_hot_pepper

先日の福岡へ帰る飛行機では、アップグレード券を使ってスーパーシートに。
正午から1時の時間にフライトが30分以上かかると、スーパーシートでは昼食が出る。機内で食事が採れれば、時間の節約にもなる。
上品な箱には、空で食べるには適度な量のお弁当。お品書きには沢山の名前がならんで、最後に調理長の名前が記されていた。

右の写真は、ある日の夜、イタリアンレストランで挑戦した四川唐辛子とチキンの炒め物。まるでコガネムシのような唐辛子を試しに一口かじってみたら、あまりの辛さに記憶がどこかに飛んでいきそう。暫く口の中がしびれて何も感じなかった。
当然、このお皿はそのままドギーbagでお持ち帰り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.21

RODが折れた!

broken_rod 20040920

今春に何匹かヤマメをgetした6’6”2pのrodで早朝出かけた。
当たりは渋い物の、無くはない。
小さなヤマメを数匹挙げたところで、頭上の枝にフライを絡ませてしまった。普通なら、なんて事はないアクシデントだが、フライを枝から離す際に、rodのtipが折れて(裂けて)しまった!
春に異常を感じて使っていなかったのだけれど、6’のRODが使えなくなって、急遽出番となったRODだが、結局最悪の結果となってしまった。

急遽、予備のカーボンRODと取り替えて、それなりの釣果を得て仕事に向かうことができた。
シーズンはあと残り僅か。
一日一日を大事にしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.16

クルマ泥棒!

打ち合わせ、飲みながらのMT、更に2軒ほど梯子して家路につき、タクシーを降りた。
いつも自宅から50mほど手前で降りて、我が愛車「流星号」の状態を確認して玄関を開ける。

ところが、「流星号」の周りに懐中電灯を持った人が居る。正確には「流星号」を置いている隣の駐車場。
夜中の2時過ぎなのに。

恐る恐る近づいてみると、お巡りさんが2人と男性が一人。
「何かあったんですか?」と尋ねると、
「クルマ泥棒……………」

我が「流星号」は無事だったものの、こんなに身近なところでTVで見るような犯罪が起こるなんて、と酔いが一気に醒めたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.12

大雨で大岩も大きな栗もゴロゴロ

20040912-1 20040912-9
毎週やって来る台風。
それに伴う大雨と暴風のおかげで、山・渓の様子はすっかり変わっています。
いつもの渓に降りるポイントに、栗の木があるのですが、見事に風で幹が折れていました。
その下には大きな栗の実がゴロゴロ。
渓に降りると、今まで有ったはずの大岩のポイントが無くなっていました。

しかし、その直ぐ上でいきなりの大物!
普段だと、僅か2mにも満たない流れのこの川で(実際このポイントは川幅1m足らず)、川を縦横に走り回り、ランディングに随分苦労しました。
ネットに収まったヤマメは、この川で釣り上げた過去最大、きっちり25cmのヤマメ。

良い釣りができたし、早めに切り上げて帰ってきたら、夕方は物凄い雷雨が。
早く帰って良かった~~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.10

台風は行ったけど

台風18号は、日本各地に大変な被害の爪痕を残して行った。
心配していた台風19号は、幸いなことに逸れたおかげで、多少の遅れはあったものの飛行機は無事福岡を離陸した。
しかし、またも機長からの機内アナウンス。
羽田上空が激しい雷雨のため着陸が遅れるという。
結局、羽田空港に着陸できたのは、本当ならば家に帰り着いている時間。既に午前0時近い。
空港ロビー内には、帰りの交通機関が無くなりロビーで朝を迎える体制の人が散見される。

予約していた「あいのりタクシー」も混乱して、なかなか配車されない。
結局、車に乗れたのは20分後、家に帰り着いたのは0時半を過ぎて、もうすぐ1時になろうかという頃だった。

はーーーー、疲れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.07

またまたまたまた台風

DSC00239 DSC00240


本当に本当に今年は良く台風が来る!
先週は月曜日で今週は火曜日。
しかも、次回東京へ飛ぶ予定の木曜日にも、関東に台風が来そうだというではないか!
もういい加減にしてくれ。

午前中、福岡の事務所で窓を背にして仕事をしていたが、途中怖くなって奥の打ち合わせテーブルに移ってしまいました。その時の窓越しの写真がこれ。
ガラスに打ち付けられ流れる雨と、煙のように横に流れる雨で、まるでピンぼけ写真のようです。

正午頃には風がぴたりと止み、その後風向きが逆になったので、台風の目が真上を通過したのでしょう(右の写真)。
吹き返しは思ったほどでもなく、今は雨も風も小康状態。

台風19号! あっちいけ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »