« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »

2004年3月の記事

2004.03.31

つばめが代替わり

DSC01378

かつてのブルートレイン「つばめ」の名が、JR九州で復活したのはかれこれ10年ほど前だっただろうか。
三戸岡鋭治さんの斬新なデザインと、軽くてスタイリッシュなグラフィックとが新鮮だった。
その「つばめ」の名は九州新幹線に受け継がれ、かつての「つばめ」の車輌は、「リレーつばめ」と名を変えて、九州新幹線の新八代駅と博多の間を走っている。

そういえば、本物のツバメの姿を最近見ないなあ。
リレーつばめ同様、ツバメもノスタルジーの対象になってしまうのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行きたい!でも行けない「木村剛とブロガーのオフサイド取引」

行くつもりでいたのに行けない!
福岡の仕事を終えて参加するには4時前後の飛行機に乗らなければならないが、この月末・年度末、いかんともしがたい。
ココのトコロ、このココログの更新もままならない。
せめて、一度は参加表明したらからには当日ドタキャンは失礼だし、ここでごめんなさいの連絡だけはしておかなければ。

生キムタケこと、木村剛さんにも是非会いたかった。「戦略経営の発想法」も買ってカバンに入っている。
29manさんからの案内ももらって、格好いいフライヤーもプリントアウトする準備はできていた。
しかし………
こういう時に物理的な距離は大きな障害になるんだなあ。
遠距離恋愛のカップルの気持ちが、ちょっとだけ解ったのでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.03.28

桜咲けばヤマメも

20040328-1

東京から戻った福岡は、先週とうってかわって暖かかった。
家に帰るなり釣りの身支度を整え、クルマを出す。
ラジオからはダイエー対オリックスの試合中継。4対1でダイエーリード!よし、今日もいただきだ!
気分良くクルマを走らせていると、何と、今年FAでダイエーからオリックスへ移籍した村松が、逆転満塁ホームラン!
なんだか複雑な気持ちのまま、目的の渓へ到着。

今日は向かい風が強く、#3のRODにWF#4のラインで挑むことにした。
天気は良く、水温も先週と比べると随分と高い。ヤマメの反応もまあまあ。しかし、気が焦るのか、合わせ切れの繰り返し。小さなのは上がるが、20cmクラスがさっぱり。最後の最後、大岩からやっと出てきた20,5cm。
なんとか20cmをクリアして気持ちよく家路についた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.25

食卓に花

20040324sky  youji-flower

ほとんど寝ずに、朝7:25発のSKYMARK002便に乗り込んだ。
これに乗るためには朝5時過ぎに起き、家を6時過ぎに出なければならないが、やっと日が昇る頃。
今朝の福岡は晴れて、空気がピンと張って気持ちが良い。眠気も吹っ飛んだ。

今日のスーパーシートの朝食は、桜色のご飯に、桜の花が乗って、春を感じさせる。これまた朝から気持ちが良い。

そして、お昼は東京ステーションホテルの喫茶店。クラシカルなホテルで有名だが、テーブルの爪楊枝の刺し方が美しかったので、思わず写真を撮った(ちょっとピンぼけ、失礼!)。上から見るとレンゲの花みたい。こんな心使いも気持ちいい。

あとは、本物の桜の花見をいつにするか、だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.23

西鉄の女性専用車両-私は嫌い

nishitetsu-women

西日本鉄道の朝の通勤ラッシュの時間帯、上り電車の最後尾1車両は女性専用となる。
別に、女性専用車両を作るのは良いけれど、西鉄さんはもう少し考えて設定して欲しかった。別に最後尾の車両でなくても良かったろうに。

朝の西鉄利用者の多くは、終点の福岡(天神)駅で降りる。東京でいえば、渋谷や新宿・池袋といった感じだ。福岡(天神)駅のホームは建物の2階にあり、改札は、ホームの前、中程、後ろの3カ所。うち、中程と後ろの改札は一度階段を下りた先。ここで、女性専用車両から降りてくる女性が問題となる。最後尾車両は、後ろの改札に最も近く、その車両に乗った女性の多くはその改札へ向かう。しかし、ハイヒールを履いた女性は階段で突然歩みが遅くなる。幅の狭い階段で、先頭をハイヒールを履いた女性軍団に塞がれて、その後は糞詰まり状態。

これがいやで、僕はこの時間帯を外して電車に乗る。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.03.22

再び寒ーーい週末

20040320

先週末の釣果はさっぱり。
数は出たものの、写真のような15cmくらいのばかり。
おまけに、アワセ切れが5回も!
その内の2回(匹)は、それなりに大きかった。
一匹は、合わせた瞬間、その魚体を水上に現し、僕と目が合った!
確かに目が合った!

