« 2004年3月 | トップページ | 2004年5月 »

2004年4月の記事

2004.04.29

福岡から羽田まで5時間のflight

typhoon

東京に向かうために福岡空港で飛行機に乗ったのは、18:15。
定刻18:30を少し遅れて離陸した飛行機は、夕方のオレンジ色の光を受けながら上昇し、順調なflightだった。
しかし、駿河湾の上空辺りを飛んでいた時に機内アナウンスが。
「当機は、管制塔の指示により、新島上空で待機を命じられました。羽田空港の離発着が制限されている模様です………」
この時には、何が起こっているのかは解らなかったが、それから5分ほど後の機内アナウンスで状況が理解できた。
羽田空港でバスジャックがあり、空港閉鎖になっているため、何時降りられるか解らない。あと15分ほどでどこかの空港へ降りる決断をしないといけないということだった。機内アナウンスされたバスジャックは、実際には乗用車を強奪だったが、いずれにしても羽田空港が閉鎖されていることには違いない。
結局、ANA266便は小松空港へ着陸した。
小松空港には、その空港の規模には似つかわしくない、747や777が何機もターミナルに駐機している。
着陸した直後、羽田空港の閉鎖は解除となり、燃料を補給して再び羽田に向かうことになったが、何と、今度は燃料が足りなくなり、給油車が給油に戻るというおまけまでついて、小松空港に都合1時間ちょっと滞在。
しかし、飛行機からは一歩も出ることはできず、その代わりに駐機している時間だけ、携帯電話の使用を許可された。

22:00ちょうどに小松空港を離陸、羽田空港に近づくと周囲には飛行機の明かりがいくつも点滅している。結局羽田空港の着陸順番待ちで更に30分、着陸できたのは23:30。実に福岡空港で乗り込んで5時間を超えていた。

5年前の福岡空港でのハイジャックでも福岡空港の閉鎖で羽田を離陸直前にflightがキャンセルになり、2年前のグアム島では瞬間最大風速83mの台風に襲われて3日間の空港閉鎖で足止めを喰い、今度はとうとう飛んでいる時に空港閉鎖に当たってしまった(実は2回目)。
グアム島の台風に比べれば何と言うことはなかったけれど、国内線で5時間は疲れた。

写真は、グアム島の台風で、停電になる直前のTV画面。台風の目がグアム島の真横に有った。この後停電になってその直後非常ベルが鳴り、10時間を超える避難生活に突入した。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.04.26

段ボールの山と手足の腫れ-引っ越しは重労働

先週末、とうとう引っ越ししました。
引っ越しと言っても、サイトの引っ越しではなく、自宅兼事務所の引っ越しで、物理的に大量の物を動かす作業。
移動距離は大したことなくとも、家具から何から全て外に出して運ぶのに変わりはなく、それはもう大変。
最後の引っ越しは9年前。その時には、4tロングのトラックで運べる量だったのが、今回はその比ではありませんでした。僕自身の持ち物はそれほど増えていなかったのですが……………
(不動産屋さんが言うには、普通、10年で荷物の量は2倍になるそうです)

引っ越しをして荷物を動かすと、想定していない問題が次々と起こりました。
食洗器が置けない、本棚が入らない、エアコンを設置する場所がないetc.
とにかく、「こんな筈ではなかったのに」のオンパレード。
最後の荷物を部屋に入れて運送屋さんが帰ったのは、何と夜の11時。
その後も、段ボールの山に囲まれ、大事な物が探せない、出てこない、やかんは見つかったけどコーヒーが見つからないから、コーヒーはお預け、お箸が見あたらない、着替えが出てこない…………
今朝、目が覚めると手のひら、足の裏が腫れていました。
体重も1kg程減ったようです。

ま、何はともあれ物は動いた訳ですから、GWにぼちぼち整理しましょう。
これじゃあ、釣りどころではありません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.04.23

羽田空港ANAラウンジで見つけた不思議

HANEDA-SIGNET

羽田空港のANAラウンジSIGNETの窓ガラスです。
写真をクリックして拡大してみたください。
左が網入りガラスで、右が普通の透明ガラス。
網入りガラスは防火ガラス(火災などでガラスが割れて延焼しないように、ガラスの脱落を防ぐガラス。金網が入っているので防犯効果があると勘違いしている人は多いですが、防犯効果は全くありません)ですから、準防火地域などの地域指定か、建築基準法・消防法で定められた場所に入れられるガラスです。
それじゃあ、どうして同じガラス窓で片方が網入りで片方は透明?
まさか、右は透明防火ガラス?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.19

COREDO日本橋で見つけたチョロQカー

DSC01493

日本橋の駅に向かって歩いていたら、話題のCOREDO日本橋の前を通りかかった。1階の目立つスペースに、タカラのチョロQ中心のショールームが有ったので、思わず入ってみることに。チョロQの電気自動車「Q-CAR」の色んなバージョンが有って面白かったが、中でも目に付いたのはfishingバージョン。
残念ながらルアーのタックルでしたが、遊び心は十分。
しかし、このクルマで渓流に釣りに出かけるのは想像付かないなあ。
山小屋のロッジオーナーだったら……………

そうだ、つい先日、長野にログハウス建てて移り住み、そこから東京に通い始めた知人が居るから薦めてみよう。
しかし、興味を持つとはやはり思え無いなあ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.04.18