もう一匹は、大岩の下から出た大物(だったに違いない)。
近くまで引き寄せたものの、姿を見ることなく、左手をランディングネットにかけようとしたところでフックが外れて逃げていった。

釣り人と話をする時には、両手を縛ってから、と言うが、本当の大きさはどのくらいだったのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.18

紅組、青組

昨晩、ある会合に参加した後、知人がやっているワインバーを一人で覗いた。既に夜中の1時だったので、店は閉まっているかもしれないと思って扉を開けた。すると、中には若い女性が2人、高級ワインを飲んでいた。
僕は、彼の顔だけ見て帰ろうとしたが、「まあ、一緒に座って飲みましょう」と女性達に引き留められた。かなり酔っている様子。聞くと、昼の3時から飲んでいるという。高級ワインのテイスティング会があり、それから食事を挟んで、延々ワインを(それも高級ワインばかり)飲んでいるらしい。

話題は進み、翌日の東京へのflightの話になった時、向かいに座っていた女性が
「飛行機は青組?」と聞く。
どうやら全日空の事を言っているらしい。そして、彼女は紅組の飛行機に乗っている様子。今度はこちらから、
「で、どっちの紅組?」と尋ねると、
「今は虹色で、今度紅組になる方」と答えた。

そうか、紅組は「エ組」連合か!

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2004.03.17

つばめが来た!

tsubame

先週末、九州新幹線が部分開通した。
鹿児島はお祭り騒ぎだったらしい。
もちろん博多駅でも色々なイベントやキャンペーンが。

そして、私の所へも早くも「つばめ」がやって来た。
大学の後輩からの葉書に載って

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.16

陸連の決定に1票

今日のアテネオリンピック女子マラソン代表選手の決定について、様々な意見が飛び交っている。
僕の感想としては陸連に1票(珍しく)。

オリンピックに出場するということはどういう事なのだろう?
オリンピックに日本の代表として選手を送り出すということはどういう事なのだろう?

オリンピックって、「参加することに意義がある」から始まったアマチュア精神の元に国家発揚を目指したのでしょう。
高校野球と同じで、予選を勝ち上がって県の代表に選ばれたから様々なドラマが有るのだし、春の甲子園よりも夏の甲子園が盛りあがるのもそういう背景があるように思う。
マラソンだって、事前に提示された選考基準があり、その土俵で結果を出した選手を選考するのが当たり前。そうでないと、春の甲子園のような何となく経過がハッキリしないままに応援の気持ちも中途半端になる様に思う。
今回の決定は、少なくとも事前に示された基準に則り選んだという意味では評価できると思う。
(世界で戦える選手や、オリンピックでメダルが取れる選手という基準・表現は曖昧すぎるし、それがあったが為に混乱もした。ビジネスの世界では少なくとも締め切りが明確にあり、目標の数字も明確であり、考えられないのではないか)

あとは、選ばれた選手が、代表として結果を出すことを祈るだけ。
夏の甲子園でも、密かに期待しているのは、(地元出身校の)大番狂わせ。

少なくとも、高橋が出ていれば…………
なんて事を言わせないように。

ガンバレ!日本。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2004.03.14

良い一日でした

20040314-6 DSC00113

今朝も頑張って早起きし、先週行けなかったお気に入りの川へ行って来た。到着した時の気温は0度!霜が降りている。冷たい水に先週の雪を思い出し、今日も駄目か?と嫌な予感が。水も思い切り冷たい。
周囲は、梅が満開

#20のパラシュートで釣り上がっていくと、小さなプールでアタリが!
しかし、何としたことか、焦ってアワセ切れ!
逃がしはしたものの、少なくとも反応があることが解ったので気を取り直してキャスティング再開。今度は、もう一つフックサイズを下げてみた。10分後、18cmのアマゴをget!さらに釣り上がり、もう一匹。
一通り攻めてクルマに戻ったが、虫の知らせというのだろうか、さっきのアワセ切れのポイントが気になる。

もう一度川に戻り、竿を出してみたら直ぐにヤマメがヒット!
ネットに取り込んで写真を撮ろうとすると、何故かFLYが2本。1本は口ではなく、エラにかかっている見覚えのあるFLY。朝のヤマメだ!気のせいか、ちょっと怒ったような顔に見えた20cmのヤマメだった。

午後、川を変えた所でFLYも#16にサイズアップし、カディスに。ユスリカやガガンボ他、色々な虫が飛んでいるのに魚は無関心の様子。それでは、少し目立つFLYで誘ってみようと思ったのだが、それがBINGO!
23cmの綺麗なヤマメが出てくれた。

20040314-8

家に戻ると、ガンの手術をしていた友人から、職場復帰のメールが!
今日は良い一日でした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.03.13

明日こそ!のフライト

DSC01334  DSC01336

先週は、思わぬ大雪と車のアクシデントで、まったく釣りにならなかったが、明日こそはぜったい!!という気持ちを込めて飛行機に乗り込んだ。
おーーーーーー、富士山が綺麗に見える!
スカイマークエアラインズのシグナスクラス(スーパーシート)の昼食を食べながら福岡を目指す。

さて、明日、ここに釣果を報告できるだろうか?乞うご期待。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地球は一つ、人類は皆……

DSC01089

スペインでの爆破テロ。誰が?何のために?
9年前のちょうど今頃、日本では地下鉄サリン事件が起きた。
その時も、誰が、何のために?と誰もが思ったはずだ。
まさか、SARSや鳥インフルエンザもテロ集団の細菌兵器?
何もかも、悪いことが起こると考えなくて良いことまで考え、疑心暗鬼に陥って暗く考えてしまいそう。

せめて、グラスの中のまあるい地球は、明るくあって欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.12

上野の韓国に行って来た

sars1   name1

数年ぶりに大先輩から電話があり、上野で食事をすることになった。
向かった先は、韓国料理店。
2年ほど前にできた新しい店で評判だというが、我々が席について間もなく満席になった。
おじさんになった証拠か、お店の店員さんもお客さんも妙に美人が多いのが気になる。しかし、一方でこのお店、日本語をしゃべっているのはお店のスタッフだけでなく、お客さんも含めて全体の3割程度。つまり、本場の味のお店ということか。「まいうー」でお馴染み、ほんじゃまかの石塚さんもTV取材で来たようだ。

実は、昨年7月にソウルへ取材で行ったことがある。その時の話をしながらひとしきり盛り上がった。ひどい目にもあったが、ここでは書けない。しかし、今となっては笑い話。
写真は、SARSの最中、韓国では患者が出ないと言うことで作られたポスターと、繁華街で見つけたレストランの看板。

怪しい日本語のメニューが笑えます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.03.11

カレーはカレーの王様で

週間!木村剛 のゴーログで、私の3月6日の「実は最初は嫌いでした」の事についても触れていただいたので、今度は私が「ダバディとトルシェ監督について語りたい」を受けて。

突然ですが、私は「カレーの王様」を見ると、つい入りたくなってしまいます。
看板に”S&B”の文字があるからです。
私は大学時代ヨット部で、470クラスというディンギーに乗っていた延長で、社会人になってもヨットを続けていました。モータースポーツの最高峰がF-1なら、ヨットのそれはAMERICA'S CUP
新婚旅行には、AMERICA’S CUPを観戦しにオーストラリアのパースへ行ったくらいです。その5年後、アメリカのサンディエゴで開催されたAMERICA'S CUPには、日本から山崎達光会長率いるNIPPON CHALLENGEが挑戦を表明しました。私は興奮しました。学生時代、海の向こうで開催されるヨットレースなどほとんどニュースにも成らなければ話題にもなっていませんでした。情報といえば、KAZIなどの専門誌で取り上げるくらいです。パースに観戦に行った時にも、まさか日本から挑戦する日が来るなんて夢にも思いませんでした。