雨の釣行は反省しきり

20040418-3

午後、福岡空港に到着した時には、空は雨雲で覆われ雨がポツポツと落ちてきていた。
釣りの準備を整えて出発した時には、雨足はかなり強くなっていた。短い時間でもとにかくヤマメとの時間を!と気持ちは焦るが、だからといって慌てるとロクな事はない。特に、雨の降り始めは路面が滑りやすい。
トンネルを抜けると益々雨は強くなるが、ココまで来たからには竿を出さずに帰る訳には行かぬ。急いでタックルのセットをし、川に降りるや足を滑らせて転倒、右半身ずぶ濡れになってしまった。しかし、幸いなことに川は浅く、携帯電話もデジカメも無事。

気を取り直して釣り始めるも、なかなかアタリがない。お昼過ぎまでは天気が良かったし、釣り人も多かったのだろう。小さなヤマメ数匹に遊んでもらった後、移動。大物が居るはずだが、まだ一度もヒットがないポイントへ。ここでは18cm程のヤマメが勢いよく飛び出して写真に納まってくれた。もう一匹、アタリがあったが、アワセ切れ。
アタリは暗くなり始め、最後の一投をと移動していたら、足下から大きなヤマメが5匹ほど泳ぎ去ってしまった。
残念!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.16

川の春

030413-3  DSC00137

たまには水面から目線を上に上げて見ると、すっかり菜の花が満開。頭上の木々にも新緑が溢れて気持ちいい。
こんな環境に身を置けるだけでも釣りに行く甲斐があるという物。でも、やっぱり釣れないと寂しいですけどね。

(先週末の釣行にて)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベランダにも春が

haibisukasu DSC01486

桜も散り、すっかり暖かい日が続くと思ったら、ベランダのハイビスカスに今年最初の花が付きました。
隣の鉢植えにも大きな赤い花。
もうすっかり春です。

来週はこの花たちと一緒に新居へ引っ越し。
僕の居場所をやっと確保できる。

テレビではイラクの日本人人質解放のニュース。笑顔の花が咲いていた。
(行方不明の2人のジャーナリストの安否も気がかりだが、先ずは3人の無事を喜びましょう)

| | コメント (0) | トラックバック (42)

2004.04.12

今年一番の大物アマゴ!

20040411-4 kawamutu18cm

昨日も、朝五時起き、夜明け前の出動で行ってきました。
午後からは仕事だというのに、我ながら好きだなあ………

しかし、行った甲斐がありました。
25cm!(正確にはちょっとだけ足りない)アマゴ、ゲット!
かかってからの引きが強く、スレでどこかに引っかかったのかと思ったくらい。
体長だけでなく、体高のある立派なアマゴさんでした。
自分の逃げようとする力が余りに強かったのか、フックした顎からは血が流れていました。

右の写真は、その前に釣れてしまったカワムツ。18cmあると、体が太いだけに引きも強い!最初は大ヤマメがかかったかと期待したんですが、揚げてみると「なあーんだ」ってなる可愛そうな存在ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.08

今年の桜は永かった。そして花祭りの今日

sakura

福岡の今年の桜の開花は3月18日。
しかし、その後の冷え込みや雨で開花の進みは遅れ、今週になっても花は見頃。
今週末くらいからは桜吹雪が綺麗なことだろう。
里の桜が散り始めると、渓の桜が盛りを迎える。
これもまた釣行の楽しみの一つ。

そんな週末を楽しみにTVを見ていたら、とんでもないニュースが飛び込んできた。
アメリカ軍はイスラムのモスクの攻撃はするべきではなかった、と言うことになるのだろうか。
日本政府はアメリカとの政治的・経済的安定を取るのか、日本国民の人命を取るのか?
日本人はいつの間にか宗教と距離を置く生活をするようになった。しかし、どの国・民族に於いても宗教と政治や国の統治とは密接な関係がある。

多くの日本人は忘れているだろうが、今日は仏教では花祭りの日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨に煙る東京タワー

tokio-tower

今日、お茶の水の有る高層ビルの上から東京タワー方面を眺めたら、高層ビルの間に肩身の狭そうな東京タワーが見えました。それに比べて六本木ヒルズの大きいこと!

雨の夜、首都高速を走りながら見えた東京タワー。
雨のおかげで、タワーの周りがぼんやりと柔らかく光っていました。
写真ではわかりませんかね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.04.04

懐かしのにちりん

jr-poster-2

こどもの頃の特急列車は、こんな形でした。九州ではまだ蒸気機関車が主流だった頃、こんなモダンな特急に乗ってみたいと憧れたものです。
そういえば、延々と続く貨物列車が通り過ぎるのを、遮断機の前でずっと待ち続けたのも懐かしい思い出。今では、貨物列車も見ることが無くなりましたね。

写真はJRの駅のホームに貼ってあった、レトロなポスター。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.02

JASが居なくなった福岡空港

20040401fukuoka

「木村剛とブロガーのオフサイド取引」にも出席できず、今朝一番の飛行機に乗るために福岡空港に向かった。
空港は、早朝にもかかわらず人でごった返している。いつもはもっとゆったりした空気が流れているものなのに、各航空会社の搭乗手続きカウンター、手荷物検査場には長蛇の列。本来なら離陸しているはずの飛行機も、旅客が乗り込めないので、軒並み遅れている。

そんな福岡空港には、もう一ついつもと違う光景が有った。
JALとJASが完全統合し、それを知らせるポスターや看板、真新しいカウンター表示など空港内での存在感が際だっていた。
空港の一番端の1番搭乗ゲートから飛行機に乗り込もうとした時、そこから見える飛行機の尾翼は、圧倒的に赤い色であった。

そして同じ4月1日、SKYMARKの機内サービスが一新されていた。JALグループに比べると、地味な変更であるが、経営的には大きな変更であったはず。このことはまた別な機会に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年3月 | トップページ | 2004年5月 »