そのまさかとも思えるチャレンジが、現実になったのです。これは応援しない訳には行かない、いや、観戦しに行かなければ!そして5年で更に一人増えた家族と共に3週間、会社を休みサンディエゴに滞在して応援してました。ちょうど12年前の今頃です。

「NIPPON CHALLENGE」は、一次予選、2次予選と順調に勝ち進みましたが、決勝へ進むことはできませんでした。そして、その後も更に2度チャレンジしたものの決勝へ進むことはできませんでした。
NIPPON CHALLENGEがスタートしたのは、バブルの頃。それからは日本経済の浮沈に翻弄される企業とサポーター。結局、最後までNIPPON CHALLENGEを支え、バックアップしていたのは山崎達光会長であり、S&B(エスビー食品)であったわけです。表向きはS&Bが出ることは有りませんでしたが、S&Bがあったからこそ山崎さんのバックアップが有ったのだし、NIPPON CHALLENGEを応援するならS&Bを応援しなければ、という気持ちに自然に成ってしまう訳です。

今でも、S&Bへの感謝の気持ちは変わりません。
福岡発祥のCoCo一番屋も応援してますが、2つ並んでいたら、私は迷わず「カレーの王様」です。

PS.3月31日は福岡から移動できれば参加したいと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2004.03.10

僕の流星号

ryuseigo-3

しょっちゅう故障する私の流星号(VWゴルフ)ではありますが、なかなか可愛いものです。

写真は、同世代ならご存じ、アニメ「スーパージェッター」に登場していたオリジナルのミニカー版。ちょっとずんぐりむっくりではありますが、ヨシとしましょう。
アニメ中の流星号のスペックは、全長3.5m、全幅2m、最高時速マッハ15です。
随分小さなクルマだった訳ですね。

そういえば、こどもの頃テレビの画面に「カラー」と表示されているのに、どうしてカラーで見えないの?と親に尋ねたものです。それは私だけでなく、クラスのみんながそうでしたが。
今だったら、BSやCSの番組が見られるかどうか、といったところでしょうか?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.03.09

博多の通天閣?博多タワー

hakatatower

博多港の旅客船ターミナル前に立つ博多タワー。小学校の頃(もう40年近く前)には展望台に上がったり、プールで泳いだり(そのころには屋外プールがあった!その後、遊園地のような施設になったことも)、福岡の都心に近い一大レジャー施設だった。

こどもの頃の福岡都心のレジャー施設といえば、岩田屋デパートの屋上、カネボウプール福岡スポーツセンターのスケートリンクとセンターシネマくらいだったか。映画大怪獣ラドンで、ラドンが襲った岩田屋は先月で閉店して場所を移して実質別物になった。カネボウプールの跡地にはキャナルシティ博多が建ち、スポーツセンターはホテル・商業施設・映画館の複合施設ソラリアプラザとなった。そんな中で、博多タワーは昔のままの佇まいで港を見下ろして立っている。
心なしか寂しそうではあるけれど。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.03.08

新雪を踏みしめて

040307-2  040307-5

朝、気合いを入れて起床、早々に身支度を整えて目指す川へ。
九州自動車道に入ろうとしたら、何と雪のため通行止め!しかも、通行券を取るために開いた我が「流星号」のウィンドウは、降りたまま上がらなくなってしまった。このまま通行止めになっていなかったら、高速を窓を開け放したまま走る事になっていた。恐らく気温は0度近く、とても寒くて走られなかっただろう。また、もし窓が壊れていなかったら、高速を使わなくても目的の川へ向かっていただろうが、諦める決心が付いた。
窓が閉まらないので、流星号を離れることもできない。そのままディーラーへ向かい、人が来るのを待った。
寒風が吹き込む車内で、毛布をかぶり待つこと2時間、やっと人が来た!それから約1時間で修理完了。

予定していた川は諦め、近場の川へ向かうことにしたは良いが、雪はいっこうに降り止まない。ますますその勢いを増し、とうとう一面の銀世界に突入してしまった。最後はクルマを止めるのも、走らせるのも怖いくらいの状況に。
「今朝、高速が通行止めになっていて良かった、窓が壊れて良かった、人生万事塞翁が馬」と心の中でつぶやいた。
釣果は推して知るべし。

ここは九州の福岡県と佐賀県の県境。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2004.03.06

実は最初は嫌いでした

ココログで木村剛氏の意外な面を発見して、嬉しくなっている。
実は、TVや新聞で見る木村氏は眼光鋭く、いかにもキレそうなエリートの感じで、頼りなさげな竹中氏と好対照であるものの好きには成れないタイプだな、と思っていた。しかし、ココログの「週間、木村剛」で読む木村剛氏は違っていた。確かに、最初は読む気はなかったが、あるMLで紹介され、試しに読んでみたら食わず嫌いだった自分を反省したのだ。

昨日のコラムも面白い。
厚生年金をネズミ講と比較しながらの提言、なるほど。
「ゴーログ」で明かされる人柄は、これまでの僕の中にあった印象とは全く違う。
トラックバックされたblogでは、色々な展開もあり、単なるホームページとは違う、blogならではの展開で、「コラム」「ゴーログ」ともに楽しい。読んでいると「飲み会」に是非参加したくなってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スカッと爽やか

toukyo_station  coach

空気は冷たいものの、空はスカッと晴れた良い天気。
大手町から皇居の前を散歩がてら、15分ほど歩いた。三菱ビルの1階には改装工事を囲うスカッと爽やかなグリーンの目隠しに、ブランドショップのロゴ。

夜にはアテネ五輪サッカーアジア地区予選、対UAE戦。
後半30分くらいまではストレスが貯まる試合展開だったが、最後の15分は一転、スカッと

長嶋さん、早く良くなってスカッとした笑顔を見せてください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.03.05

こども達に警報ブザー

keihouki.JPG
足立区のこども達に、携帯用の警報ブザーが無料で配られた。といっても、形式上は貸与。小学生・中学生全員に配られたが、卒業や転校などで学校を去る場合は返却する。無くした場合は小学生の場合は学校負担、中学生は自己負担。

こんな物見ると、どんな音がどのくらいの音量か、直ぐに試してみたくなるのが悪い癖だが、さすがに夜中にそんなことしたら大騒ぎになるのは火を見るより明らか。今日はおとなしく寝よう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.03.03

この時期は冬雷?春雷?

いつの間にか雨が降っていた。
ヤマメも解禁になったは良いが、今日はやけに寒い。
また冬に逆戻りしたような感じだ。
しかも、雷が鳴っている。

空港に着いて搭乗手続きをすると、「福岡空港上空の天候状態が悪いため、飛行機が遅れるかもしれません」とのこと。夕食がまだなので何か食べたいが、空港はレストランどころか売店も既に閉まっている。これで飛行機が遅れて着くと、家に帰り着くのは再び日付が替わってからになりそう。
ということは、夕食も明日だ!

3月の今頃の雷は、春雷なのだろうが、なんだか、冬雷のようでもある。
春の到来を告げる春雷であって欲しい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.03.02

一風堂「かさね味」

ippudokasane.JPG
突然、20年来の旧友から電話が入った。
「今日は福岡?」と。

彼は旅行ジャーナリストで、前日カナダから戻り、そして講演の為に福岡に来ているという。
夜、講演終了後に5年ぶりくらいだろうか、久しぶりに合流し、昔のように羽目を外して梯子した。最後に彼が「博多のラーメンを食って帰りたい」というので、それじゃあ、一風堂の大名本店で「かさね味」を食べよう、と。一風堂は今や全国に展開しているが、そのルーツはココ。
「かさね味」は、数ある一風堂のお店でもココでしか味わえない。

ラーメンの味は作り手の気合いで随分変わる。同じ店で同じラーメンを食べても、作る人が変われば味も変わる、と思う。だから、一風堂でラーメンを食べる時は、河原さんの顔を思い浮かべながら食べている。

※釣りのために5時に起き、彼と朝方まで飲んで、寝たのは4時。23時間のハードで楽しい一日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.03.01

初ヤマメ!

040301-3.JPG

解禁初日、行って来ました。
朝の5時に起き、暗い夜道をヤマメ目指してひた走り、
小雨降る中、手がかじかみながらも釣って参りました。
途中からアラレが降り始め、仕事が待つ時間となり終了。
釣果は写真の1匹のみ(ちょっと小さめ15cmほど)。
もう1匹現れたものの、フッキングはできず。

しかし、初日に釣れたのは久しぶり。
今年は良いシーズンになりそう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »